小武内 清貴   Kiyotaka OBUNAI

講座・コース Kiyotaka OBUNAI
役職 助教
生年月 1984年02月生
自室番号 2206
Email obunai**cse.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 同志社大学工学部エネルギー機械工学科(2006年3月)
同志社大学大学院工学研究科機械工学専攻博士前期課程(2008年3月)
同志社大学大学院工学研究科機械工学専攻博士後期課程(2011年3月)
学位 博士(工学)同志社大学,2011年3月
2輪車用ブレーキディスクの高性能,高機能化に関する研究
着任年月 2011年04月
職歴 日本学術振興会特別研究員DC2(2010年4月~2011年3月)
専門分野 機械工学(材料力学,機械力学,計算力学)
所属学協会 日本機械学会,自動車技術会,日本材料学会,ベルト伝動技術懇話会,SAE
現在の研究テーマ 繊維強化複合材料に関する研究
主要担当科目
 学部 機械物理学実験B <機械物理学実験>, 機械デザイン演習, システム創造プロジェクトⅠ <システム創造プロジェクト>, システム創造プロジェクトⅡ <システム創造プロジェクト>, 卒業研究
相談・共同研究可能
なテーマ
構造物の強度特性,複合材料の評価,車輌の騒音,振動に関する問題 他
研究概要 【1】2006年より,自動2輪車の制動時に生じる振動問題についての研究に従事.特に低速での制動時に生じるジャダ現象に関して,新たに開発された波型ブレーキディスクを用い研究を行い,摩擦材の変形と制動トルクの変動の関係を明らかにした.特に,従来金属同士での摩擦では無視されていた,弾性変形に伴うヒステリシスロスが波型ブレーキディスクを用いた制動の場合に発生することを明らかにした.以下にこれまでの成果を示す.(査読付き論文のみ)
1. Kiyotaka Obunai,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Tsuyoshi Nakatsuji, Study on low speed judder of wave type brake disc for motorcycles,SAE Technical Paper,2006-32-0026(2006)
2. 小武内清貴,大窪和也,藤井透,仲辻毅:自動二輪車用ブレーキディスクの摺動部形状に起因するトルク変動発生メカニズム,自動車技術会論文集,Vol.39,No.2,pp.63-66(2008)
3. 小武内清貴,大窪和也,藤井透,仲辻毅:自動2輪車用波形ブレーキディスクの制動トルク変動発生メカニズム,自動車技術会論文集,Vol.40, No.2,pp.63-66(2009)
4. Kiyotaka Obunai,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Tsuyoshi Nakatsuji,Characterization of Brake Torque Variation of Wave Type Brake Disc for Motorcycles,SAE Technical Paper,2009-01-3023,(2009)
【2】2008年より,制動時に車輌用ブレーキに発生する騒音問題,所謂ブレーキ鳴きに関しての研究に従事.摩擦材に生じるひずみ分布に着目し,ひずみ分布と鳴き音圧,スティックスリップ現象との関係を明らかにした.またFDTD法を用い,ひずみ分布を有する弾性体内部の弾性波の進展を解析し,ひずみ分布によってスティックスリップに伴う摩擦力の時間変化に顕著な差が生じることを明らかにした.以下にこれまでの成果を示す.(査読付き論文のみ)
1. Sho Hagiwara,Kiyotaka Obunai,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Squealing of Brake Discs Having Holes for Motorcycles,Proceeding of Korea-Japan Young Researchers Workshop on Composite Materials 2008,pp.35-40(2008)
2. Sho Hagiwara,Kiyotaka Obunai,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Tsuyoshi Nakatsuji,Effect of diameter of holes opened on frictional surface of brake disc on reduction of squeal and stick-slip at braking,Proceedings of 15th Asia Pacific Automotive Engineering Conference,Vol.2(2009)
3. Kiyotaka Obunai,Sho Hagiwara,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Tsuyoshi Nakatsuji,Modification of Strain Distribution on Contact Surface of Shoe to Reduce Squeals for Brake Disc with Small Holes,SAE Technical Paper,2010-01-1715(2010)
【3】2009年より,炭素繊維強化炭素複合材料の研究に従事.炭素繊維強化炭素複合材料の機械的特性,特に層間破壊じん性の向上と摩擦特性の改善に関する研究開発を行った.微細な3次元構造を有する炭素粉末を開発し,その添加によって炭素繊維強化炭素複合材料の機械的特性を改善させた.また炭素繊維強化炭素複合材料の多孔質構造に着目し,内部にカーボンナノチューブを生成,摩擦特性の改善を行った.以下にこれまでの成果を示す.(査読付き論文のみ)
1. Kiyotaka Obunai,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Synthesization of CNT on surface of C/C composites by alcohol CVD method -its effect on coefficient of friction between them-,Proceedings of the American Society for Composites 2010 Conference,pp.1150-1159(2010)
2. 小武内清貴,竹内康徳,大窪和也,藤井透,「炭化MFCの炭素前躯体樹脂への添加によるC/C複合材料の曲げ強度の向上」,同志社大学理工学研究報告,Vol.51,No.3,pp.162-165(2010)
3. Kiyotaka Obunai,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Synthesization of CNT on Surface Of C/C Composites to Stabilize the Coefficient of Friction Through Wide Environmental Temperature Range,Journal of Materials Science Research, Vol.2, No.1, pp.15-22(2013)
4. 小武内清貴,大窪和也,藤井透,「立体網目構造を有する炭素粉末の添加によるC/C複 合材料の曲げ強度および破壊じん性の向上」,材料,Vol.61,No.5,pp.468-473(2010)
5. 小武内清貴,大窪和也,藤井透,「内部空孔にCNTを生成したC/C複合材料の開発とそのトライボロジ特性」,材料,Vol.63,No.5,pp.356-361(2014)
【4】2011年より炭素繊維強化熱可塑複合材料の強度および修繕性の研究に従事.炭素繊維強化熱可塑複合材料の機械的特性,特に曲げ強度と層間破壊じん性の向上に関する研究開発を行った.特殊な先端形状を有する針を繰り返し刺突するニードルパンチ処理に着目し,強化繊維を面外方向に再配向することにより層間破壊じん性の改善を行った.以下にこれまでの成果を示す.(査読付き論文のみ)
1. Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki, Rei Yamagishi, Masahiro Yamamoto, Study on Patch Bonding for Recovery of Damaged Carbon Fiber Reinforced Thermoplastics Subjected to Four-Point Bending Load,Journal of Materials Science Research, Vol.2, No.3, pp.60-67(2013)
2. 山本真大,山岸鈴,小武内清貴,福田忠生,尾崎公一,「曲げ損傷を受けたCFRTPの修繕性に関する基礎的研究」,日本機械学会論文集 A編, Vol.79, No.802, pp.759-763(2013)
【5】2012年度より草木系バイオマス資源を用いたGreenComposites,特に草木系バイオマスに含まれるリグニンの熱硬化性を活用した熱硬化性GreenCompositesの開発に関する研究に着手.草木系バイオマスの分解方法として過熱水蒸気処理の条件と分解物の組成,分解物の熱硬化性について明らかにした.以下に以下にこれまでの成果を示す.(査読付き論文のみ)
1. Sayaka Ikeno, Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki, Decomposition of bamboo powder for eco-friendly material development by using superheated steams,Advances in Materials, Special Issue, New Methods of Extraction and Characterization of Plant Fibers, pp.1-6(2015)
2. Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki and Sayaka Ikeno, Development of green composites using decomposed bamboo powder,International Journal of Engineering Sciences and Research Technology, Vol. 4, No. 12, pp.171-176(2015)
社会における活動 1.ベルト伝動技術懇話会 幹事(2011~)
研究業績 [学術論文]
1.小武内清貴,大窪和也,藤井透,仲辻毅,"自動二輪車用ブレーキディスクの摺動部形状に起因するトルク変動発生メカニズム",自動車技術会論文集,Vol.39,No.2,pp.63-66(2008)
2.小武内清貴,大窪和也,藤井透,仲辻毅,"自動2輪車用波形ブレーキディスクの制動トルク変動発生メカニズム",自動車技術会論文集,Vol.40, No.2,pp.63-66(2009)
3.Kiyotaka Obunai,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Tsuyoshi Nakatsuji,"Characterization of Brake Torque Variation of Wave Type Brake Disc for Motorcycles",SAE Technical Paper,2009-01-3023,(2009)
4.Kiyotaka Obunai,Sho Hagiwara,Kazuya Okubo,Toru Fujii,Tsuyoshi Nakatsuji,"Modification of Strain Distribution on Contact Surface of Shoe to Reduce Squeals for Brake Disc with Small Holes",SAE Technical Paper,2010-01-1715(2010)
5.小武内清貴,竹内康徳,大窪和也,藤井透,"炭化MFCの炭素前躯体樹脂への添加によるC/C複合材料の曲げ強度の向上",同志社大学理工学研究報告,Vol.51,No.3,pp.162-165(2010)
6.小武内清貴,大窪和也,藤井透,“立体網目構造を有する炭素粉末の添加によるC/C複 合材料の曲げ強度および破壊じん性の向上”,材料,材料,Vol.61,No.5,pp.468-473(2012)
7.福田忠生,小武内清貴,尾崎公一,田中貴大,山本雄紀,“超急速短時間焼き戻しを施したS45Cの引張特性”,日本機械学会論文集A編,Vol.78,No.789,pp.632-636(2012)
8.Kiyotaka Obunai, Kazuya Okubo, Toru Fujii,“Synthesization of CNT on Surface Of C/C Composites to Stabilize the Coefficient of Friction Through Wide Environmental Temperature Range”,Journal of Materials Science Research, Vol.2, No.1, pp.15-22(2013)
9.Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki, Rei Yamagishi, Masahiro Yamamoto, "Study on Patch Bonding for Recovery of Damaged Carbon Fiber Reinforced Thermoplastics Subjected to Four-Point Bending Load", Journal of Materials Science Research, Vol.2, No.3, pp.60-67(2013)
10.都田亮典,山本雄紀,福田忠生,小武内清貴,尾崎公一,”超急速焼戻鋼の炭化物微細分散効果とその引張特性”,日本機械学会論文集 A編, Vol.79, No.802, pp.754-768(2013)
11.山本真大,山岸鈴,小武内清貴,福田忠生,尾崎公一,"曲げ損傷を受けたCFRTPの修繕性に関する基礎的研究",日本機械学会論文集 A編, Vol.79, No.802, pp.759-763(2013)
12.福田忠生,小武内清貴,尾崎公一,氏平信輔,北浦宏将,金築秀樹,村上浩二,日野実,"光輝性を有する輸送機器ホイール向けAl-Mg-Zn系合金の開発",日本機械学会論文集 A編, Vol.79, No.802, pp.838-846(2013)
13.福田忠生,小武内清貴,尾崎公一,北浦宏将,田辺晃弘,"第一原理計算に基づくAl-Mg-Zn系合金結晶粒界の水素脆化特性評価",材料,Vol.63,No.2,pp.174-181(2013)
14.小武内清貴,大窪和也,藤井透,”内部空孔にCNTを生成したC/C複合材料の開発とそのトライボロジ特性”,材料 Vol.63,No.5, pp.356-361(2014)
15.Tadao Fukuta, Kiyotaka Obunai, Koichi Ozaki, Masato Tsutsui, Takuto Hara,”Prediction Method of Fracture Strain for Non-Standardized Specimen Based on Local Absorbed Strain Energy Distribution”,Journal of JSEM vol. 14, Special Issue pp. s210-s215
16.福田忠生,小武内清貴,尾崎公一,赤澤誠一,”AZ91D 合金射出成形品の引張特性に及ぼす射出条件の影響”,軽金属,64巻,9号,pp407-412(2014)
17.福田忠生,小武内清貴,尾崎公一,田辺晃弘,金築秀樹,村上浩二,日野実,”光輝性を有する Al-Mg-Zn 系合金の水素脆化特性”,日本金属学会誌,Vol.79,No.3,pp94-99(2015)
18.山内 仁,尾崎公一,佐藤洋一郎,福田忠生,小武内清貴,”エネルギ保存を考慮した画素値分布推定手法”,電気学会論文誌C,Vol.135,No.5,pp.545-552(2015)
19.福田忠生,瀬島吉裕,小武内清貴,山内仁,松井俊樹,”レスキューロボットコンテストを通じた情報系エンジニア育成の教育効果”,工学教育,Vol.63,No.5,pp.87-92(2015)
20.Sayaka Ikeno, Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki,”Decomposition of bamboo powder for eco-friendly material development by using superheated steams”,Advances in Materials,Special Issue, New Methods of Extraction and Characterization of Plant Fibers, pp.1-6(2015)
21.Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki,”Carbon fiber extraction from waste CFRP by microwave irradiation”,Composites Part A,Vol. 78, pp.160-165(2015)
22.小武内清貴,福田忠生,尾崎公一,”射出成型用AZ91D粒子に関する研究 (第1報,圧密後のかさ密度に与える粒子寸法の影響)”,日本機械学会論文集(材料力学,機械材料,材料加工),Vol.81,No.830(2015)
23.Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki and Sayaka Ikeno,”Development of green composites using decomposed bamboo powder”,International Journal of Engineering Sciences and Research Technology,Vol. 4, No. 12, pp.171-176(2015)

[口頭発表](招待講演・基調講演のみ)
1.Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki, Yoshifumi Morikawa,”Mode I Interlaminar Fracture Toughness of Hot Needle Punched CFRTP”,The 9th Asian-Australasian Conference on Composite Materials(Keynote lecture)
2.Kiyotaka Obunai, Tadao Fukuta, Koichi Ozaki, Yoshifumi Morikawa,”Mode I Interlaminar Fracture Toughness of Hot Needle Punched CFRTP”,The 11th China-Japan Joint Conference on Composite Materials(Invited)
3.小武内清貴,”バイオマス利用の最先端”,バイオマス利用技術研究発表会(招待講演)

[競争的外部資金]
1.日本学術振興会,特別研究員奨励費,H22
2.ウエスコ学術振興財団,学術研究費助成事業,H23
3.日本学術振興会,科研費・研究活動スタート支援,H23-24
4.日本学術振興会,科研費・若手(B),H25-26
5.岡山工学振興会,国際研究集会等派遣助成,H26
6.科学技術振興機構,マッチングプランナープログラム,H27-28
7.ウエスコ学術振興財団,学術研究費助成事業,H27

[特許]
1.外周波型ブレーキディスク,WO-A1-2008090809
2.炭素繊維強化炭素複合材料及びその製造方法,特開2011-046543(2009)
3.炭素繊維強化炭素複合材料及びその製造方法,特願2010-188976(2010)
4.ブレーキディスク,特願2011-033779
5.成型品の製造方法,特願2014-96228(2014)
6.炭素繊維炭素複合材料の製造方法,特願2014-051125(2014)
最終更新日 2016.05.24