市川 正美   Masami ICHIKAWA

講座・コース ソフトウェアデザイン Masami ICHIKAWA
役職 准教授
生年月 非公開
自室番号 2505
Email ichi**cse.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 名古屋大学工学部航空工学科(1982年3月)
名古屋大学大学院工学研究科博士課程前期課程航空工学専攻(修)(1985年3月)
学位 博士(工学)亜音速揚力面理論における数値計算法の高精度化に関する研究
着任年月 1994年04月
職歴 通商産業省 工業技術院 名古屋工業技術研究所(1987年4月~1994年3月)
専門分野 数値解析,振動工学
所属学協会 日本航空宇宙学会,情報処理学会,日本機械学会
現在の研究テーマ 変動荷重をうける機械構造の応答解析,粘弾性を考慮した機械要素の応答解析,wavelet解析の工学的応用
主要担当科目
 学部 数値計算法, 微分方程式 <微分方程式A> <微分方程式>, 数値計算法, 力学Ⅱ, 機械物理学実験B <機械物理学実験>, 卒業研究, 機械物理学実験B (機械物理学実験), 機械数学演習Ⅰ, 機械数学演習Ⅱ, 卒業研究
 大学院 振動及び波動工学特論, システム開発支援論, システム工学特別演習Ⅰ, 機械情報システム工学特別研究Ⅰ, 機械情報システム工学特別研究Ⅱ
相談・共同研究可能
なテーマ
機械要素振動・防振関連・商品開発 他
研究概要 【1】1985~1997 亜音速流中で振動する3次元薄翼の揚力面理論に関する汎用的な高精度数値計算法の開発に関する研究に従事した.その応用として揚力面理論の数理解析や地面効果翼に対する空気力学的特性の解析などを行った.
1. S. ANDO and M. ICHIKAWA: A New Numerical Method of Subsonic Lifting Surfaces, Transactions of Japanese Society of Aeronautical Space and Science, Vol. 29, No. 84, pp. 101-118 (1986)
2. M. ICHIKAWA and S. ANDO: A New Numerical Method of Subsonic Lifting Surfaces (Some Additional Computa- tional Results), Transactions of Japanese Society of Aero- nautical Space and Science, Vol. 31, No. 93, pp. 146-156 (1988)
3.S. ANDO and M. ICHIKAWA: Aerodynamics of a Thin Airfoil Flying over and in Proximity to a Wavy Wall Sur- face Lifting Surface Theory,Transactions of Japanese Soci- ety of Aeronautical Space and Science,Vol. 34,No. 103,pp. 1-11 (1991)
4. 亜音速揚力面に現れる対数型特異積分公式の精度について,日本航空宇宙学会誌,第44巻,514号,pp. 677-679 (1996)
5. Analytical Expression of Induced Drag for a Finite Elliptic Wing,Journal of Aircraft,Vol. 33,No. 3,pp. 632- 634 (1996)
6. M. ICHIKAWA and A. MATSUDA: Induced Drag Calculation by Numerical Lifting Surface Method,Journal of Aircraft,Vol. 34,No. 2,pp. 257-259 (1997)など他5件
【2】1987~1994 上記[1]と並行して名古屋工業技術研究所において連続体力学に基盤をおく粉体力学・塑性力学などの工学あるいは工業的現象に関連する研究に従事した.
1. 久保,松田,市川他4名:粉粒体のハンドリング技術に関する調査研究報,名古屋工業技術研究報告,1989年5月
2. 久保,内海,宇敷,市川他12名:多機能ナノ粒子・複合粒子素形材の調査研究,名古屋工業技術研究報告,1991年3月
3. 内海良治,山本 博,市川正美:電成ふるいを通過する流体の圧力損失,化学工学論文集,Vol. 17, No. 2, pp. 341-346 (1991)
4. Development of Strength Database System for Ad- vanced Structure Ceramics, Proc. of ISPRAM '91, Vol. 1, Part D, pp. 277-280
【3】1998~現在 変動荷重を受ける機械あるいは構造要素の振動応答解析,熱弾性・粘弾性を考慮した応答解析などの研究等を行っている.
1. M. ICHIKAWA et al.: Simple Analysis of a Multi-Span Beam under Moving Loads with Variable Velocity, Trans- actions of Japanese Society of Aeronautical Space and Science, Vol. 41, No. 134, pp. 168-173 (1999)
2. M. ICHIKAWA et al.: Vibration Analysis of the Continu- ous Beam Subjected to a Moving Mass, Journal of Sound and Vibration,Vol. 230, No. 3, pp. 493-506, February (2000)
3. A. MATSUDA et al.: Acceleration of Finite Element Analysis by PC Cluster with Broadcast and Multi-Thread, The 7th International Conference on Numerical Methods in Industrial Forming Processes/Simulation of Materials Pro- cessing, pp. 183-187 (2001)
4. 市川正美,松田 章,官川佳夫:数値ラプラス逆変換における離散作用素積分法の精度について,電気・情報関連学会中国支部第57回連合大会 (2006)
社会における活動 岡山県企業誘致アドバイザー (2005〜)
受賞 岡山県立大学 平成24年度職員表彰
研究業績 近年は企業との共同研究に注力し,蒼い風 Vol.80,2014 中国電力株式会社 エネルギア総合研究所 で紹介されている.
最終更新日 2016.05.24