若林 秀昭   Hideaki WAKABAYASHI

講座・コース 情報通信工学講座 Hideaki WAKABAYASHI
役職 准教授
生年月 1967年11月生
自室番号 2508
Email waka**c.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 大阪府立大学工学部電気工学科(1991年3月)
大阪府立大学大学院工学研究科電気工学専攻(修)(1993年3月)
学位 博士(工学),東北大学(2001年5月)
無限周期金属格子による電磁波散乱の数値解析法に関する研究
資格・免許 高等学校教諭一種(工業)(1993年3月),第一級陸上無線技術士(1993年4月)
着任年月 1994年04月
職歴 住友電工(株)(1993年4月~1994年3月),岡山県立大学助手(1994年4月~2002年9月)・助教授(2002年10月~2007年3月)
専門分野 計算電磁気学,回折光学,電磁波工学
所属学協会 電子情報通信学会,電気学会,日本シミュレーション学会,The Optical Society of America
現在の研究テーマ 1) 電磁波の散乱・回折問題の解析のための理論と算法に関する基礎的研究,2) 周期構造,螺旋構造,メタマテリアルの人工媒質に起因する光波・電磁波現象の解明と応用に関する研究
主要担当科目
 学部 アンテナ工学 <情報伝送工学>, 情報ネットワーク, 情報通信工学実験ⅢA, 情報通信工学演習C
 大学院 アンテナ・伝播工学, 光・電磁波工学特論
相談・共同研究可能
なテーマ
上記「現在の研究テーマ」と同じ
研究概要 【1】周期構造からなる人工媒質の構成式に関する研究
波長に比べて周期が十分短い周期構造のメタマテリアルについて,誘電率を表す汎用的な一様近似式を,周期的抵抗分布を持つ平板格子について,等価抵抗を表す汎用的な一様近似式を提案すると共に成立範囲を調べる.
【2】微細構造を伴う構造性発色に関する研究
構造性発色は昆虫,鳥,魚など自然界に多く見られ,光波の波長以下の微細構造による光の干渉や回折に起因する発色現象である.この構造性発色について,波動解析により,構造と発色の関係を検討する.
【3】誘電体格子の散乱・回折問題に関する理論と算法に関する研究
誘電体格子の散乱・回折問題の数値算法として行列固有値法を開発してきた.伝搬波を表す回折波振幅の代わりに,エバネセント波を扱うことができる散乱因子を用いて,行列固有値法を改良する.
社会における活動 1) 電気学会,電子情報通信学会,日本シミュレーション学会,各学会論文誌査読委員
受賞 1) Outstanding Presentation Award, JSST2013, The 32th Annual Conference International Conference on Simulation Technology, February 2014.
2) Outstanding Presentation Award, JSST2015, The 34th Annual Conference International Conference on Simulation Technology, March 2016.
研究業績 < 2015年以降の研究業績 >
[ 著書 ]
1) 若林秀昭,電磁波工学の基礎,大学教育出版,2017年10月.
2) H.Wakabayashi, The chapter titled 'Numerical method for diffraction by multilayered dielectric gratings using scattering factors', Advances in Optics: Reviews, Book Series, Vol. 1, IFSA Publishing, S. L., October 2017.

[ 学術論文 ]
1) 若林秀昭,山北次郎,微細周期構造における構造性発色の3次元数値解析,電気学会論文誌,基礎・材料・共通 (A) 部門誌,Vol. 137,No. 11,pp. 661-667,2017年11月.
2) H. Wakabayashi,M. Asai,K. Matsumoto and J. Yamakita, Numerical method of applying shadow theory to all regions of multilayered dielectric gratings in conical mounting, Journal of the Optical Society of America A, Vol. 33, No. 11, pp. 2188-2197, November 2016.
3) 若林秀昭,ヘルムホルツ方程式の平面波解に関する検討,電気学会論文誌,基礎・材料・共通(A)部門誌,Vol. 136,No. 7,pp. 458-459,2016年7月.
4) H. Wakabayashi, M. Asai and J. Yamakita, A scattering field expression by dielectric gratings using circularly polarized waves, Vol. E98-C, No. 2, pp. 162-165, February 2015.

[ 国際会議講演論文 ]
1) H.Wakabayashi, M.Asai and J.Yamakita, Reciprocity Error of Numerical Solutions in Dielectric Gratings, Proc. of 2017 International Conference on Simulation Technology, October 2017.
2) M.Asai, H.Wakabayashi and J.Yamakita, On the accuracy of the MoM analysis for the scattering factors of metallic strip gratings with dielectric slabs in terms of the reciprocity theorem, Proc. of 2017 International Conference on Simulation Technology, October 2017.
3) H.Wakabayashi, M.Asai and J.Yamakita, Numerical evaluation by reciprocity in dielectric gratings, Proc. of 2017 IEEE International Conference on Computational Electromagnetics, 3C1.3, pp. 300-302, March 2017.
4) H.Wakabayashi, M.Asai and J.Yamakita, Numerical analysis for structural coloration of multilayered gratings of non-ideal type, Proc. of 2016 International Conference on Simulation Technology, pp. 35-38, October 2016.
5) M.Asai, H.Wakabayashi and J.Yamakita, Quasi-isotropic chiral particles composed of twisted thin-wire staples, Proc. of 2016 International Symposium on Antennas and Propagation, 2C2-1, pp. 182-183, October 2016.
6) M.Asai, H.Wakabayashi, J.Yamakita and K.Matsumoto, Numerical study on small quasi isotropic particles for chiral media with fine granularity, Proc. of 2015 International Conference on Simulation Technology, pp. 218-220, October 2015.
7) H.Wakabayashi, M.Asai and J.Yamakita, Three dimensional analysis of structural coloration in subwavelength gratings, Proc. of 2015 International Conference on Simulation Technology, pp. 206-209, October 2015.
(Outstanding Presentation Award)

[ 紀要 ]
1) 若林秀昭,浅居正充,山北次郎,誘電体格子の相反性誤差を用いた数値解の精度に関する研究,RS17-03,8 pages,2017年6月.
2) 若林秀昭,浅居正充,山北次郎,微細周期構造の3次元解析を用いた構造性発色に関する検討,輻射科学研究会資料,RS15-11,pp. 94-102,2015年12月.
3) 若林秀昭,浅居正充,松本恵治,山北次郎,多層誘電体周期構造の全領域の3次元散乱界への影理論の適用,電気学会研究会資料,電磁界理論,EMT-15-33,pp. 169-174,2015年1月.

[ 口頭発表 ]
1) 若林秀昭,多層誘電体格子による電磁波散乱の解析法への影理論の適用,平成27年度(第66回)電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,11-5,2015年10月.
2) 若林秀昭,松本恵治,浅居正充,山北次郎,多層誘電体周期構造による散乱界の数値計算法と誤差評価,2015年電子情報通信学会総合大会エレクトロニクス講演論文集1,CS-1-2,pp. S-3-S-4,2015年3月.
最終更新日 2017.09.23