森下 賢幸   Takayuki MORISHITA

講座・コース 集積回路工学 Takayuki MORISHITA
役職 准教授
生年月 非公開
自室番号 2408
Email morisita**c.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 岡山大学工学部電子工学科(1979年3月)
岡山大学大学院工学研究科電子工学専攻(修)(1981年3月)
岡山大学大学院自然科学研究科生産開発科学専攻(博)(1988年3月)
学位 学術博士, 岡山大学, 1988年3月, Numerical Simulation for ICRF Heating of a Tokamak Plasma in the Two-Ion Hybrid Resonance Regime
資格・免許 高等学校教諭専修免許(工業) (1981年3月)
着任年月 1993年04月
職歴 職歴 シャープ株式会社技術本部(1981年4月~1985年3月)
松下電器産業株式会社電子総合研究所(1988年4月~1993年3月)
専門分野 電気電子工学、電子デバイス・電子機器、集積回路
所属学協会 電子情報通信学会、情報処理学会、IEEE
現在の研究テーマ 並列プロセッサ、並列プロセッサ向けコンパイラ
主要担当科目
 学部 計算機アーキテクチャ, 情報通信工学演習C, 情報通信工学実験ⅢB, 論理回路 <ディジタル回路>, VLSI並列計算機理論, 大規模集積回路工学
 大学院 VLSI並列計算機理論, 大規模集積回路工学
相談・共同研究可能
なテーマ
FPGA用ディジタル回路設計
研究概要 【1】シャープ㈱在職中(1981.4~1985.3)
国家プロジェクトである次世代産業基盤技術開発制度に基づく3次元回路素子プロジェクトに参加し,SOI再結晶化技術の開発を行い,Siのレーザアニール時の熱解析シミュレーション解析を担当.
[著書]:積層材料技術,共 著,電気学会積層材料技術調査専門委員会編,コロナ社刊 (1989).
国際学会発表3件.
【2】岡山大学大学院在学中 (1985.4~1988.3)
トカマク型核融合炉における高周波加熱時の波動の伝播特性や加熱効率などのシミュレーションによる解析.
[論文]:T. MORISHITA et al: Nonlinear Coupling of the Slow Wave Structure with the Lower-Hybrid waves near the Plasma Surface, Pergamon Press, Plasma Physics, Vol. 22, No. 6, pp. 565-578 (1980) 等6件.
【3】松下電器産業㈱在職中(1988.4~1993.3)
 ダイナミックリフレッシュ方式32ニューロンアナログニューロプロセッサやディジタル方式ニューロプロセッサを開発.
[論文]:T. MORISHITA et al: A Digital Neural Network Coprocessor with a Dynamically Reconfigurable Pipe- line Architecture, IEICE Trans. Electron, Vol. E76-C, No. 7, pp. 1191-1196 (1994) 等2件.
[国際学会発表] :T. MORISHITA et al: A BiCMOS Analog Neural Network with Dynamically Updated Weights, IEEE ISSCC Digest of Technical Papers, pp.142-143,1990等2件

【4】岡山県立大学(1993.4~現在)
1. 動的再構成可能なプロセッサのアーキテクチャ研究開発および開発支援環境とCコンパイラの開発
第2世代動的再構成可能な汎用並列プロセッサ(DRCAP2)のアーキテクチャを提案し、C言語プログラムを並列化・パイプライン処理化する動的再構成可能なプロセッサ専用コンパイラを開発中.
2. FPGAを用いた動的再構成可能なプロセッサの設計と試作および性能評価
 FPGAを用いて1項のDRCAP2を設計・試作中.応用例として上記プロセッサをコアに3D動画処理が可能なグラフィックボードを開発中.
3.動的再構成可能なプロセッサのDNN学習加速への応用とアーキテクチャ開発
[論文]:T. MORISHITA et al: Neural Network Multi- processors Applied with Dynamically Reconfigurable Pipeline Architecture, IEICE, Vol. E77-C, No. 12, pp. 1937-1943 (1994) 等6件.
[国際学会]:T. MORISHITA et al: Processing Cell Array Neural Network Multiprocessors, Proc. of IEEE Int. Conf. on Neural Network, Perth, pp. 1470-1473 (1995) 等19件.
【5】外部資金の取得
JST・平成19年度シーズ発掘試験 課題名「動的再構成技術を適用した並列パイプライン化処理による3次元グラフィックスの高速化」
社会における活動 1.第17回 IEEE Hiroshima Student Symposium(HISS2015) 論文査読委員(2015)
2.電子情報通信学会論文誌C 論文査読 1件(2015)
研究業績 [口頭発表]
1. 田邊寛, 森下賢幸, 小椋清孝, 伊藤信之,「基数8を用いた選択型・スケーリング方式浮動小数点数除算器」66th電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,ROMBUNNO.12-1,2015.
2. 中島大輝, 森下賢幸, 小椋清孝, 伊藤信之,「DRCAP2とCUDA環境における2次元DCTの性能評価」第17回HISS,2015.
他8件.
最終更新日 2016.05.24