池田 理恵   Rie IKEDA

講座・コース 母性看護学・助産学 Rie IKEDA
役職 准教授
生年月 非公開
自室番号 6308
Email r-ikeda**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 昭和60年4月岡山県立短期大学看護科入学
昭和63年3月岡山県立短期大学看護科卒業
昭和63年4月国立京都病院附属看護助産学校助産婦科(現助産師科)入学
平成1年3月国立京都病院附属看護助産学校助産婦科卒業
平成8年8月学位授与機構 学士(看護学)
平成9年4月広島大学大学院医学系研究科保健学専攻入学
平成11年3月広島大学大学院医学系研究科保健学専攻修了 修士(保健学)
平成17年4月岡山大学大学院保健学研究科博士後期課程保健学専攻入学
平成23年3月岡山大学大学院保健学研究科博士後期課程保健学専攻修了 博士(保健学)
学位 学士(看護学)
修士(保健学)
博士(保健学)
資格・免許 看護師免許 助産師免許
着任年月 2014年01月
職歴  平成1年4月 国立岡山病院(現独立行政法人 岡山医療センター)就職(助産師)
  平成4年3月 国立岡山病院(現独立行政法人 岡山医療センター)退職
  平成4年4月  東邦大学医療短期大学就職(助手 母性看護学・専攻科母子看護学専攻)
  平成7年4月 鷺沼産婦人科医院就職(助産師)
  平成8年3月 鷺沼産婦人科医院退職    平成8年3月 東邦大学医療短期大学退職
  平成8年4月 山梨医科大学医学部看護学科就職(助手 基礎看護学・母性看護学)
  平成9年3月 山梨医科大学医学部看護学科退職
  平成9年4月 浮田病院就職(助産師)    平成10年3月 浮田病院退職
  平成10年4月 島根県立看護短期大学就職(講師 専攻科助産学専攻)
  平成12年3月 島根県立看護短期大学退職 平成12年4月 川崎医療福祉大学就職 (講師 医療福祉学部 保健看護学科) 
  平成20年4月            (准教授) 
  平成26年12月31日 川崎医療福祉大学退職
  平成27年1月1日 岡山県立大学就職 (准教授)
専門分野 母性看護学 助産学
所属学協会 日本助産学会 日本母性衛生学会 日本看護科学学会 日本看護研究学会 日本看護技術学会 日本小児保健協会 岡山県母性衛生学会 島根県母性衛生学会 看護生理学研究会 日本睡眠環境学会
現在の研究テーマ 乳児の寝床内気候と睡眠
主要担当科目
 学部 母性看護学Ⅰ, 母性看護学Ⅱ, 母性看護学実習, 統合実習, 助産診断・技術学Ⅲ, フレッシュマンセミナー, 助産学実習Ⅱ, 卒業研究
 大学院 母子保健看護学特論Ⅲ, 母子保健看護学特論Ⅲ演習, 看護研究特論Ⅰ
相談・共同研究可能
なテーマ
母乳育児支援、助産学のエビデンス探求研究、産後うつの支援
研究概要 ジョアンナブリッグス研究所(The Joanna Briggs Institute、略称JBI)の日本語版翻訳メンバー(15名の翻訳者の一人)として活動中である。
学部間MOU協定校である香港理工大学Vivian Ngai准教授と共に香港と日本という社会文化的な背景の違いが、産後うつの発症にどのような影響を及ぼすのかを明らかにするため、共同研究を進めている。
社会における活動 【講演】
平成11年島根県立看護短期大学平成11年公開講座,「快適な眠りのある暮らし」講演,120分,一般市民対象
平成14年第三回大阪神経難病医療推進協議会総会(大阪市城東区クレオ大阪 14:30~15:50 「看護ケア―寝床環境を整える」対象:医師,看護師他
平成14・15年訪問介護員2級養成研修講座 90分×2回
平成24年7月18日倉敷市男女共同参画セミナー「男女のからだの変化と過ごし方」90分,一般市民対象
平成25年7月17日倉敷市男女共同参画セミナー「知っていますか自分のからだ~妊娠・出産・更年期」90分,一般市民対象
平成25年7月10日川崎医療福祉大学公開講座(医療福祉学講座)「母乳育児のエビデンス」120分,一般市民対象
平成25年8月25日第4回看護生理学研究会パネルディスカッション セッションⅡ「コンフォートの探究」Ⅱー3「寝床内湿度と乳児の睡眠」

【職能団体役員】
平成22年4月〰25年3月岡山県看護協会学会委員    
    平成23年4月〰24年3月 学会委員会委員長
平成24年4月〰25年3月岡山県看護協会予備代議員
平成23年4月〰25年3月岡山県看護協会助産師職能施設代表者
平成23年4月〰25年3月岡山県助産師会理事(教育担当)
平成24年11月瀬戸内市「せとうち保健福祉フェスタ2012」ゆめトピア長船,乳児の身体計測,育児相談協力員,(岡山県助産師会)
平成24年12月23日岡山市「いいお産の日in岡山」岡山ふれあいセンター,妊婦相談協力員(岡山県助産師会)
平成25年11月23日岡山市「いいお産の日in岡山」岡山ふれあいセンター,妊婦相談協力員(岡山県助産師会)
平成25年7月28日天満屋母子相談協力員(岡山県看護協会)
平成25年12月1日高島屋母子相談協力員(岡山県看護協会)
平成25年~岡山県助産師会母子電話相談相談員
平成27年~岡山県看護協会 社会経済福祉委員会委員
        岡山県看護協会助産師職能施設代表者

【看護研究指導】
平成12年・13年岡山医療センター産科病棟・院内研究指導
平成16年~25年川崎医科大学付属病院看護部看護研究指導
平成27年~岡山日赤病院看護研究指導
平成27年~岡山県看護協会「看護研究の実践」講師およびアドバイザー









研究業績 【著書】
1.根拠が見える臨地実習のすべて4 母性看護学 (共著) メヂカルフレンド社,1999.
2.新・基礎看護学 改訂版
(菊井和子,太湯好子編)pp181-191,第12章,妊・産・褥婦の看護,西日本法規出版,2001.
3.新体系看護学18基礎看護学③基礎看護技術 第三章①快適な環境のための看護技術,②日常生活の自立を支える看護技術―B睡眠と休息の援助,E衣生活の援助pp.198-218,pp.255-259,pp.284-288,メヂカルフレンド社,2002.
4.基礎看護学テキスト(深井喜代子, 前田ひとみ編集)
 pp.160-170,V1-5 寝床環境 1-6 衣服 南江堂,2006.
5.ケア技術のエビデンス(深井喜代子監修),pp49-57,寝床内環境のエビデンス,へるす出版,2006.
6.新・看護生理学テキスト(深井喜代子,佐伯由香,福田博之編集)pp388-397, 17 生殖, 南江堂,2008.
7.基礎看護技術ビジュアルブック(深井喜代子編)pp.38-39, 寝衣・シーツ交換, 照林社, 2010.
8.新体系 看護学全書 基礎看護学③基礎看護技術Ⅱ(深井喜代子編集),pp2-21,“第4編 第1章 環境を整える技術”,pp130-134,”第4章Ⅴ睡眠の援助”pp166,“第5章 Ⅸ 整容”,pp167-175,第5章 Ⅹ 衣生活(寝衣交換),メヂカルフレンド社,2012年.
【学術論文】
1.母と子の絆のためにー国立岡山病院の完全母児同室制ー (共著)助産婦雑誌43, 12, 医学書院, 1989.
2.分娩を巡る体温変動,寝床内気候と主観評価(共著 筆頭)東邦大学医療短期大学紀要, 9, 107-115, 1993.
3.本学学生の第84回看護婦国家試験結果の分析(共著)東邦大学医療短期大学紀要, 7, 20-29, 1995.
4.新生児室における新生児の体温変動と環境(共著, 筆頭) 島根県立短期大学紀要, 4, 33-40, 1999.
5.新生児の出生後12時間の体温変化と環境要因(共著) 山梨医科大学紀要, 15, 28-34, 1999.
6.NICUを退院した低出生体重児の母親の睡眠に関する研究ー退院後1カ月間における睡眠パターンと関連要因ー(単著), 広島大学大学院医学系研究科修士論文, 1999.
7.島根県立中央病院で出生した低出生体重児に関する検討(共著), 母性衛生, 41(4), 410-414, 2000.
8.看護学生におけるピル解禁に伴う性意識の実態(共著), 島根県母性衛生学会雑誌, 4, 9-12, 2000.
9.看護行為で生じる音に対する生体反応(共著), 川崎医療学会誌,11, 193-197, 2001.
10.手浴が実験的疼痛閾値に及ぼす影響(共著), 川崎医療福祉学会誌, 11, 253-257, 2001.
11. ヒトの傾眠状態と自律神経活性との関係(共著), 川崎医療福祉学会誌, 12,147-150, 2002.
12. 看護行為で発生する音が実験的疼痛に及ぼす影響(共著), 川崎医療福祉学会誌, 12, 2, 147-150, 2002.
13.ピアカウンセリング技法を用いた思春期性教育とその実践(共著), 川崎医療福祉学会誌, 12, 2, 279-283, 2002.
14.寝床内環境のエビデンス(単著), 臨床看護, 28, 13, 1942-1958,へるす出版.
15.Effect of different bed sheets on bed climate and thermal
response, Japan journal of nursing science, 2, 1, 51-55, 2005.
16.妊婦の身体感覚と胎児への愛着との関連性ー初産婦と経産婦の比較検討ー(共著), 母性衛生, 51, 2, 301-310, 2010.
17. Infant's bed climate and bedding in the Japanese home, Midwifery, DOI infomation: 10.1016/j.midw.2010.12.005.
18.学童保育指導員による性暴力と虐待の発見要因―学童保育指導員へのインタビュー調査を基に―(共著), 小児保健研究, 71, 1, 52-59, 2012.
19.学童保育指導員が認識する虐待兆候(共著), 母性衛生, 54, 1, 51-60, 2013.
20.


【競争的外部研究資金の獲得】
文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)
「乳児の寝床内気候に関する研究」課題番号16791366

文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)
「乳児の寝床内気候に関する研究ー季節差と性能の異なる寝具の検討」課題番号19592476

文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究「学童保育指導員の性被害・虐待被害児へのケア能力向上に向けた教育に関する研究」

文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)「 寝床内気候を整えることは乳児の良好な睡眠に寄与するか」課題番号25350954

【学内における競争的研究資金の獲得】
平成4年度額田奨学基金
「産褥早期の体温変化と寝床内気候」

平成14年度川崎医療福祉大学プロジェクト研究費
「分娩体験が疼痛閾値に及ぼす影響」

【国際学会発表】
1. Subjective sleep estimation of puerperant and  body temperature changes after delivery, The first congress of Asian sleep research society, Tokyo, 1994.
2. Body temperature changes before and after delivery, Second international congress
on phyigiological anthropology, Germany, 1994.
3. The validity of actigraphy in determining sleeping-wakefulness states of babies, International confederation of midwives 28th triennial congress, UK, 2008.
4. Sleep disturbance in infants following surgery for cleft palate, The first international nursing research conference of world academy of nursing science, Kobe(Japan), 2009.
5. Does bottom mattress material affect sleep in infants? A look at bed climate, The ICM Asia Pacific Regional Conference, Hanoi(Vietonam), 2012.
6. Literature search findings on morning Sickness Care in Japan, The 9th international conference of the grobal network of WHO, Kobe(Japan).
7. Effect of bed climate on sleep in infants, The 4th international nursing research conference of world academy of nursing science, soel(Korea), 2013.
8.Humika Yagi, Nami Inui, Rie Nakamura Ikeda, Sayuri Harada: Literature search finding on perinatal loss in Japan, The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015, Program & abstract book, 179, Yokohama, Japan, 2015.
9.Sayuri Harada, Yuka Okazaki, Rie Ikeda, The attainment level in competence of delivery care among university midwifery students at the point of graduation, The ICM Asia pacific regional conference 2015 program & abstract book, 332, 2015, Yokohama(Japan)
7.Rie Nakamura Ikeda, Kiyoko Fukai, Akiho Seki, Kinuko Sugiura: Effect of different bedding materials on bed climate and sleep quality in infants during summer, 19th EAFONS, Chiba, Japan, 2016.
<パネルディスカッション>
Rie Nakamura Ikeda: Effect of different bedding materials on bed climate and sleep quality in infants during summer, The 6th Meeting of the Japan Society of Physiological Nursing, Abstract book, 6, Mimasaka, Japan, 2015.

最終更新日 2016.05.23