小野 孝男   Takao ONO

講座・コース 情報処理工学講座 Takao ONO
役職 准教授
生年月 1970年07月生
自室番号 2608
Email onotakao**c.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 名古屋大学工学部情報工学科(1993年3月卒業)
名古屋大学大学院博士課程前期課程工学研究科情報工学専攻(1995年3月修了)
名古屋大学大学院博士課程後期課程工学研究科情報工学専攻(1998年3月単位取得退学)
学位 博士(工学),名古屋大学,1999年3月,充足最大化問題の近似アルゴリズムに関する研究
着任年月 2008年09月
職歴 名古屋大学大学院情報科学研究科助教(1998年10月~2008年8月)
専門分野 情報科学
所属学協会 情報処理学会,日本オペレーションズリサーチ学会,IEEE,ACM
現在の研究テーマ 近似アルゴリズムの設計と解析,ヒューリスティックアルゴリズム
主要担当科目
 学部 データ構造とアルゴリズム, プログラミング技法 <プログラミング言語Ⅰ>, 離散数学, 情報通信工学実験ⅡB
 大学院 近似アルゴリズム論
相談・共同研究可能
なテーマ
数理計画法(最適化)
研究概要 われわれが日常直面する問題の中には,離散最適化問題として定式化されるものも多い.しかし,離散最適化問題の多くは NP-困難であり,従って現実的な時間で最適解を求めるアルゴリズムは存在しないと考えられている.一方,実社会においては十分に良い解,すなわち近似解が求まればよいことが普通である.本研究では,NP-困難な最適化問題の 1つである巡回セールスマン問題及びその派生的な問題を主な対象とする.

巡回セールスマン問題とは,指定された複数の箇所を一巡する最小コストの巡回路を見つける問題である.この問題は配送順序の決定などに応用することができる基本的な問題であり,また純粋に巡回路のコストを最小化するのみならず現実世界にみられる各種の条件を付加したコストを考えることもある.本研究では特に,宅配サービス等に応用可能な,訪問時刻に制限を与えたうえで巡回コストを軽減する手法の開発を目的とする.
社会における活動 日本オペレーションズリサーチ学会中国四国支部運営委員
最終更新日 2017.10.02