大久保 賢祐   Kensuke OKUBO

講座・コース 情報通信工学講座 Kensuke OKUBO
役職 教授
生年月 非公開
自室番号 2410
Email okubo**c.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 京都工芸繊維大学工芸学部電子工学科(1987年3月)
京都工芸繊維大学大学院工芸学研究科電気工学専攻(修)(1989年3月)
京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科情報・生産科学専攻(博)(1992年6月)
学位 博士(工学)(京都工芸繊維大学1992年6月)
YIGを用いたマイクロ波回路・デバイスに関する研究
着任年月 1993年04月
職歴 京都工芸繊維大学工芸学部電子情報工学科(1992年8月~1993年3月)
専門分野 マイクロ波工学、波動情報工学
所属学協会 電子情報通信学会,IEEE
現在の研究テーマ 電磁メタマテリアルを用いたマイクロ波回路・デバイスに関する研究、フェライトを含むマイクロ波回路に関する研究、SIWフィルタ構成法に関する研究
主要担当科目
 学部 電子回路, 電磁波工学, 電磁波工学
 大学院 電波システム工学, 波動情報工学特論
相談・共同研究可能
なテーマ
磁性体および電磁メタマテリアルを用いたマイクロ波回路・デバイスに関する研究
研究概要 1.電磁メタマテリアル(MTM)に関する研究(平成18年頃~現在に至る)
一般的な媒質では得られない伝送特性を有するマイクロ波回路を実現するための基礎研究である.
・フェライトを用いたMTM:分布定数線路とフェライトジャイレータの周期構造によるMTMを提案し,理論計算および実験によって準左手系の伝送特性および非可逆特性を明らかにした(主な業績[1]).遮断導波管(実効透磁率が負)内の誘電体およびフェライトの周期構造によるMTMである左手系フェライト導波管(LHFWG)の伝送特性を理論的・実験的に取扱い,良好な帯域通過特性および移相特性が得られることを明らかにした.
・MTMを用いたマイクロ波集積回路:誘電体基板集積導波路(SIW)と浮遊導体を用いた集積回路型のMTMを提案し,その特性を理論的・実験的に明らかにした.続いて開放構造に起因する放射を抑制する構造および放射を積極的に利用した平面型ビーム走査アンテナをそれぞれ提案し,それらの特性を理論的・実験的に明らかにした.一方,LHFWGの集積回路化を念頭に低背構造のLHFWGに入出力マイクロストリップ線路を接続する場合の入出力特性改善のための検討を行い試作実験によって数値解析の妥当性を確かめた.
2.マイクロ波集積回路に関する研究(平成4年頃~現在に至る)
集積回路に適した平面構造によるマイクロ波フェライト回路の基礎研究である.低損失フェライトであるYIG薄膜を基板とするマイクロストリップ線路を伝搬する静磁前進体積波の包絡線ソリトンに着目し,マイクロ波のパルス圧縮および短パルス発生デバイスとして動作することを理論的・実験的に示した.隣接するフェライト基板間の空隙の上にストリップ導体を配置したホローフェライト導波路を提案し,双方のフェライトを平行に磁化した場合の可逆特性および反平行に磁化した場合の非可逆特性さらに非可逆四端子分岐回路への応用を示した.
3.画像処理に関する研究(平成元年頃および現在)
ステレオリモートセンシングの標高検出精度を改善するために多波長画像を使用する標高検出処理法を提案し,地球観測衛星LANDSATの多波長観測画像を処理することによってその効果を確かめた.また,色顕著性に基づくインタラクティブな画像セグメンテーション法を提案した.マウス等を用いてシンプルかつ直感的に対象物体の一部のみに対してseedを指定する方法を採用し,ユーザの意図を画像全体に反映可能であることを確認した.
社会における活動 1. IEEE MTT-S Japan Chapter, Education Committee’s Secretary (2007~)
2. IEEE MTT-S Japan Young Engineer Award Committee Member (2011~2013)
3. IEEE 広島支部理事 (2007~2010)
4. IEEE 広島支部会計幹事 (2011~2012)
5. IEEE 広島支部Chapter Promotion Committee Chair (2009~12)
6. 電子情報通信学会中国支部学生会顧問(2005~2006)
7. 電子情報通信学会互選代議員 (2006.5~2008.5)
8. 電子情報通信学会英文論文誌C・メタマテリアルとそのマイクロ波・ミリ波への応用小特集号 編集委員 (2005.10~2006.9)
9. 電子情報通信学会英文論文誌C・最新マイクロ波ミリ波技術小特集号 編集幹事 (2009.8~2010.7)
10. 電子情報通信学会英文論文誌C・最新マイクロ波技術小特集号 編集委員 (2011.2~2012.10)
11. APMC2010(アジア太平洋マイクロ波会議) 財務副委員長(2010)
12. MWE2011(マイクロ波展/主催:電子情報通信学会,後援:総務省) 財務委員長 (2011)
13. TJMW(日-泰マイクロ波会議/主催:電子情報通信学会) 財務委員長 (2010~)
14. 電子情報通信学会 総合大会 プログラム編成委員 (2011)
15. 電子情報通信学会 ソサイエティ大会 オーガナイザ,プログラム編成委員 (2011)
16. 電子情報通信学会英文論文誌C・『最新マイクロ波技術』小特集 編集委員 (2012.2~2012.10)
17. 電子情報通信学会英文論文誌C・『マイクロ波・ミリ波技術の最前線』小特集 編集委員 (2014.2~2014.10)
18. APMC2014(アジア太平洋マイクロ波会議) 財務副委員長(2014)
19. IEEE RFIT2015(高周波集積技術国際シンポジウム) 出版委員長(2015)
20. 出前講義 倉敷古城池高等学校 (2011.9)
21. 出前講義 玉野高等学校 (2012.12)
22. 大学コンソーシアム岡山 吉備創生カレッジ講師(2014)
研究業績 [1] S. Yasugi, K. Okubo, M. Kishihara, and H. Takimoto, "A Study on LH Ferrite Waveguide Using Half Mode Waveguide," 2015 Thailand - Japan MicroWave, TH1-14, Aug. 2015.
[2] T. Adachi, K. Okubo, M. Kishihara, and H. Takimoto, "A Numerical Study on Nonreciprocal Transmission Characteristics of Antiparallel Magnetized LH Ferrite Waveguide," 2015 Thailand - Japan MicroWave, TH1-16, Aug. 2015.
[3] S. Yasugi, K. Okubo, M. Kishihara, and H. Takimoto, "Nonreciprocal Characteristics of LH Ferrite Waveguide Using Half-Mode Waveguide," 2015 Vietnam Japan Microwave, p.94, Aug. 2015.
[4] T. Adachi, K. Okubo, M. Kishihara, and H. Takimoto, "A Numerical Study on Nonreciprocal Property of Antiparallel Magnetized LH Ferrite Waveguide," 2015 Vietnam Japan Microwave, p.95, Aug. 2015.
[5] S. Hitomi, T. Kokui, H. Takimoto, H. Yamauchi, M. Kishihara, and K. Okubo, "Guiding Visual Attention Using Saliency Map Based on Wavelet Transform," Proc. of RISP International Workshop on NCSP 2015, pp. 90-93, March 2015.
[6] H. Takimoto, T. Kokui, H. Yamauchi, M. Kishihara, and K, Okubo, "Image Modification Based on a Visual Saliency Map for Guiding Visual Attention," IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E98-D, No.11, pp.1967-1975, Nov. 2015.
[7] 竹本, 岸原, 太田, 大久保, 滝本, "左手系折り返し導波管を用いた方向性結合器," 電子情報通信学会論文誌(C), vol.J97-C, no.12, pp.500-510, Dec. 2014.
[8] K. Okubo, S. Yasugi, M. Kishihara, and H. Takimoto, "A numerical study on LH ferrite SIW with antiparallel bias magnetic field," 2014 Thailand-Japan MicroWave , FR3-3, Nov. 2014.
[9] Y. Namba, M. Kishihara, I. Ohta, K. Okubo, H. Takimoto, "Analysis of Coupled-Trough-Waveguide Based on E-plane Planar Circuit Approach," 2014 Asia-Pacific Microwave Conference, TH1G-36, pp.834-836, Nov. 2014.
[10] Y. Mizutani, M. Kishihara, I. Ohta, K. Okubo, H. Takimoto, "Constitution of Left-handed Waveguide Using Cutoff TM mode," 2014 Asia-Pacific Microwave Conference, WE4D-1, pp.208-210, Nov. 2014.
最終更新日 2016.05.24