齋藤 誠二   seiji SAITO

講座・コース 人間動態学分野 seiji  SAITO
役職 准教授
生年月 1979年10月生
自室番号 5216
Email s.saito**ss.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 大阪教育大学教育学部教養学科 スポーツ・健康科学・生活環境専攻 健康科学コース 卒業(2002.3)
大阪教育大学大学院 教育学研究科 修士課程 健康科学専攻 修了(2004.3)
九州大学大学院 芸術工学府 人間生活システム系 人間工学講座 博士後期課程 修了(2007.3)
学位 博士(芸術工学)九州大学(2007.3)
歩行分析からみた靴底の摩耗の影響に関する研究
着任年月 2014年04月
職歴 2007.4-2008.3 九州大学大学院芸術工学研究院学術研究員
2008.4-2011.3 松江工業高等専門学校人文科学科 助教
2011.4-2014.3 松江工業高等専門学校人文科学科 講師
専門分野 人間工学 運動生理学
所属学協会 日本人間工学会,日本体力医学会,日本アダプテット体育・スポーツ学会,日本繊維製品消費科学会,バイオメカニズム学会
現在の研究テーマ 履物(靴・スリッパ・靴下),靴底の摩耗,高齢者の転倒予防,子どもの体力向上に向けた道具に関する研究
主要担当科目
 学部 人体の構造と機能Ⅱ <生理学>, キネシオロジー <基礎運動学>, 環境生理学 <スポーツ生理学>, 人間情報工学実験Ⅰ <運動工学実験>
 大学院 人間生活工学
相談・共同研究可能
なテーマ
履物(靴,スリッパ,サンダル,靴下 等),福祉用具,共用品などのユーザビリティ 子どもの体力向上
研究概要 これまでの研究では人間工学や運動生理学を基礎として,安全で快適な用具や環境を提案・開発する研究を実施してきた.
 【靴底の摩耗に関する研究】
 使用することで避けることのできない靴底の摩耗の影響について研究を実施している.これまで,摩耗の特性や下肢関節や下肢筋に加わる負担や衝撃を生体力学的および生理的側面から明らかにしてきた.また,歩行中のエネルギーコストの変化についても明らかにした.現在は詳細な分析を加え,靴のソールに買い替えのタイミングを示せるような実用化に向けた研究を実施している.成果については4編の学術論文として公表.
 【高齢者の転倒予防】
 社会問題の一つになっている高齢者の転倒に対して,3つのポイントから研究を実施してきた.1つは,障害物のまたぎ動作と位置知覚能力について加齢による変化を明らかにした.2つ目は,居室環境の床材の違いによる障害物またぎ動作や歩行の変化について研究した.3つ目は,転倒しにくいスリッパを開発することを目的とした研究を進めている.成果については2編の学術論文として公表.
 【スニーカーの開発】
 共同研究で疲れにくいスニーカーを開発,発売した.インソール,ミッドソールおよびアウトソールの設計・デザインを手がけ,評価実験を生体力学的および生理的側面から実施した. なお,スニーカー全体およびインソールについて特許および意匠を出願.
今後も,人とモノ,人と環境との最適な関係について人間工学的および運動生理学的視点から研究を進める.
社会における活動 子どもの体力向上支援委員会委員(島根県教育庁保健体育課)(2009-2014)
受賞 2006.8 9th International Symposium of the Asian Society for Adapted Physical Education and Exercise, Young Investigators Excellent Award 2006 受賞
2007.6 日本人間工学会 研究奨励賞 受賞
2013.6 日本人間工学会 論文賞 受賞
研究業績 [学術論文] 
*詳細:http://www-id.ss.oka-pu.ac.jp/index.html 

1. Physical Strain and Risk during Stroller Locomotion on Cross and Combined Slopes: Muraki S., Saito S., Ookura M., Advanced Engineering Forum. 10 43-50(2013)
2. The Validity of Our New Sneakers Designed for More  Comfort and Easy Walking: Saito S., Fujita H., Imaizumi K., Kishine N., Journal of the Japan Research Association for Textile End-Uses, 56(3), 71-81 (2015)
3. 若年男性における靴底の摩耗と使用状況および歩容との関係:齋藤誠二,人間工学,51(5),324-332(2015)
4. 長時間歩行および立位姿勢中の下肢のむくみに起因する不快感に関する研究:齋藤誠二,村木里志,バイオメカニズム学会誌 (印刷中)
最終更新日 2016.05.30