井上 里加子   Rikako INOUE

講座・コース 公衆栄養学・学校栄養教育 Rikako INOUE
役職 助教
生年月 1979年03月生
自室番号 6218
Email rinoue**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 岡山県立大学保健福祉学部栄養学科卒業(平成13年3月)
岡山県立大学大学院博士課程前期保健福祉学研究科栄養学専攻修了(平成15年3月)
岡山県立大学大学院博士課程後期保健福祉学研究科保健福祉科学専攻修了(平成20年3月)
学位 博士(保健学)
資格・免許 管理栄養士・調理師
着任年月 2014年04月
職歴 (財)浅羽医学研究所附属岡南病院 管理栄養士(平成13年10月から平成17年3月までのうち3年間)
ノートルダム清心女子大学人間生活学部食品栄養学科 助手(平成20年4月から平成26年3月まで)
専門分野 公衆栄養学、応用栄養学
所属学協会 日本栄養・食糧学会、日本栄養改善学会、日本生化学会、日本学校保健学会
現在の研究テーマ 食育、地域の健康教育に関する研究
主要担当科目
 学部 公衆栄養学実習Ⅰ, 公衆栄養学実習Ⅱ, 臨床栄養学実習Ⅰ, 臨床栄養学実習Ⅱ, 総合演習Ⅰ, 総合演習Ⅱ, チームガバナビリティ演習, 栄養学実習
相談・共同研究可能
なテーマ
食育、地域の健康教育に関する研究
研究概要 子どもの『食』をめぐる環境は大きく変容しており、H21年施行新学校給食法では「自然の恩恵や食に関わる人々の様々な活動への理解を深め、感謝の気持ちを育むこと」が新たな目標として示されたが、学校での食農体験の機会確保の難しさと効果的なプログラムの開発が課題となっている。そこで、食農体験を通じて地域の食農活動への理解を深め、親子で食に対する関心や感謝する心を育む機会の提供や、食生活や健康づくりの改善につながる食態度を育むプログラムの充実を図ることを目的に、食農体験を通して食に対する知識や意識、態度に及ぼす影響について検討する。
社会における活動 岡山県栄養士会総社支部
受賞 第48回日本生化学会中国・四国支部例会 奨励賞(平成19年5月)
研究業績 1. 曽我部咲, 鈴木真奈美, 井上里加子, 高原光恵, 田中淳一, 林泰資, コーヒー揮発成分はペントバルビタール睡眠を延長させる, 医学と生物学, (2013) 157, 814-817
2. 高澤卓子, 大西孝司, 逸見眞理子, 井上里加子, 林宏一, 企業検診受診者を対象とした生活習慣調査について-食習慣と生活習慣ならびに各種臨床データとの関連性-, ノートルダム清心女子大学紀要, (2013) 37, 98-107
3. 大西孝司, 逸見眞理子, 井上里加子, 村上沙緒莉, 高澤卓子, 林宏一, 野口衛, 女性特有の疾患および癌に対する薬膳の効能・効果の評価ならびに桂皮を用いた薬膳からの主成分の確認, ノートルダム清心女子大学紀要, (2012) 36, 27-42
4. 大西孝司, 逸見眞理子, 井上里加子, 村上沙緒莉, 林宏一, 岡田茂, いわゆる「健康食品」に対する意識調査(Ⅱ)-大学生における調査結果について-, ノートルダム清心女子大学紀要, (2011) 35, 13-35
5. R Inoue, R Akagi, Co-synthesis of Human δ-Aminolevulinate Dehydratase Mutants with the Wild-type Enzyme in Cell-free System -Critical Importance of Conformation on Enzyme Activity-, J. Clin. Biochem. Nutr., (2008) 43, 143-153
6. 赤木玲子, 井上里加子, ヘム合成系酵素欠損症における分子異常と発症との関連性, 日薬理誌, (2007) 130, 266-269
7. R Akagi, N Kato, R Inoue, K. E. Anderson, E. K. Jaffe and S Sass, δ-Aminolevulinate dehydratase (ALAD) porphyria: The first case in North America with two novel ALAD mutations., Mol. Genet. Metab., (2006) 87 (4), 329-336
8. R Akagi, R Inoue, S Muranaka, T Tahara, S Taketani, K. E. Anderson, J. D. Phillips and S Sassa, Dual gene defects Involveing δ-aminolaevulinate dehydratase and coproporphyrinogen oxidase in a porphyria patient., Br. J. Haematol., (2005) 132 (2), 237-243
9. R Akagi, T Koga, R Shimizu, R Hanafusa, A Utsumi, S Watanabe and M Mri , Characteristics of heme biosynthesis in the liver of the senescence-accelerated mouse., International Congress Series., (2004) 1260, 433-436
10. 花房里加子, スウェーデン福祉研修, 藍野学院紀要, (2003) 17, 65-71
11. S Muranaka, R Hanafusa, R Akagi, M Kondo, M Kaido, K. E. Anderson and S Sassa,
Combined defects of both Coproporphyrinogen oxidase and δ-Aminolevulinate dehydratase in two unrelated patients who clinically presented coproporphyria, Porphyrins, (2000) 9, 270-274
最終更新日 2015.05.29