綾部 誠也   Makoto AYABE

講座・コース スポーツ・ヒューマンダイナミクス講座 共通教育部(兼務) Makoto AYABE
役職 准教授
生年月 非公開
自室番号 5119
Email ayabe**ss.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学位 博士(教育学)
着任年月 2013年09月
専門分野 運動生理学,応用健康科学,サッカー
所属学協会 日本体力医学会,日本肥満学会,American College of Sports Medicine
現在の研究テーマ 身体機能向上に資する身体活動・運動とその支援方法(器具)に関する包括的研究。
主要担当科目
 学部 人間情報工学実験Ⅰ <運動工学実験>, 人間情報工学実験Ⅱ, 卒業研究, スポーツの科学, 運動生理学, スポーツ栄養学, スポーツの科学, スポーツⅠ(情報通信工学科), スポーツⅠ(保健福祉学科), スポーツⅡ(栄養学科)
 大学院 生体情報学特論, スポーツ栄養工学特論 <スポーツ栄養学特論>, システム工学特別演習Ⅰ, システム工学特別研究Ⅰ, システム工学特別研究Ⅱ
相談・共同研究可能
なテーマ
運動処方に関する研究。運動時のエネルギー代謝に関する研究。日常生活の身体活動の定量法に関する研究。スポーツ競技のパフォーマンス向上に関する研究。
研究概要 ・健康づくりに最適な日常身体活動の量・強度・タイミングに関する研究
・安全かつ効果的な運動プログラムとその支援機器の開発
・スポーツ選手の競技力向上に資する身体能力の向上とその支援方法(支援機器)に関する研究
・離島・へき地の活性化に資する健康支援プログラムに関する研究
社会における活動 ・日本体力医学会 評議員
・日本肥満学会 評議員
・岡山スポーツ医科学研究会 幹事
・中国大学サッカー連盟 理事
・岡山県学生サッカー連盟 委員
研究業績 ウォーキングバイシクル乗車時のエネルギー消費量ならびに下肢筋活動水準.日本スポーツ健康科学会誌.2016
Effects of exercise intervention on habitual physical activity above lactate threshold under free-living conditions: A Randomized Controlled Trial. Int J Sports Med, 36, 1106-11. 2015
Associations of Activity Monitor Output and an Estimate of Aerobic Fitness With Pulse Wave Velocities: The Nakanojo Study. J Phys Act Health, 12, 139-44. 2015
Validity of activity monitors worn at multiple nontraditional locations under controlled and free-living conditions in young adult women. Appl Physiol Nutr Metab, 40, 448-56. 2015
42ヶ月間の身体活動量増進プログラム期間における中高齢者男女の歩数推移. 健康支援, 17, 41-49. 2015
Intensity and amount of habitual physical activity for health: Special considerations in middle-aged and older Japanese adults. J Phys Fitness Sports Med, 3, 85-90. 2014
Interruption in physical activity bout analysis: An accelerometry research issue. BMC Research Notes, 7, 284. 2014
Effects of lifestyle modifications on improvement in the blood lipid profiles in patients with dyslipidemia. J Metabolic Synd, 3, 1000150. 2014
Lifestyle intervention involving calorie restriction with or without aerobic exercise training improves liver fat in adults with visceral adiposity. Journal of Obesity. 2014
Aerobic exercise attenuates the loss of skeletal muscle during energy restriction in adults with visceral adiposity. Obes Facts, 7, 26-35. 2014
中年男性ランナーにおける1週間の高濃度茶カテキン飲料摂取が有酸素性運動中のエネルギー代謝に及ぼす影響. 日本スポーツ栄養研究誌, 7, 11-16. 2014
若年女性における二重X線吸収法を用いて評価した骨密度と幼児期から青年期までの運動習慣. 体力科学, 63, 305-312. 2014
最終更新日 2016.05.30