坂野 純子   Junko SAKANO

講座・コース 福祉政策講座 Junko SAKANO
役職 教授
生年月 非公開
自室番号 6507
Email jsakano**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 東京大学大学院医学系研究科第1種修士課程保健社会学専攻(修)(1990年3月)
東京大学大学院医学系研究科第1種博士課程保健社会学専攻(博)(1993年3月)
学位 博士(保健学)(東京大学 1993年12月),健康社会学に関する研究
資格・免許 社会福祉士
着任年月 2001年04月
職歴 大学入試センター試験計画部(非常勤)
東京都心身障害者福祉センター
(財)労働科学研究所 研究部労働ストレス研究グループ
専門分野 精神保健福祉、健康社会学、メンタルヘルス教育
所属学協会 日本保健医療社会学会、日本健康教育学会、日本公衆衛生学会、日本社会福祉学会、日本学校保健学会、日本精神保健福祉学会
現在の研究テーマ ストレス対処力(sense of coherence、以下SOC)の形成要因と健康保持・増進効果に関する研究
主要担当科目
 学部 精神障害福祉論, 子どもの保健ⅠB <小児保健学Ⅱ>, 保健医療制度, 原書講読Ⅰ, 原書講読Ⅱ, 保健福祉学専門ゼミ, 保健福祉学研究ゼミ, 小児精神保健, 精神医学, 小児精神保健
 大学院 精神保健福祉特論, 精神保健福祉特論演習, 保健福祉学特論Ⅱ, 社会福祉支援科学特別研究, 児童保健福祉学特別講義
相談・共同研究可能
なテーマ
児童,生徒,学生のストレス対処能力(SOC)の育成
研究概要 心の健康問題に関し,ストレスに対する対処能力を研究するアプローチがあり,その対処能力のひとつの概念がSense of Coherence (首尾一貫感覚,以下SOC)である。
 筆者は、これまで、アントノフスキーのSOCに関する原著の翻訳、児童版SOCスケール日本語版の尺度開発等、日本におけるSOC研究の発展に貢献している。
 近年は、ノルウェーと共同でSOC介入プログラムの開発、高齢者を対象としたSOC研究に取り組んでいる。
社会における活動 1.論文査読委員
1)日本健康教育学会、健康教育学雑誌(2011年12月)
2)博士論文(副査)筑波大学大学院後期課程博士論文(2011年11月)

2.地域(県、市)での活動
1)岡山県職業能力開発審議会委員
2)総社市男女共同参画推進審議会委員
3)総社市地域自立支援協議会委員
4)精神医療ユーザーの会「アンダンテ」代表(総社市社会福祉協議会サロン助成事業)
5)音楽ボランティア「アンサンブル総社」事務局(総社市ボランティア活動)

3.岡山県立大学アクティブキャンパス事業
1)コミュニティカフェ総社(心の病とともに生きる人と学生、市民との交流促進事業の開催)
2)メンタルヘルスを考える会(教育関係者、保育関係者、保護者を対象とした発達障害研修会の開催)
3)人と人をつなぐコンサートの主催(本学講堂:10月11日開催)

4.外国の教育・研究機関との連携
1)中国医科大学(共同研究、論文発表)
2)ベルゲン大学(共同研究)
3)スウェーデン国立農業科学大学(共同研究)
4)The Second ICOH International Congress on Psychosocial Factors at Work 組織委員
5)International Information Institute 企画委員
受賞 平成26年10月
International Society for Quality of Life(ISOQOL)表彰:優秀ポスターアブストラクト賞(Top Poster Abstract Award)、タイトル:日本とノルウェーの高校生における心の健康尺度(MHC-SF)の交差妥当性に関する研究(Construct Validation of the Mental Health Continuum–Short Form for Youth (MHC–SF) in Japanese and Norwegian High School Students)
研究業績 【著書】
1)的場智子、菊澤佐江子、坂野純子(編著)「心の病へのまなざしとスティグマ」;明石書店,2012
2)斎藤友介、坂野純子、矢嶋裕樹(編著);大学生のための福祉教育入門, ナカニシヤ出版, 2009.
3)山崎喜比古,戸ヶ里泰典,坂野純子(編著);「ストレス対処能力SOC」, 有信堂, 2008.

【学術論文】
1)Junko Sakano, Yuki Yajima, Yoshihiko Yamazaki, Asuka Seki, Kaori Ono,Naoki Hayashi, Development of a shortened version of the Antonovsky’s Sense of Coherence (SOC) scale: Findings from a sample of Japanese older adults, Information’2015, 51-254, 2016.
2)Junko Sakano, Yoichi Sawada, Yuki Yajima, Yudai Hirai and Shinichiro Sasahara, Physiological Psychological Study on Relaxation Effects of Snoezelen Space,Proceedings of the Seventh International conference on Information(Information’2015),51-254, 2015.
3)Junko Sakano, Yuki Yajima, Yoshihiko Yamazaki, Asuka Seki, Kaori Ono,Naoki Hayashi,Development and psychometric testing of the Japanese Version of the 13-item Sense of Coherence Scale-Revised (SOC13-RJ) among Japanese Community-Dwelling Elderly. Quality of Life Research(22nd Annual conference),Vancouver , 2015.
4)J. Sakano, Y. Yamazaki, K. Ninomiya, K. Ota, Y. Yajima; Perceived Positive Change of Mental Patients Participating in the Salutogenic Salon,Information,17(1),305-312,2014.
5)W. Ono,S. Namba,J. Sakano;A Case Study on Contemporary Art Exhibition that Encourages the Participation of Children and Their Guardians,,Information,17(1),53-57,2014.
6)K. Ota, K. Ninomiya, J. Sakano, M. Nanba; Relationships of SOC to social environment and subjective health perception among senior citizens, Information,17(4),1627-1632,2014..
7) J . Sakano; Social distance of nursing and social welfare university students to persons with mental disorders and its’ relations with contact experience, The 7th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, pp1-4, 2012.
8)S. Sasahara, Y. Tomotsune, Y. Ohi, S. Suzuki, A. Seki,, J. Sakano, Y. Yamazaki, I. Matsuzaki;Life Experiences are Important Factors of Making Stronger SOC (Sense of Coherence) on the Workers in Tsukuba Research Park City;World Academy of Science, Engineering and Technoliogy,68,pp222-226、2012.
9)J. Sakano, Y. Yajima, W. Ono, Y. Yamazaki, S. Sasahara, Y. Tomotune, Y. Ohi, S. Suzuki, A. Seki, I. Matsuzaki;Factors of Vocational Identity for Social Welfare University Students in Japan;World Academy of Science, Engineering and Technoliogy, 68,pp70-74,2012.
10)朴峠周子,武田文,坂野純子:小学校高学年児童の1年間におけるストレス対処力(SOC)の変動,厚生の指標、59、6、pp1-6、2012.
11) 坂野純子,二宮一枝, 高玉琴,難波峰子;子どものSense of Coherenceと心身の自覚症状、口腔保健行動および生活習慣との関連, インターナショナル Nursing Care Research 10(3),pp27-p.34, 2011.
12) 坂野純子:SOCの発達・形成に関する理論と実証研究, 看護研究 42(7),p.539-p.547,2010.
13) Y. Yamazaki, T. Togari, J. Sakano ; Toward Development of Intervention Methods for Strengthening the Sense of Coherence (SOC), Asian Perspectives and Evidence on Health Promotion and Education, pp118-132,2011.
14)K.Ninomiya, J. Sakano, G.Gao, M. Nanba; Association between occupational readiness and perception of Self-development in nursing students, The Fifth International Conference on Information,pp399-402,2009.
15)J.Sakano, K。Ninomiya, G.Gao, M. Nanba; Association between the practical training stress and occupational readiness of nursing students in Japan and China, The Fifth International Conference on Information,pp403-406.2009.
13)坂野純子、 戸ヶ里泰典、 山崎喜比古、 矢嶋裕樹、 小林美智子、 石橋朝紀子;児童用SOCスケール日本語版開発の試み, 児童用SOCスケール日本語版開発の試み, 学校保健研究(51)1,pp39-47, 2009.
最終更新日 2017.09.27