佐藤 和順   Kazuyuki SATO

講座・コース 子ども臨床講座 「共通教育部兼務」 Kazuyuki SATO
役職 教授
生年月 1965年10月生
自室番号 5217
Email wajun**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 同志社大学文学部
早稲田大学第一文学部
兵庫教育大学大学院学校教育研究科(修士課程)
兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)
学位 博士(学校教育学)
資格・免許 中学校教諭一級普通免許状(社会)・高等学校教諭二級普通免許状(社会)
着任年月 2013年04月
職歴 幼稚園教諭・園長、兵庫大学短期大学部助教授、就実大学教育学部教授・就実教育実践研究センター長を経て、現職
専門分野 学校教育学・幼児教育・保育者論
所属学協会 日本保育学会・日本乳幼児教育学会・日本人権教育研究学会・日本仏教教育学会・日本家庭教育学会・日本子ども家庭福祉学会
現在の研究テーマ 保育者のワーク・ライフ・バランスが保育の質に与える影響
主要担当科目
 学部 教育基礎論, 保育内容総論, カリキュラム論, 教育実習, 保育内容Ⅰ(人間関係), 保健福祉学研究ゼミ, 保健福祉学専門ゼミ〔隔週〕, 生涯学習にとりくむ
 大学院 児童保健福祉特論Ⅰ, 児童保健福祉特論Ⅰ演習, 社会福祉支援科学特別研究, 児童保健福祉学特別講義, 保健福祉学特別研究
相談・共同研究可能
なテーマ
父親の育児参画・保育者のワーク・ライフ・バランス・保育カリキュラムに関すること
研究概要 幼稚園・保育所で子どもがどのように育つのかについて研究しています。最近は,保育者のワーク・ライフ・バランスと保育の質の関係について興味をもっています。
具体的な研究テーマは次の通り。
・保育者のワーク・ライフ・バランスが「学びの基礎力」醸成にあたえる影響
・保育施設を拠点とした父親・祖父母の育児参加支援プロジェクトの構築
・「積極的なかかわり」を視点とした保育の質の指標化及び変容に関する研究
社会における活動 ・岡山県子ども・子育て会議会長
・各種研修会講師等
研究業績 (原著論文)
1.佐藤和順・柏まり・新山順子,「保護者の夫婦関係が子どもの食育に与える影響」,幼少児健康教育学会『日本幼少児健康教育学会誌』第3巻第1号,2017
2.佐藤和順,「幼児期における情操の芽生え-仏教保育の実践を通して-」,日本仏教教育学会『日本仏教教育学研究』第25号,2017
3.佐藤和順・柏まり,「保護者のワーク・ライフ・バランスが子育ての評価に与える影響」,日本家庭教育学会『家庭教育研究』第20号,2015
4.佐藤和順・熊野道子・柏まり・田中亨胤,「保育者のワーク・ライフ・バランスが保育の評価に与える影響」,日本保育学会『保育学研究』第52巻第2号,2014
5.佐藤和順・柏まり,「保育者の幸福感が生活の満足度及びワーク・ライフ・バランスに与える影響」,日本人権教育研究学会『人権教育研究』第14巻,2014
6.佐藤和順,「幼稚園における仏教保育の実践に関する一考察-音楽法会の実践を通して-」日本仏教教育学会『日本仏教教育学研究』第22号,2014

(著書)
1.佐藤和順『保育者のワーク・ライフ・バランスー現状とその課題ー』,㈱みらい,2014
2.佐藤和順『男女共同参画意識の芽生え-保育者から子どもへの再生産-』ふくろう出版,2010
3.佐藤和順他『子どものいまとみらいを考える 教育課程・保育課程論』,㈱みらい,2014
4. 佐藤和順他『新・保育原理(第2版)』㈱みらい,2012
5.佐藤和順他『子ども環境から考える保育内容』北大路書房,2009
6.佐藤和順他 『MINERVA保育実践学講座5 教育課程・保育計画総論』ミネルヴァ書房,2007
7.佐藤和順他編著『MINERVA保育実践学講座2 保育者の職能論』ミネルヴァ書房,2006
8. 佐藤和順他『21世紀の人権・同和教育への展開-人権・同和教育と教師の力量形成-』学術図書出版,2004
最終更新日 2017.09.05