新田 陽子   Youko NITTA

講座・コース Youko NITTA
役職 准教授
生年月 1977年11月生
自室番号 6104
Email nitta**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 1996. 3  大阪府立三国丘高等学校 卒業
2000. 3  大阪市立大学 生活科学部 食品栄養学科  卒業
2005. 3  大阪市立大学大学院 生活科学研究科 食・健康科学専攻 修了
学位 博士(生活科学)
資格・免許 管理栄養士 (95006)
着任年月 2013年04月
職歴 2002. 4~2003. 3 大阪府立松原高等学校 家庭一般 特別非常勤
2004. 4~2005. 3 大阪市立大学重点研究リサーチアシスタント
2005. 4~2007. 3 奈良女子大学生活環境学部・助手
2007. 4~2009. 3 奈良女子大学生活環境学部・助教
2009. 4~2013. 3 兵庫県立大学環境人間学部・助教
2017. 4~2017. 9 岡山大学教育学部 非常勤
専門分野 調理科学、生物高分子科学
現在の研究テーマ 米粉麺の力学特性、イチゴのヒスチジン脱炭酸酵素阻害物質の同定、バラ科植物熱水抽出液の機能性
主要担当科目
 学部 調理学, 調理学実習Ⅰ, 調理学実習Ⅱ, 子どもの食と栄養Ⅱ, 韓国食文化学, 子どもの食と栄養Ⅱ<小児栄養Ⅱ>, 韓国食文化学
 大学院 食品調理学特論, 食品栄養学特別研究, 調理色彩学特論, 調理色彩学特論演習
研究概要 ・食品の食味・嗜好性に及ぼす調理の影響についてのレオロジー的研究

・食品の機能性成分を利用した食中毒予防またはOAS対策

・弁当の嗜好性に及ぼすアクセントカラーの効果
社会における活動 日本生物高分子学会役員 2005年~
Journal of Biological Macromolecules, Associate Editor  2006年~
食品・臨床栄養 編集委員  2010年~
日本家政学会関西支部若手の会幹事  2010年~2011年
日本家政学会関西支部若手の会代表幹事  2011年~2012年
日本調理科学会中四国支部役員 2016年~
日本家政学会編集委員 2017年~
受賞 第16回日本ヒスタミン学会 和田記念賞 2012年
研究業績 [個人HPアドレス]
http://www.fhw.oka-pu.ac.jp/nitta/index.html

[論文]
1. Novel inhibitors for histidine decarboxylase from plant components. Y. Nitta, H. Kikuzaki, H. Ueno, International Biology Review, in press

2. Inhibition of recombinant human histidine decarboxylase activity in different strawberry cultivars. Y. Uno, Y. Nitta, M. Ishibashi, Y. Noguchi, H. Kikuzaki, Acta Physiologiae Plantarum, 39, 134-139 (2017)

3. Characterization of monoclonal antibody against syringate derivatives: application of immunochemical detection of methyl syringate in honey Y. Kato, R. Fujinaka, M. Juri, Y. Yoshiki, A. Ishisaka, N. Kitamoto, Y. Nitta, H. Ishikawa J. Agric. Food Chem., 64, 6495-501 (2016)

4. The food colloid principle in the design of elderly food K. Nishinari, M. Takemasa, T. Brenner, L. Su, Y. Fang, M. Hirashima, M. Yoshimura, Y. Nitta, H. Moritaka, M. Tomczynska-Mleko, S. Mleko, Y. Michiwaki J. Texture Studies, 47, 284–312 (2016)

5. Inhibition of Morganella morganii histidine decarboxylase activity and histamine accumulation in mackerel muscle derived from Filipendula ulumaria extracts. Y. Nitta, F. Yasukata, N. Kitamoto, M. Ito, M. Sakaue, H. Kikuzaki, H. Ueno J. Food Prot. 79, 463-467 (2016)

6. Competitive immunochromatographic assay for leptosperin as a plausible authentication marker of manuka honey Y. Kato, Y. Araki, M. Juri, A. Ishisaka, Y. Nitta, T. Niwa, N. Kitamoto, Y. Takimoto Food Chem. 194, 362–365 (2016)

7. Immunochemical authentication of manuka honey using a monoclonal antibody specific to a glycoside of methyl syringate Y. Kato, Y. Araki, M. Juri, R. Fujinaka, A. Ishisaka, N. Kitamoto, Y. Nitta, T. Niwa, Y. Takimoto Journal of Agricultural and Food Chemistry, 62, 10672-10678 (2014)

8. The Effect of Thermal History on the Elasticity of K-type Gellan Gels Y. Nitta, M. Yoshimura, K. Nishinari Carbohydr. Polym. 113, 189-193 (2014)

9. Expression of strawberry allergen Fra a 1 gene during fruit ripening. D. Futsuki, Y. Nitta, M. Iduhara, H. Tsuruta, T. Tsugehara, Y. Uno, Acta Horticulturae, 1049, 323-328 (2014)

10. Plausible Authentication of Manuka Honey and Related Products by Measuring Leptosperin with Methyl Syringate. Y. Kato, R. Fujinaka, A. Ishisaka, Y. Nitta, N. Kitamoto, and Y. Takimoto J Agric Food Chem. 62, 6400-6407 (2014)


[著書]
1. 食品物性 食品学総論 講談社 110-116 (2016)

2. 新田陽子・小森博文・植野洋志 タンパク質・酵素の隠された機能について、探索とその技術、「ヒスタミンとドーパミン生成酵素の変遷」生化学 vol.87, 321-325 (2015)

3. 食品ハイドロコロイドの開発と応用II、「冷却速度がジェランガムのゲル化挙動と物性に与える影響」シーエムシー出版207-211 (2015)

4. 食品学I、 第6章「食品の物性」 羊土社 163-175  (2015)

5. D. Kang, H. Zhang, Y. Nitta, K. Nishinari Gellan. in “Polysaccharides: Bioactivity and Biotechnology”, edited by Jean-Michel Merillon and Kishan G. Ramawat. 1627-1682 Springer, Germany (2015) 

6. 西成勝好・新田陽子 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック、第6編ヘルスケアサイエンスと糖鎖、第2章糖鎖と食品の物性 第一節「多糖のレオロジーとゲル化挙動」理工系出版社エヌ・ティー・エス 476-479 (2015)

[特許出願]
特願2016-017861 米粉麺の製造方法 (2016)
最終更新日 2017.09.20