伊東 秀之   Hideyuki ITO

講座・コース 食品栄養学講座,共通教育部兼務 Hideyuki ITO
役職 教授
生年月 1965年01月生
自室番号 6204
Email hito**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 近畿大学薬学部薬学科卒業(1988年3月)
岡山大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了(1990年3月)
学位 博士(薬学)(1999年9月,岡山大学)
Studies on the Highly Oxidized Ellagitannins in Medicinal Plants
資格・免許 薬剤師(1988年)
着任年月 2013年04月
職歴 日清製粉株式会社医薬研究所(1990年4月~1993年6月)
岡山大学薬学部助手(1993年7月~2005年8月)
文部科学省在外研究員(フランス国立農業研究所,INRA)(2002年7月~2003年4月)
中国哈爾濱商業大学薬学部客員教授(2004年9月)
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科准教授(2005年9月~2013年3月)
岡山県立大学保健福祉学部栄養学科教授(2013年4月~)
専門分野 食品化学,天然物化学
所属学協会 日本農芸化学会,日本栄養・食糧学会,日本薬学会,日本生薬学会,日本食品化学学会,日本フードファクター学会
現在の研究テーマ 食品素材に含まれる機能性成分の単離および化学構造研究,機能性食品成分の分析法の開発,機能性ポリフェノール成分の生体利用性に関する研究
主要担当科目
 学部 食品学Ⅰ, 食品学Ⅱ, 食品学実験Ⅰ, 自然科学入門 (デザイン学部), 環境の科学, 基礎有機化学, 化学の世界 <化学Ⅰ>
 大学院 食品機能科学特別講義, 応用栄養学特別研究, 食品機能学特論, 食品機能学特論演習, 食品栄養学特別研究
相談・共同研究可能
なテーマ
機能性食品成分の分析および化学構造の解明
研究概要 近年,薬用植物や食品に含まれる多種多様なポリフェノールの化学構造が解明され,それに伴って,天然ポリフェノールの多彩な機能性も明らかになってきている.しかしながら,機能性天然ポリフェノールは,実際に生体内においてどのような挙動を示し,どのような物質となって機能を発揮しているのか,即ち機能性に応答した天然ポリフェノールのバイオマーカーについての知見は,ほとんど解明されていないのが現状である.そこで,我々の生活に身近なポリフェノールについて,生体内代謝プロファイルを考慮し,バイオプレカーサーとしての天然ポリフェノールの探索研究を進め,天然素材から各種疾病の治療や予防に寄与する医薬品のシーズや機能性食品素材の探索を行っている.
(最近の成果)
1.私たちは,機能性ポリフェノールをはじめとする有用天然物の生体内代謝産物の化学構造を明らかにしてきているが,特に身近な食品素材に含まれるクロロゲン酸の生体内代謝物の一つであるメタクマル酸が海馬神経細胞突起伸展作用を有することや,クランベリーポリフェノールの尿中代謝物が大腸菌バイオフィルム形成抑制活性を有することなど,天然ポリフェノール成分が生体内で代謝されて機能性を発揮するものの存在を見出している.
2.一方,有用天然成分が消化管から吸収される前の段階で,生体へ与える影響も評価しているが,ある種のエラジタンニンのプレバイオティクス用作用や,トリテルペン類やある種の漢方薬に腸管免疫賦活作用を有することを見出している.また,薬物代謝酵素の作用に影響を与える食品やサプリメント成分などを見出し,臨床現場の先生と共に,医薬品との相互作用の可能性を示唆する天然素材の調査を進めている.
社会における活動 岡山県食品新技術応用研究会幹事(2013年~)
日本農芸化学会中四国支部参与(2005年~)
日本薬学会中四国支部役員幹事(2007年~2008年)
ファルマシアトピックス専門小委員会(2009年~2010年)
おかやまバイオクティブ研究会幹事(2009年~)
日本生薬学会関西支部会計幹事(2010年~2011年)
日本薬学会学術誌編集委員(2016年~)
Molecules Guest Editor(2017年~)
受賞 日本生薬学会学術奨励賞(2004年9月)  
日本農芸化学会中四国支部奨励賞(2008年9月)
日本生薬学会学術貢献賞(2015年9月) 
研究業績 [研究室ホームページ]
http://www.fhw.oka-pu.ac.jp/hito/

[学術論文]
1. Kim, T.H., Hatano, T., Okamoto, K., Yoshida, T., Kanzaki H., Arita, M., and Ito, H. (2017) Antifungal and Ichthyotoxic Sesquiterpenoids from Santalum album Heartwood, Molecules, 22(7), 1139.
2. Kato, N., Kawabe, S., Ganeko, N., Yoshimura, M., Amakura, Y., and Ito, H. (2017) Polyphenols from flowers of Magnolia coco and their anti-glycation effects, Biosci. Biotech. Biochem., 81(7), 1285-1288.
3. Kawabe, S., Ganeko, N., and Ito, H. (2017) Ellagitannin Dimers from Pericarps of Trapa japonica, The Japanese Journal of Pharmacognosy, 71 (1), 53-54.
4. Tai, A., Ohno, A., and Ito, H. (2016) Isolation and Characterization of the 2,2'-Azinobis(3-ethylbenzothiazoline-6-sulfonic acid) (ABTS) Radical Cation-Scavenging Reaction Products of Arbutin, J. Agric. Food Chem., 64 7285-7290.
5. Zhao, C., Sakaguchi, T., Fujita, K., Ito, H., Nishida, N., Nagatomo, A., Tanaka-Azuma, Y., and Katakura, Y. (2016) Pomegranate-Derived Polyphenols Reduce Reactive Oxygen Species Production via SIRT3-Mediated SOD2 Activation, Oxid. Med. Cell Longev., 2016 Article ID 2927131, 9 pages.
6. Ishimata, N., Ito, H., Tai, A. (2016) Structure–activity relationships of vanillic acid ester analogs in inhibitory effect of antigen-mediated degranulation in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells, Bioorg. Med. Chem. Lett., 26 3533-3536.
7. Morita, A., Tai, A., Ito, H., Ganeko, N., and Aizawa, S-I. (2016) Proanthocyanidins in an astringent persimmon inhibit Salmonella pathogenicity island 1 (SPI1) secretion, J. Sci. Food Agric., 96 (5) 1798-1802.
8. Yagi, M., Mitsuhashi, R., Watanabe, A., Moritani, Y., Naito, J., Lanny, P., Ito, H., Nagatomo, A., Nishida, N., Yonei, Y. (2015) Cleaving effect of pomegranate (Punica granatum) extract on crosslink derived from advanced glycation endproducts, Glycative Stress Res., 2 (2), 58-66.
9. Takahashi, Y., Otsuki, A., Mori, Y., Kawakami, Y., and Ito, H. (2015) Inhibition of leukocyte-type 12-lipoxygenase by guava tea leaves prevents development of atherosclerosis, Food Chem., 186, 2-5.

[総説,著書]
1. 伊東秀之 (2016) エラジタンニンの生体内挙動とその代謝産物の機能性,ポリフェノール:機能性成分研究開発の最新動向,Polyphenols : New Trends of Studies and Developments on Functional Constituents in Plants,監修:波多野力,下田博司,シーエムシー出版,37-44.
2. 伊東秀之 (2014) 加水分解性ポリフェノール,エラジタンニンの生体内代謝産物とその機能,バイオサイエンスとインダストリー,72 (2), 123-124.

[国際学会発表]

1. Ami Ide, Kengo Kuroda, Miwa Hayashi, Kazuki Saito, Takahiro Iwaya, Norihisa Nishida, Mamiko Kohno, Hideyuki Ito, Emiko Isogai, Anti-cancer and anti-microbial activities of ellagitannin oligomers from Punica granatum, 21th World Congress on Advances in Oncology and 19th International Symposium on Molecular Medicine, 6-8 October 2016, Athens, Greece.
2. Hideyuki Ito, Polyphenols of walnuts and their antioxidant activities (Plenary lecture), The 10th Joint Conference on Nutrition and Food Science, 8 October, 2016, Daejeon, Korea.
3. Nana Kato, Satoko Kawabe, Natsuki Ganeko, and Hideyuki Ito, Polyphenols from flowers of Magnolia coco and their anti-aging activities, The 10th Joint Conference on Nutrition and Food Science, 8 October, 2016, Daejeon, Korea.
4. Saki Watanabe, Natsuki Ganeko, and Hideyuki Ito, Proanthocyanidin in skins of red-kerneled rice, The 10th Joint Conference on Nutrition and Food Science, 8 October, 2016, Daejeon, Korea.
5. Yurie Ito, Natsuki Ganeko, and Hideyuki Ito, Simultaneous quantification of polyphenols in Geranium thunbergii by quantitative NMR method, The 10th Joint Conference on Nutrition and Food Science, 8 October, 2016, Daejeon, Korea.
6. Nana Kato, Satoko Kawabe, Natsuki Ganeko and Hideyuki Ito, Polyphenols from flowers of Magnolia coco and their inhibitory effects on the formation of advanced glycation end products (AGEs), The 7th International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2015), 27-30 October, 2015, Tours, France.
7. Natsuki Ganeko and Hideyuki Ito, Polyphenols in skins of red-kerneled rice and their inhibition of advanced glycation end products (AGEs) formation, The 7th International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2015), 27-30 October, 2015, Tours, France.
8. Satoko Kawabe, Iria Akai, Nana Kato, Natsuki Ganeko and Hideyuki Ito, Inhibitory effect of the leaf extract of pomegranate on postprandial glucose level in mice, The 7th International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2015), 27-30 October, 2015, Tours, France.
最終更新日 2017.09.20