高橋 吉孝   Yoshitaka TAKAHASHI

講座・コース 基礎栄養学講座 Yoshitaka TAKAHASHI
役職 教授
生年月 1961年08月生
自室番号 6208
Email ytaka**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 徳島大学医学部医学科(1986年3月)
徳島大学大学院医学研究科(博)(1991年3月)
学位 医学博士(徳島大学 1991年3月)Two immunologically and catalytically distinct arachidonate 12-lipoxygenases in bovine platelets and leukocytes
資格・免許 医師(1986年5月)
着任年月 2004年04月
職歴 徳島大学医学部助手(1991年4月~1993年3月)
米国バンデルビルト大学医学部生化学教室研究員(1993年4月~1995年6月)
金沢大学医学部助手(1995年6月~2001年3月)
金沢大学大学院医学系研究科助手(2001年4月~2003年12月)
金沢大学大学院医学系研究科講師(2004年1月~2004年3月)
専門分野 生化学,分子生物学
所属学協会 日本生化学会,日本栄養・食糧学会,日本脂質生化学会
現在の研究テーマ 必須不飽和脂肪酸であるアラキドン酸の代謝酵素ならびにそこから生成される生理活性脂質の病態生理学的研究
主要担当科目
 学部 応用栄養生理学, 病態栄養学, 薬理学, 代謝生化学, 解剖生理学実験Ⅰ, 臨床栄養学実験
 大学院 病態栄養学特論Ⅰ, 基礎栄養学特別研究, 脂質分子病態科学特別講義, 栄養学特別研究
相談・共同研究可能
なテーマ
抗動脈硬化,抗炎症,抗アレルギー作用のある機能性食品の共同開発
研究概要 【1】アラキドン酸代謝酵素をターゲットとする生活習慣病予防のための機能性食品の開発に向けた基礎的研究
アラキドン酸から脂質メディエーターを合成する酵素であるシクロオキシゲナーゼやリポキシゲナーゼを阻害することにより,動脈硬化や癌,炎症,アレルギー性喘息などをはじめとする生活習慣病の予防を目指す基礎的研究を行っている.特に,グアバ葉に含まれるポリフェノールの中に動脈硬化の原因酵素である12-リポキシゲナーゼを効率よく阻害する成分を見出したため,その構造解析と動脈硬化への有効性を検証している.
【2】炎症性メディエーターに対するモノクローナル抗体の構造機能連関の解析
プロスタグランジン,トロンボキサンやロイコトリエンに対するモノクローナル抗体産生ハイブリドーマからモノクローナル抗体をコードするcDNAをクローニングしてそのアミノ酸全一次構造を明らかにし,精製抗体の結晶化を行い,さらに単鎖抗体として発現させ,部位特異的変異を導入して構造機能連関を解析するとともに,抗体創薬を目指す実験を進行中である.
社会における活動 1. 日本生化学会評議員(2005~)
2. 日本脂質生化学会幹事(2009~)
3.公益財団法人ウエスコ学術振興財団 評議員(2017~)
受賞 日本ビタミン学会奨励賞(1995.6)
研究業績 [学術論文]
1.Yoshimura Y, Araki A, Maruta H, Takahashi Y, Yamashita H. 2017 Molecular cloning of rat acss3 and characterization of mammalian propionyl-CoA synthetase in the liver mitochondrial matrix. J Biochem. (Tokyo) 161(3): 279-289.
2.Kawakami Y, Kinoshita M, Mori Y, Okochi S, Hirano S, Shimoda I, Kanzaki K, Suzuki-Yamamoto T, Kimoto M, Sugahara M, Hori T, Saino H, Miyano Masashi, Yamamoto S, Takahashi Y. 2017 The Y54(L)W mutation of anti-leukotriene C4 single-chain antibody increases affinity to leukotriene E4. J Biochem. (Tokyo) 161(1):79-86.
3.Maruta H, Yoshimura Y, Araki A, Kimoto M, Takahashi Y, Yamashita H. 2016 Activation of AMP-activated Protein Kinase and Stimulation of Energy Metabolism by Acetic Acid in L6 Myotube Cells. PLOS ONE. 11(6): e0158055.
4.Aoyama-Sasabe S, Fukushima M, Xin X, Taniguchi A, Nakai Y, Mitsui R, Takahashi Y, Tsuji H, Yabe D, Yasuda K, Kurose T, Inagaki N, Seino Y. 2016 Insulin secretory defect and insulin resistance in isolated impaired fasting glucose and isolated impaired glucose tolerance. J Diabetes Res. in press.
5.  Takahashi Y, Otsuki A, Mori Y, Kawakami Y, Ito H. 2015 Inhibition of leukocyte-type 12-lipoxygenase by guava tea leaves prevents development of atherosclerosis. . Food Chem. 186:2-5.
6.  Suzuki-Yamamoto T, Tanaka S, Tsukayama I, Takafuji M, Hanada T, Arakawa T, Kawakami Y, Kimoto M, TakahashiY. 2014 Dioscorea japonica extract down-regulates prostaglandin E2 synthetic pathway and induces apoptosis in lung cancer cells. J Clin Biochem Nutr. 55(3):162-167.
7. Kawakami Y, Hirano S, Kinoshita M, Otsuki A, Suzuki-Yamamoto T; Suzuki M, Kimoto M, Sasabe S, Fukushima M, Kishimoto K, Izumi T, Oga T, Narumiya S, Sugahara M, Miyano M, Yamamoto S, Takahashi Y. 2014 Neutralization of leukotriene C4 and D4 activity by monoclonal and single-chain antibodies. Biochim Biophys Acta. 1840(6): 1625-1633.

[国際会議招待講演]
1.  Yoshitaka Takahashi, Akemi Otsuki, Yoshiko Mori, Syuji Okoti, Yuki Kawakami, Ding Zhi Fang, and Hideyuki Ito (2015):Leukocyte-type 12-lipoxygenase, a target for prevention of atherosclerosis. International Symposium on Phytochemicals in Medicine and Food, Shanghai, China


最終更新日 2017.09.21