津田 勢太   Seita TSUDA

講座・コース 建築・都市デザイン領域 Seita TSUDA
役職 准教授
生年月 非公開
自室番号 5121
Email tsuda**dgn.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 京都大学工学部建築学科卒業
京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了
広島大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了
学位 博士(工学)
資格・免許 一級建築士,構造設計一級建築士
着任年月 2010年04月
職歴 株式会社 日建設計
津田勢太構造設計事務所
専門分野 建築構造学
所属学協会 日本建築学会, IASS(国際シェル空間構造学会)
現在の研究テーマ 展開型構造に関する研究,空間構造物の振動制御に関する研究
主要担当科目
 学部 建築一般構造, 構造力学Ⅰ, 構造力学Ⅱ, 建築構造計画, 建築材料演習, デザインドローイングⅠ, モデリング演習Ⅱ, 建築設計Ⅱ, 卒業研究, 建築・都市デザインゼミナール
 大学院 構造デザイン学特論 <空間意匠学特論Ⅱ>, 建築デザイン学ゼミナール, デザイン工学特別演習, デザイン工学特別研究, デザイン工学総合演習Ⅰ
研究概要 【1】展開型(形態変化型)建築構造物に関する研究 : 小規模の空間構造を主な対象として,使用用途や環境に応じて形態を変化させる可動建築構造物や移動設置可能な展開構造物に関する研究を行っている.

【2】空間構造物の耐震性能評価と性能向上に関する研究 : 学校体育館等の空間構造物は、地震後に避難施設としても利用されることから,一般建築物とは異なる耐震性能が求められる.また,地震時の挙動も一般的な重層構造物とは異なる.空間構造物に生じる振動を有効に低減するための制振手法についての研究を行っている.
社会における活動 ・岡山県建築物耐震診断等評価委員会・委員(2011-)
・岡山県建築住宅センター 構造計算適合性判定専門委員(2014-)
研究業績 [学術論文]
M. Ohsaki, S. Tsuda, Y. Miyazu, Design of linkage mechanisms of partially rigid frames using limit analysis with quadratic yield functions, International Journal of Solids and Structures, Vol. 88–89, pp. 68–78, 2016.

Y. Miyazu, M. Ohsaki, S. Tsuda, Topology optimization of supporting structure for seismic response reduction of an arch, Science China Technological Sciences, DOI: 10.1007/s11431-016-6028-z, in Press.

M. Ohsaki, Y. Kanno, S. Tsuda, Linear programming approach to design of spatial link mechanism with partially rigid joints, Structural and Multidisciplinary Optimization, Vol. 50, pp. 945–956, 2014.

M. Ohsaki, S. Tsuda, H. Watanabe, Optimization of retractable structures utilizing bistable compliant mechanism, Engineering Structures, Vol. 56, pp. 910–918, 2013.

津田勢太,大崎 純,菊川翔平,寒野善博,部分剛接合骨組の安定性評価とメカニズムの解析,日本建築学会構造系論文集第686号,pp. 791-798,2013.

津田勢太,大崎 純,空間構造物の2方向応答制御のためのコンプライアントメカニズムで構成されたマスダンパーのパラメータ最適化,日本建築学会構造系論文集第673号,pp. 379-387,2012.

S. Morooka, S. Tsuda and M. Ohsaki, Seismic performance evaluation of school gymnasium using static analysis, J. Korean Assoc. Spatial Struct., Vol. 9(4), pp. 49–59, 2009.

[国際会議論文]
S. Tsuda, Y. Nakahara, M. Ohsaki, Deployable bar structure with partially rigid connections developed from origami, Proc. IASS symposium 2015, Amsterdam, Paper No. 500881, 2015.

M. Ohsaki, Y. Miyazu, S. Tomoda, S. Tsuda, Design of deployable structures using limit analysis of partially rigid frames with quadratic yield functions, Proc. IASS symposium 2015, Amsterdam, Paper No. 498683, 2015.

T. Hasegawa, M. Ohsaki, S. Tsuda, Parameter optimization of three-directional tuned mass damper for seismic response control, Proc. 8th China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM8), Gyeongju, Korea, Paper No. 0058, 2014.

S. Tsuda, M. Ohsaki, Y. Kanno, Analysis and design of deployable frames with partially rigid connections, Proc. IASS symposium 2013, Wroclaw, Poland, Paper No. 1206, 2013.

M. Ohsaki, S. Tsuda, N. Sugiyama, Parameter optimization of geometrically nonlinear tuned mass damper for multi-directional seismic vibration control, Proc. 13th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction (EASEC13), Sapporo, Japan, Paper No. A-1-1, 2013.

M. Ohsaki, Y. Kanno, S. Tsuda, Linear programming approach to design of link mechanisms of partially rigid frames, Proc. 10th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO-10), Orlando, Paper No. 5137, 2013.

S. Tsuda, M. Ohsaki, Bi-directional seismic vibration control of spatial structures using passive mass damper consisting of compliant mechanism, Proc. IASS-APCS Syposium 2012, Seoul, Paper No. 109, 2012.

[口頭発表(H27年度)]
中原嘉之,津田勢太,大崎 純:剛体パネルが取り付け可能な展開型骨組構造の開発(その1),日本建築学会中国支部研究報告集,第39巻(CD-ROM),Paper No. 204,2016.3.

津田勢太,中原嘉之,大崎 純:剛体パネルが取り付け可能な展開型骨組構造の開発(その2),日本建築学会中国支部研究報告集,第39巻(CD-ROM),Paper No. 204,2016.3.

大崎 純,宮津裕次,津田勢太,友田晴次:極限解析による任意方向ヒンジを有する部分剛接合骨組の形態変化機構設計法,日本建築学会第38回情報・システム・利用・技術シンポジウム, Paper-No. H58(CD-ROM),2015.12.

中原嘉之,津田勢太,大崎 純:折紙の展開構造を利用した部分剛接合骨組による展開構造開発,日本デザイン学会第62回研究発表大会概要集2015, pp. 168–169, 2015.6.

M. Ohsaki, O. Iwatsuki, Y. Miyazu, S. Tsuda, Optimization of flexible supports for seismic response reduction of long-span structures, Proc. 11th World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO11), Sydney, Paper No. 1040, 2015.6
最終更新日 2016.05.24