濱田 泰一   Yasukazu HAMADA

講座・コース インテリジェントシステム学 Yasukazu HAMADA
役職 教授
生年月 非公開
自室番号 2104
Email hamada**ss.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 東京大学大学院医学系研究科第3種博士課程第1基礎医学専攻(博)(1992年3月)
学位 博士(医学)(東京大学 1992年3月)
資格・免許 医師免許
着任年月 2006年09月
専門分野 脳科学、認知神経科学
現在の研究テーマ 感覚・知覚・認知に関わる脳活動計測あるいは(及び)心理量(心理物理量など)の測定
主要担当科目
 学部 電気回路Ⅰ <電気回路>, 生体計測, 生体工学
 大学院 脳情報処理システム, 認知神経科学
研究概要 【1】1988年から、腎における尿濃縮過程の数値計算による解析をおこない、生理学的妥当性を検討した。
1. Y. HAMADA, M. IMAI, T. AOKI, R. SUZUKI and
A. KAMIYA: Simulation of the profile of water, NaCl and urea transport in the countercurrent-multipication system between thin ascendinglimb and inner medullary
collecting duct. Tohoku J. Exp. Med., Vol. 168, pp. 47-62
(1992)
2. Y. HAMADA, J. TANIGUCHI and M, IMAI: Optimal transport parameters of the innermedullary collecting duct in interraction between urine concentrating and urea excreting mechanisms: A computer simulation study. Nephron, Vol. 74, pp. 600-606 (1996)
【2】1992年頃から, ネコやラットを用いた電気生理学的実験により、眼球運動や髭の前後への運動(whiskering)などの運動発現及び複数の感覚モダリティの感覚統合に関わる神経細胞活動の計測・解析をおこなった。
1. Y. HAMADA, Y. TAMAI, E. MIYASHITA and A. KIMURA: Evaluation of the functional connectivity in the nervous system using the time dependent scatter diagrams. Brain Res., Vol. 660, pp. 209-215 (1994)
2. A.KIMURA, Y. HAMADA, Y. KAWAI and Y. TAMAI: Sensory response properties of cortical neurons in the anteiorectosylvian sulcus of cats: intracellular recording and labeling. Neurosci. Res., Vol. 6, pp. 357-367 (1996)
3. Y. HAMADA, E. MIYASHITA and H. TANAKA:
Gamma-band oscillation in the “barrel cortex” preceding rat's exploratory whisking. Neuroscience, Vol. 88, pp. 667-671 (1999)
【3】1998年から,神経細胞に流れる電流により生成される微弱な磁場をSQUIDにより非侵襲的に計測することで、ヒトの体性感覚情報処理や注意に関わる脳活動の解析をおこなった。
1. Y. HAMADA, T. NOZAWA, H. KADO and R. SUZUKI Different laterality between the thumb and index finger in human SII activities. NeuroReport, Vol. 11, pp. 3603-3606 (2000)
2. Y. HAMADA, H. KADO and R. SUZUKI: The temporal profile of interactions between sensory information from both hands in the secondary somatosensory cortex.. Clin. Neurophysiol., Vol. 112, pp. 1326-1333 (2001)
3. Y. HAMADA, S. OTSUKA, T. OKAMOTO and R. SUZUKI: The profile of the recovery cycle in human primary and secondary somatosensory cortex:
a magnetoencephalography study. Clin. Neurophysiol., Vol. 113, pp.1787-1793 (2002)
4. Y. HAMADA, H. OKITA and R. SUZUKI: Effect of interstimulus interval on attentional modulation of cortical activities in human somatosensory areas. Clin. Neurophysiol., Vol.114, 548-555 (2003)
5. Y. HAMADA, K. SUGINO, H. KADO and R. SUZUKI Magnetic fields in the human hippocampal area evoked by a somatosensory “oddball” task. Hippocampus, vol.14,426-433 (2004)
6. Y. HAMADA and R. SUUZKI: Hand posture modulates cortical finger representation in SII. Neuroimgage, Vol. 25, 708-717 (2005)

受賞 福田記念医療技術振興財団 優秀論文賞
青木隆夫、田中 博、平柳 要、濱田泰一、古川俊之 論文名:心電図逆問題解法の空間分解能の実験的検討、心電図、10(4), pp435-444, 1990

日本スポーツ歯科医学会学術論文賞
Ishida R, Iwagami Y, Hamachi T, Watanabe Y, Wada T, Taniguchi Y, Nielsen M, Takizawa O, Goto TK, Hamada Y, Fujita S
最終更新日 2016.05.31