犬飼 義秀   Yoshihide INUKAI

講座・コース 「スポーツ・ヒューマンダイナミクス講座・スポーツ行動学分野」 Yoshihide INUKAI
役職 教授
生年月 1952年11月生
自室番号 5215
Email inukai**ss.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 島根大学教育学部特別教科(保健体育)課程(1975年3月)
島根大学教育学部教育専攻科(1976年3月)
筑波大学大学院体育学研究科体育方法学専攻(修)(1978年3月)
学位 修士(体育学)(筑波大学 1978年3月)
博士(医学) (岡山大学 2006年3月) Assessment of Total and Segmental Body Composition in Spinal Cord-Injured Athletes in Okayama Prefecture of Japan
資格・免許 中学校教諭一級免許状(保健体育), 高等学校教諭専修免許状(保健体育)
着任年月 2007年04月
職歴 岡山県立大学短期大学部教授(2001年4月~2007年3月)
専門分野 スポーツ社会学,地域スポーツ振興
所属学協会 日本体育学会,日本体力医学会,日本スポーツ産業学会
現在の研究テーマ 高齢者の健康・体力づくり,地域スポーツの振興に関する調査研究
主要担当科目
 学部 スポーツ行動学, 健康運動プログラム設計, スポーツ人間学, 生活維持・活性論, スポーツⅠ(デザイン工学科), スポーツⅡ(保健福祉学科), スポーツ人間学
 大学院 スポーツ行動学, 地域健康推進特論, スポーツ行動学
相談・共同研究可能
なテーマ
高齢者の健康・体力づくり
研究概要 高齢者が自立した生活を持続するための主たる要因である心身機能に着目し、運動介入による身体形態・身体機能の変化から体力の保持増進や生活面への効果について検討を進めている。特に、転倒予防のための運動プログラムの開発と効果の検証について行っている。
社会における活動 1.岡山県スポーツ指導者協議会副会長(2008~)
2.赤磐市スポーツ推進委員(1995~)
研究業績 [口頭発表]
1)「身体機能の向上を鑑みた日常身体活動の“質”の新たな客観的評価法の提案 」,第22回日本未病システム学会,2015年10月
2)「高齢者マスターズ陸上競技選手の種目別四肢筋量 」,第75回日本体力医学会中・四国地方会,2015年6月
3)「ウォーキングバイシクルの健康づくりのための運動機器としての妥当性」,第17回日本健康支援学会,2016年2月
最終更新日 2016.05.30