渡辺 富夫   Tomio WATANABE

講座・コース 知的インタフェースシステム工学講座 Tomio WATANABE
役職 教授
生年月 1955年11月生
自室番号 2403
Email watanabe**cse.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 岡山大学工学部生産機械工学科(1978年3月)
東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻(博)(1983年3月)
学位 工学博士 東京大学,1983年3月,
マン・マシン・インタフェースにおける動作と音声の同期に関する研究
着任年月 1993年10月
職歴 山形大学工学部情報工学科助手(1983年4月~1984年7月)
山形大学工学部情報工学科講師(1984年8月~1989年2月)
山形大学工学部情報工学科助教授(1989年3月~1993年9月)(電子情報工学科に改組)
米国ブラウン大学客員研究員(1992年3月~1993年3月)
岡山県立大学情報工学部情報システム工学科教授(1993年10月~現在)
岡山県立大学情報工学部 学部長・研究科長(2009年4月~2011年3月)
岡山県立大学理事(産学官連携担当)・地域共同研究機構長(2014年4月~2017年3月)
岡山県立大学副学長(2016年4月~2017年3月)
岡山県立大学附属図書館長(2017年4月~現在)
専門分野 ヒューマンインタフェース
所属学協会 日本機械学会,ヒューマンインタフェース学会,情報処理学会,計測自動制御学会,日本バーチャルリアリティ学会,日本子ども学会,日本赤ちゃん学会,共創学会,IEEE
現在の研究テーマ 心が通う身体的コミュニケーションシステムE-COSMIC,人を引き込む身体性メディア場の生成・制御技術
主要担当科目
 学部 信号処理, 生体情報工学, ヒューマンインタフェース, ヒューマンコミュニケーション, 企業の組織と活動
 大学院 ヒューマンインタフェース特論, ヒューマンインタラクション
相談・共同研究可能
なテーマ
身体的インタラクション・コミュニケーション技術
研究概要 うなずきや身振りなどの身体的引き込みをロボットやCGキャラクタのメディアに導入することで一体感が実感できる身体的コミュニケーション技術と、メディア場にはたらきかけることで場を盛り上げる身体性メディア場の生成・制御技術を研究開発している。本技術は、人とのインタラクション・コミュニケーションの解析理解と創出支援技術であり、高度メディア社会、超高齢社会の生活情報技術である。とくに音声から豊かなコミュニケーション動作を自動生成するiRT技術は、人とかかわるロボット・玩具、メディアコンテンツ、e-Learningやゲームソフト等に導入・実用化されており、教育・福祉・エンタテインメントなど広範囲な応用が容易に可能である。
社会における活動 1. IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication Standing Steering Committee member (2004~)
2. ヒューマンインタフェース学会会長(2006~2007), 副会長 (2004~2005), 理事 (1999~2002), 監事 (2008~2009, 2013~2014), 評議員 (2003, 2010~2012, 2015~)
3. 日本機械学会フェロー (2007.3), 同評議員 (2010), 同代表会員 (2014~2015), 設計工学・システム部門運営委員(1996~), 同副部門長(2014), 同部門長(2015), 同表彰委員長(2016), Journal of Advanced Mechanical Design, System, and Manufacturing編集委員長(2009~2014)
4. 日本赤ちゃん学会常任理事 (2001~2012), 同理事(2013~)
5. 日本子ども学会常任理事 (2009~)
6. 日本ロボット学会評議員 (2009~2010)
7. 中山科学振興財団評議員 (2003~2012)
8. 岡山工学振興会評議委員 (2012~) 等
受賞 1. IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (IEEE RO-MAN), The Best Paper Award (1998. 10), (2003.11), (2012.9) 3回
2. IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (IEEE RO-MAN), KAZUO TANIE AWARD, Best Interactive Presentation Award (2015.9)
3. ヒューマンインタフェース学会論文賞 (2001.3), (2002.3), (2004.3), (2005.3) 4回
4. 日本機械学会設計工学・システム部門業績賞 (2009.10)
5. 岡山県文化奨励賞 (2015.2) 等
研究業績 -外部資金-
1. 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業 (JST CREST)「人を引き込む身体性メディア場の生成・制御技術」 (代表, 2006~2011)
2. JST CREST「心が通う身体的コミュニケーションシステムE-COSMIC」 (代表, 2000~2004)
3. 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) 次世代ロボット実用化プロジェクト (プロトタイプ開発支援事業) (代表, 2004~2005)
4. 科学研究費 (基盤(B), 代表, 2001~2004)
5. 科学研究費 (基盤(B), 代表, 2005~2008)
6. 科学研究費 (特定領域 (情報爆発), 代表, 2007~2010)
7. 科学研究費 (基盤(B), 代表, 2010~2013)
8. 科学研究費 (新学術領域(人ロボット共生学), 代表, 2012~2013)
9.  科学研究費 (基盤(B), 代表, 2014~現在)


平成28年度

-学術論文-

・西田麻希子、太田 靖宏、渡辺富夫、石井裕:発話内単語の感情極性に基づき反応動作を行う身体的引き込みキャラクタシステム,日本機械学会論文集,Vol.83,No.846,Paper No.16-00148, pp.1-14, 2017-2, [DOI: 10.1299/transjsme.16-00148].

・山田貴志、足立顕三郎、渡辺富夫:力の分解・合成学習のための上肢外骨格型ロボットシステム教材の開発,日本産業技術教育学会誌,Vol.58, No.4, pp.205-214, 2016-12.

・青柳西蔵、山本倫也、渡辺富夫:CGキャラクタによるごっこ遊びを取り入れた実空間共有型グループコミュニケーションシステム,情報処理学会論文誌,Vol.57, No.12, pp.2859-2869, 2016-12.

・Yoshihiro Sejima, Tomio Watanabe and Mitsuru Jindai: Estimation Model of Interaction-activated Communication based on the Heat Conduction Equation, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing Vol.10, No.9, Paper No.15-00548, pp.1-11, 2016-11, [DOI: 10.1299/jamdsm.2016jamdsm0103].

・瀬島吉裕、小野光貴、渡辺富夫:場の盛り上がり推定モデルを用いた視線インタラクションを支援する音声駆動型身体引き込みキャラクタシステム,日本機械学会論文集,Vol.82, No.842, Paper No.16-00114, pp.1-12, 2016-10, [DOI: 10.1299/transjsme.16-00114].

・石井裕、江崎敬三、渡辺富夫:アバタを介したコミュニケーションを支援する身体的引き込みアバタ影システム,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.18,No.3,pp.246-259, 2016-8.

・Yoshihiro Sejima, Yoichiro Sato, Tomio Watanabe and Mitsuru Jindai: Speech-driven Embodied Entrainment Character System with Pupillary Response, Bulletin of the JSME Mechanical Engineering Journal, Vol.3, No.4, Paper No.15-00314, pp.1-11, 2016-7, [DOI: 10.1299/mej.15-00314].

・高林範子、山本真代、小野光貴、渡辺富夫、石井裕:アバタに微笑みと眼球モデルを付加した看護コミュニケーション教育支援システム,人間工学,Vol.52, No.3, pp.112-123, 2016-6.

・Mitsuru Jindai, Kazuaki Nakamura and Tomio Watanabe: A Nodding Detection System based on the Active Appearance Model, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.10, No.2, pp.1-9, 2016-4, [DOI: 10.1299/jamdsm.2016jamdsm0021].


-国際会議論文-

・Takashi Yamada and Tomio Watanabe: Development of Grip Strength Measuring Systems for Infants, Proc. of the 2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.138-143, 2016-12.

・Shoichi Egawa, Yoshihiro Sejima, Yoichiro Sato and Tomio Watanabe: A Laughing-driven Pupil Response System for Inducing Empathy, Proc. of the 2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.520-525, 2016-12.

・Yutaka Ishii, Tomio Watanabe and Yoshihiro Sejima: Development of an Embodied Avatar System using Avatar-Shadow’s Color Expressions with an Interaction-activated Communication Model, Proc. of the 4th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2016), pp.337-340, 2016-10.

・Yoshihiro Sejima, Shoichi Egawa, Yoichiro Sato and Tomio Watanabe: Pupiloid: A Pupil Response Robot for Emotional Expression in Voice Communication, Proc. of the 25th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (IEEE RO-MAN2016), pp.429-430, 2016-8.

・Teruaki Ito and Tomio Watanabe: Emotional Entrainment Enhancement Using an Active Display Interface, Advances in Affective and Pleasurable Design, Advances in Intelligent Systems and Computing 483, pp.563-569, 2016-7, [DOI: 10.1007/978-3-319-41661-8_55].

・Teruaki Ito and Tomio Watanabe: Motion Control Algorithm of ARM-COMS for Entrainment Enhancement, Springer International Publishing Switzerland 2016, HIMI 2016, Part I, LNCS 9734, pp. 339–346, 2016-7, [DOI: 10.1007/978-3-319-40349-6_32].


-国内会議論文-

・山田貴志、渡辺富夫:乳幼児用超小型圧縮ロードセル駆動型丸棒状握力計測システムの開発,2017年電子情報通信学会総合大会,基礎・境界/NOLTA講演論文集,p.251, 2017-3.

・江川翔一、瀬島吉裕、佐藤洋一郎、渡辺富夫: 発話呼気に同期する瞳孔反応生成モデルの提案,2017年電子情報通信学会総合大会,情報・システムソサイエティ特別企画,学生ポスターセッション予稿集,p.220, 2017-3.

・田中一也、渡辺富夫、石井裕:全観客キャラクタが講演者発話にうなずく没入型講演体験システムの開発,情報処理学会第79回全国大会講演論文集(4),pp.187-188, 2017-3.

・池田香織、石井裕、渡辺富夫:手振りで意図表出を行う手振りハンドロボットの開発,情報処理学会第79回全国大会講演論文集(4),pp.253-254, 2017-3.

・服部憲治、岩佐厚郎、渡辺富夫、石井裕:タイピング駆動型身体引き込みキャラクタシステムにおけるテキストおよび情動表現同期表示手法の開発,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.16, No.436, pp.89-90, 2017-1.

2016年
・岸本祐典、渡辺富夫、石井裕:顔認識機能を有する音声駆動型身体的インタラクションロボット KAMEの開発,第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016)論文集, pp.2446-2448, 2016-12.

・岩佐厚郎、服部憲治、渡辺富夫、石井裕:タイピング駆動型身体的引き込みキャラクタチャットシステムにおける情動表現提示タイミングの評価,HAIシンポジウム2016,G-1, pp.1-6, 2016-12.

・今枝悠真、辻智啓、渡辺富夫、石井裕:音声駆動型身体的引き込みチェアシステムを用いた動画視聴におけるうなずき反応の体感提示タイミングの評価,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.18, No.8, pp.9-12, 2016-11.

・松島正典、廣中達也、石井裕、渡辺富夫:うなずきに相槌の音声を伴う音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムの開発,第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp.182-184, 2016-11.

・江川翔一、瀬島吉裕、岡本大地、佐藤洋一郎、渡辺富夫:複数の瞳孔反応インタフェースを用いたプレゼンテーション支援システムの開発,第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp.398-401, 2016-11.

・江川翔一、瀬島吉裕、佐藤洋一郎、渡辺富夫:笑い反応による共感誘発のための瞳孔反応システムの評価,日本機械学会第26回設計工学・システム部門講演会論文集, No.3102, pp.1-8, 2016-10.

・伊藤照明、川上祐輝、渡辺富夫:ロボットアームを用いたハンドジェスチャ追随動作の実装と評価研究,日本機械学会第 26 回設計工学・システム部門講演会論文集,No.3103, pp.1-8, 2016-10.

・渡辺富夫:幸せをはこぶテクノロジ-人が幸せになるのを支援する身体的引き込みメディア技術-,日本機械学会 2016年度年次大会講演論文集,K12100,p.1,2016-9,基調講演.

・瀬島吉裕、太田俊介、江川翔一、佐藤洋一郎、渡辺富夫:発話音声に基づく投影型瞳孔反応ディスプレイの開発,日本機械学会 2016年度年次大会講演論文集, S1210104, pp.1-3, 2016-9.

・伊藤照明、川上祐輝、渡辺富夫:ARM-COMS用ロボットアームの動作検証,日本機械学会 2016年度年次大会講演論文集, S1210105, p.1, 2016-9.

・池田香織、石井裕、渡辺富夫:対面時の手振り動作計測に基づく3Dハンドキャラクタの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016 DVD論文集,pp.241-244, 2016-9.

・田中一也、渡辺富夫、石井裕:音声駆動型身体引き込み観客キャラクタを用いた没入できる講演体験システムの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016 DVD論文集,pp.187-190, 2016-9.

・岸本祐典、渡辺富夫、石井裕:音声駆動型身体的インタラクションロボットKAMEの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,No.16-2, 2P1-11b4, pp.1-4, 2016-6.

・瀬島吉裕、江川翔一、岡本大地、佐藤洋一郎、渡辺富夫:Pupiloid: 情動表現のための瞳孔反応ロボットの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,No.16-2, 2P1-12a2, pp.1-2, 2016-6.

・ 江川翔一、瀬島吉裕、岡本大地、佐藤洋一郎、渡辺富夫:笑い表現による共感を誘発する瞳孔反応システムの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,No.16-2, 2P1-11b5, pp.1-2, 2016-6.
最終更新日 2017.09.28