高橋 幸子   Sachiko TAKAHASHI

講座・コース 全学教育研究機構兼務 Sachiko TAKAHASHI
役職 教授
生年月 非公開
自室番号 6307
Email takahashi_s**fhw.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学位 学士(文学)
修士(教育学)
M.Ed(教育学)
Ed.D.(教育学)
着任年月 2015年09月
専門分野 応用言語学・英語教育学
現在の研究テーマ 第二言語学習におけるメタ認知ストラテジーの使用・ヒューマンケアに必要なコミュニケーション能力育成
主要担当科目
 学部 English Language Program1<基礎英語Ⅰ>, English Language Program2<英会話Ⅰ>, English Language Program3<基礎英語Ⅱ>, English Language Program4<英会話Ⅱ>, 中級英語Ⅰ, 中級英語Ⅱ
 大学院 国際コミュニケーション特論
研究概要 主に、第二言語習得(母語以外の言語の習得)のプロセスを探る研究をしています。母語獲得と第二言語習得の違いや、メタ認知ストラテジーが言語学習に及ぼす影響を測るものです。
研究成果から、教育現場における教育的な示唆を出していきます。
現在は、メタ認知ストラテジーを使って、学習能力を伸ばし、General Academic English から English for Specific Purposes に続く道を探しています。
研究業績 1. メタ認知ストラテジーは,大学生の英語リスニング力を伸ばすことができるだろうか? (2013) ノ-トルダム清心女子大学紀要, 外国語・外国文学編 37, 86-93.
2. 外国語活動を指導できる小学校教員の養成―教師としてのビリーフ形成の観点から― (2013) ノ-トルダム清心女子大学紀要,人間生活学・児童学・食品栄養学編 37, 59-75.
3. Japanese Grammar Guide. (2014) Any Questions? (pp.88-93). Nagoya, Perceptia Press.
4. Motivating university students to become global citizens: Exploring the ways and means. (2015) ノ-トルダム清心女子大学紀要, 外国語・外国文学編 39, 80-86.

(口頭発表)
1. <ポスターセッション> Teacher beliefs about elementary school English teaching in Japan. 2013年3月23日
TESOL 2013 International & English Language Expo. 於: Dallas, US.
2. What helps university learners sustain their motivation to study English? 2013年10月27日
11th Asia TEFL International Conference: English Across Asian Contexts, Opportunities and Challenges. 於:Ateneo de Manila University, Philippines.
3. The effects of meta-cognitive monitoring training on L2 proficiency. 2014年8月11日 AILA World Congress 2014. 於:Brisbane, Australia.
4. Exploring the ways of motivating university students to become global citizens. 2014年8月29日
12th Asia TEFL and 23rd MELTA International Conference 於:Kuching, Malaysia.
5. Do Japanese university students want to be global? : Exploring the ways and means. (単) 2015年8月14日.
FLEAT VI. 於:Harvard University, US.



最終更新日 2016.05.23