但馬 康宏   Yasuhiro TAJIMA

講座・コース 知能情報処理講座 Yasuhiro TAJIMA
役職 准教授
生年月 非公開
自室番号 2604
Email tajima**cse.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 2001年 電気通信大学大学院電気通信学研究科博士後期課程修了
学位 博士(工学)
着任年月 2009年07月
職歴 1996-1998年 石川島播磨重工業(株)ガスタービン事業部
2001-2009年 東京農工大学工学部情報工学科
専門分野 機械学習,理論計算機科学,自然言語処理
所属学協会 電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会,IEEE
現在の研究テーマ 計算学習理論,テキストマイニング,ゲーム情報学
主要担当科目
 学部 オブジェクト指向プログラミング, ソフトウェア演習Ⅰ, 情報技術の進展, ソフトウェア演習Ⅰ
 大学院 機械学習特論, 理論計算機科学特論
相談・共同研究可能
なテーマ
テキストマイニング、データマイニング、知能処理の応用
研究概要 【1】文法推論に関する研究
機械学習を理論的な考察から理解,発展させる研究分野は,計算学習理論と呼ばれている.その中でもとくに形式文法を自動的に獲得するアルゴリズムは,文法推論アルゴリズムと呼ばれている.形式文法の中でも基礎的なコンパイラ作成などで用いられる単純決定性文法(LL(1)型文法)について効率的に学習を行うアルゴリズムを示した.
さらに,線形文法に対する発展および確率的近似学習に対する発展を示した.
また,これらの内容を教示可能性(teachability)に関して発展させた.

【2】自然言語処理,テキストマイニングの研究
(1) レシピにおける知能処理
 近年普及の著しいレシピサイトにおいて,各メニューの栄養価を自動計算する手法を開発した.主食と副食のマッチングを行うアルゴリズムを開発し,評価コンテストに参加した.さらに,学校給食データの解析を行って栄養価と食品および献立の関連を調べた.
(2) 短文の書き手の感情理解
 「つぶやき」をウェブ上で共有するツールは,手軽な情報発信手段として流行し定着しつつある.そのような「つぶやき」の発信者の感情をデータから推定する技術を開発し,高い精度を得た.
(3) テキストの文脈理解
 話の流れを理解する手法として,テキストの状態遷移モデルによるモデリング手法を改良した.

【3】ゲームの思考アルゴリズムに関する研究
コンピュータ大貧民におけるアルゴリズムで以下の成果を得ている.
(1) ヒューリスティックによる強力なアルゴリズムの開発を行い,競技大会で好成績をおさめた.
(2) さらにディープラーニングと組み合わせたアルゴリズムを開発した.
(3) モンテカルロ法の応用において,相手のモデル化をより効率的に行う手法を組み込んだ手法を開発した.
社会における活動 情報処理学会 ゲーム情報学研究会幹事(2017.4-)
電子情報通信学会 英文論文誌 編集委員(2013.5-2017.5)
IEEE 広島支部理事(2017.4-)
学生ケータイあわーど2017顧問
研究業績 以下のページを参照のこと
http://ai.cse.oka-pu.ac.jp/t

1. 山肩洋子,難波英嗣,大須賀智子,原島純,但馬康宏,森信介,大山敬三,
料理レシピデータセットを用いた料理用語辞書の自動構築 ~フローグラフから得られる加工履歴に基づく食材名の分布類似度計算に関する検討~ ,
信学技報,食メディア研究会,vol.116, no.340, DE2016-23, pp.13--18, Dec. 2016.
2. 田頭幸三,但馬康宏,
コンピュータ大貧民におけるヒューリスティック戦略の実装と効果 ,
情報処理学会論文誌,vol.57, no.11, pp.2403--2413, Nov. 2016.
3. 上林和正,但馬康宏,菊井玄一郎,
コンピュータ大貧民プレイヤ作成支援用サーバの実装と評価 ,
第67回 電気・情報関連学会中国支部連合大会,発表番号:R16-25-15, Oct. 2016. (情報処理学会奨励賞受賞)
4. 大田観,但馬康宏,菊井玄一郎,
コンピュータ大貧民における場の流しやすさと席順の関係調査 ,
情報処理学会,ゲーム情報学研究会報告,vol.2016-GI-36, no.5, pp.1--7, Aug. 2016.
5. 但馬康宏,菊井玄一郎,
レシピの材料表における語の出現頻度とその特徴 ,
情報処理学会,数理モデル化と問題解決研究会報告,vol.2016-MPS-108, no.9, pp.1--3, Jul. 2016.
6. Yasuhiro TAJIMA, Kouzou TAGASHIRA, Genichiro KIKUI,
Heuristics for Daihinmin and their effectiveness ,
International Journal of Computer and Information Science, vol.17, no.2, pp.7--14, Jul. 2016.
(selected paper from ACIT2015)
7. 田頭幸三,但馬康宏,菊井玄一郎,
コンピュータ大貧民におけるモンテカルロ法プログラムとの対戦でのヒューリスティック要素の効果 ,
第14回情報科学技術フォーラムFIT2015, 発表番号F-016, 第二分冊, pp.311-312, Sep. 2015. (FIT奨励賞受賞)
8. Yasuhiro TAJIMA, Yoshihiro SUWA, Genichiro KIKUI, Rikako INOUE et al.
Recipe clustering based on Japanese Food Guide Spinning Top,
Proceedings of the 21st International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications PDPTA'15, pp.304--309, July 2015.
9. 田頭幸三,但馬康宏,菊井玄一郎,
大貧民プログラムにおけるヒューリスティック戦略の評価 ,
情報処理学会,ゲーム情報学研究会報告,vol.2015-GI-34, no.9,pp.1--6,Jul. 2015.
10. Yasuhiro TAJIMA, Genichiro KIKUI, Rikako INOUE et al.,
OPU at NTCIR-11 RecipeSearch: Japanese Recipe Pairing by Naive Bayes Estimation with Names of Ingredients,
Proceedings of the 11th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, pp.497--498, Dec. 2014.
11. 坂本成司,但馬康宏,菊井玄一郎,
レシピサイトの材料表における分量の抽出 ,
第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,発表番号:A-40,Nov. 2014.
12. 藤岡輝兆,但馬康宏,菊井玄一郎,
プログラムとのインターフェイスを持った量子将棋システムの開発 ,
第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,発表番号:B-40,Nov. 2014.
13. Yasuhiro TAJIMA and Genichiro KIKUI,
An example distribution for probabilistic query learning of simple deterministic languages,
Journal of Machine Learning Research, Workshop and Conference Proceedings, vol.34, pp.182--192, Sep. 2014. (The 12th International Conference on Grammatical Inference ICGI2014)
14. Yasuhiro TAJIMA and Genichiro KIKUI,
Emotion estimation of comments on web news by SVM and naive Bayes based classifiers,
Proceedings of the 2014 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications PDPTA'14, pp.189--194, July 2014.
最終更新日 2017.09.28