佐藤 洋一郎   Yoichiro SATO

講座・コース Yoichiro SATO
役職 教授
生年月 1959年08月生
自室番号 2406
Email sato**ss.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 岡山大学工学部電子工学科(1982年3月)
岡山大学大学院工学研究科電子工学専攻(修)(1984年3月)
学位 工学博士,大阪大学,1990年2月
メタステーブル動作にもとづく非同期式アービタの信頼性評価に関する研究
着任年月 1995年10月
職歴 株式会社東芝 ニューメディア事業推進部(1984年4月~1987年3月)
岡山大学工学部情報工学科(1989年4月~1995年9月)
専門分野 情報工学(計算機工学・画像工学)
所属学協会 電子情報通信学会,情報処理学会,映像情報メディア学会
現在の研究テーマ 大規模デジタルシステムの高性能化・高信頼化,画像処理の高速化・高信頼化
主要担当科目
 学部 計算機アーキテクチャ, 計算機工学入門, 微分方程式演習, 起業の条件, 計算機アーキテクチャ
 大学院 機能回路構成学特論, 自律分散協調システム学, 高信頼性システム
相談・共同研究可能
なテーマ
FPGAを用いたデジタルシステムの実装,画像処理の応用
研究概要 【1】1981年頃から競合処理回路の高信頼化法に関する研究に従事した.メタステーブル動作に基づく競合処理回路の誤動作軽減法およびその信頼性評価法に関する研究の主な成果は,以下の通りである.
1. Y. Sato et al.: A Method of Shortening Metastable Operation Duration Time by the Use of Feedback, Systems and Computers in Japan, Vol. 27, No. 10, pp. 23-32 (1996)
2. Y. Sato et al.: Systematic Reducing of Metastable Operations in CMOS D Flip-Flops, Systems and Com- puters in Japan, Vol. 31, No. 3, pp. 20-28 (2000)
【2】1994年から,マルチウィンドウシステムの高機能・高性能化に関する研究に従事した.
1. 佐藤他:マルチウィンドウ表示装置及びマルチウィンドウ管理方式,特願2005-078079
2. Y. Sato et al.: A Multi-Window System for Smooth Window Operations by the Combination of Drawing- Period Generation Method and Display-Period Gener- ation Method, Electronics and Communications in Japan, Vol.88,No.1,p12~p23 (2005)
【3】1998年頃から,ディジタル動画像の高速変換法に関する研究に従事した.
1. 佐藤他:長方形動画像のための1アフィン変換法,信学論(DI),J81-D-I,No. 1,pp. 11-20 (1998)
2. 尾崎他:射影変換における座標計算の高速化手法,信学論(DI),J88-D-I,No. 1,pp. 1-7 (2005)
【4】1998年頃から,超伝導論理回路の構成法に関する研究に従事した.
1. 佐藤他:競合処理用ジョセフソンフリップフロップの一構成法,信学論(DI),J82-D-I,No. 2,pp. 441-445 (1999)
2. Y. SATO et al. : Superconductive logic circuits constructed by the use of two thresholds of SQUID, Systems and Computers in Japan, Vol. 36, No. 2, pp. 42-50 (2005)
【5】2005年頃から,非同期式回路の高性能化及びその医用機器への応用に関する研究に従事している.
1. "A Ring Segmented Bus Architecture for Globally Asynchronous Locally Synchronous System," In International Conference on Electronics, Circuits and Systems Design (ICECSD 2009).
2. "心臓ペースメーカにおける制御機構の低消費電力化,"生体医工学,Vol.51,No.6,pp.366-373(2013).
3. "共有バス型大規模デジタルシステムを対象とした性能評価の高速化,"電気学会論文誌C,Vol.134,No.2,pp.312-319(2014).


社会における活動 1. 情報処理学会シニア査読委員(2007~現在)
2. 戦略的情報通信研究開発推進制度専門評価委員(2002~現在)
3. 解析シミュレーションネットOKAYAMA副会長(2012~2015)
3. 解析シミュレーションネットOKAYAMA画像解析等グループリーダー(2006~現在)
4. 半導体ネットおかやま 会員(2008~現在)
5. 金光学園高等学校SSH指導委員(2010~現在)
6. 岡山県立総社南高等学校評議員(2014~現在)
研究業績 [学術論文]
(1) 横川智教, 佐藤洋一郎, 有本和民, “検証およびテスト生成の自動化を指向したステートマシン図による Web ナビゲーションのモデル化,” 電気学会論文誌 C, vol. 136, no. 3, pp. 423–433, 2016-3.
(2) Y. Sejima, H. Takimoto, Y. Sato, K. Matsuda: Effect of Changes in Face Color on Emotion Perception in Color Vision Deficiency, Transactions of Japan Society of Kansei Engineering, Vol.15, No.1, pp.7-14, 2016-2.
(3) 近藤真史, 横川智教, 佐藤洋一郎, 有本和民, “GALS システムの設計最適化を目的とした性能評価ツール,” コンピュータソフトウェア, vol. 32, no. 4, pp. 115–130, 2015-12.
(4) 瀬島吉裕,山内仁,松井俊樹,佐藤洋一郎,高杉整二:地域協働による出前体育実験を利用したPBL教育の試み,工学教育,Vol.63, No.5, pp.122-127, 2015-9.
(5) 山内 仁,尾崎公一,佐藤洋一郎,福田忠生,小武内清貴,”エネルギ保存を考慮した画素値分布推定手法”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol.135,No.5,pp.545-552, 2015-5.
[国際会議]
(1) Y. Sejima, Y. Sato, T. Watanabe: Development of an Expressible Pupil Response Interface Using Hemispherical Displays; Proc. of the 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2015), pp.285-290, 2015-9, “KAZUO TANIE AWARD”(最優秀研究賞)受賞.
(2) Y. Sejima, Y. Sato, T. Watanabe, M. Jindai: Development of a Speech-Driven Embodied Entrainment Character System with Pupil Response; Proc. of the 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2015), HCII2015, Vol.5, LNCS 9173, pp.378-386, 2015-8.
(3) K. Arimoto, T. Yokogawa, and Y. Sato, “A Battery Operated Normally-off Computing Technique for Energy Efficient Sensor Node Applications,” in Proc. of the 12th Int’l SoC Design Conf. (ISOCC2015), 2015.
(4) T. Yokogawa, S. Amasaki, N. Igawa, Y. Sato, K. Arimoto, and H. Miyazaki, “Consistency Verification of State Machine Diagrams and Sequence Diagrams Using FDR,” in Proc. of the 41th Euromicro Conference series on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA2015), 2015.
最終更新日 2016.05.30