小松 弘明   Hiroaki KOMATSU

講座・コース ソフトウェアシステム工学講座 共通教育部兼務 Hiroaki KOMATSU
役職 教授
生年月 1957年01月生
自室番号 2101
Email komatsu**cse.oka-pu.ac.jp
※利用の際は,** を @に置き換えてください.
学歴 岡山大学理学部数学科(1979年3月卒業)
岡山大学大学院理学研究科修士課程数学専攻(1981年3月修了)
大阪市立大学大学院理学研究科後期博士課程数学専攻(1985年3月単位取得退学)
学位 理学博士, 大阪市立大学, 1986年6月, The category of s-unital modules
着任年月 2010年04月
職歴 岡山大学理学部助手(1985年9月~1988年3月)
岡山大学大学院自然科学研究科助手(1988年4月~1998年3月)
岡山県立大学情報工学部助教授(1998年4月~2010年3月)
専門分野 代数学(環論)
所属学協会 日本数学会, 国際数理科学協会
現在の研究テーマ 非可換環の構造論, 代数系の微分の理論
主要担当科目
 学部 基礎解析学 <解析学Ⅰ>, 統計学の基礎B <統計の世界>, 解析学, 解析学演習, 応用数理 <集合と位相>
 大学院 応用代数学, 応用代数学特論
研究概要 非可換代数系の理論について研究を行っている.
【導分 (derivation)】
研究生活の初期から今日に至るまで, 非可換環の導分による特徴付けについて研究を続けている. 高次の導分および微分加群の概念を導入し, 研究を行っている. 最近は余環の余導分の研究も行っている.
【環の可換性】
環の可換性について集中的に研究を行った時期がある. W. Streb の挙げた数種類の特徴的な非可換環の中に, 実在しないものがあることを発見するなどの成果を挙げた.
【加群の圏】
学位論文では強固有加群の成す圏の圏論的特徴付けに成功した. 現在は, 関手の合同という概念を導入し, それを用いて環拡大の研究を進めている.
社会における活動 1. 日本数学会地方区代議員 (2014年3月~2015年2月)
2. The 7th China-Japan-Korea International Conference on Ring Theory (2015年7月, 中国杭州開催) 組織委員
研究業績 【学術論文】
[1] H. Komatsu and A. Nakajima: On triple coderivations of corings, Int. Electron. J. Algebra, Vol. 17, pp. 139-153 (2015)
[2] H. Komatsu: Generalized coderivations of bicomodules, J. Math. Soc. Japan, Vol. 68, No. 1, pp. 425-440 (2016)
【口頭発表】
[1] H. Komatsu: On generalized derivations of bimodules, The 7th China-Japan-Korea International Conference on Ring Theory, Hangzhou, China, July, 2015
[2] 山中聡, 小松弘明: Morita equivalence in ring extension and congruence of functors, RIMS研究集会「代数系, 論理, 言語と計算機科学」, 2016年2月
最終更新日 2016.05.24