授業科目名(和文)
[Course]
デザイン工学特別研究
授業科目名(英文)
[Course]
Graduation Project on Design for Technology
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学研究科
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
小野 英志  自室番号(3411)、電子メール(ono**dgn.oka-pu.ac.jp)
森下 眞行  自室番号(3301)、電子メール(morisita**dgn.oka-pu.ac.jp)
金丸 敏彦  自室番号(3205)、電子メール(kana**dgn.oka-pu.ac.jp)
村木 克爾  自室番号(3303)、電子メール(mlucky**dgn.oka-pu.ac.jp)
岩本 弘光  自室番号(3403)、電子メール(iwamoto**dgn.oka-pu.ac.jp)
福濱 嘉宏  自室番号(3402)、電子メール(hukuhama**dgn.oka-pu.ac.jp)
益岡 了  自室番号(3410)、電子メール(mas**dgn.oka-pu.ac.jp)
津田 勢太  自室番号(5121)、電子メール(tsuda**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
6単位
対象学生
[Eligible students]
1~2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
学生の希望と指導教員の助言により設定された研究テーマについて研究遂行能力を涵養し、研究テーマに沿った「修士論文及び修士作品」、あるいは研究科委員会で承認を受けた「特定の課題における成果物」の作成指導を行う。研究指導は、専攻に所属する指導教員と副指導教員が行うが、テーマによっては他分野の専任教員も協力することもある。
到達目標
[Learning Goal]
1. 独創性、完成度、信頼度、有用性を備えた論文の作成。
2. 独創性、適切性、完成度を備えた作品の作成。
3. 修士相当の高度な研究遂行能力の獲得。
履修上の注意
[Notes]
履修に際しては、入学年度の『履修案内』記載の当該年度入学者用の「デザイン工学専攻授業科目表」付載の【修了要件】ならびに【注意事項】を熟読のこと。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
テーマに対応したスケジュールを主指導教員と相談して、決定する。
1. 森下 眞行:社会領域分野のデザインを対象に、デザインによる社会的価値創造を取り上げ、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
2. 金丸 敏彦:生活デザインの製品化に関する手法について、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
3. 小野 英志:タイポグラフィの視点から,テキスト情報およびその他の情報の編集デザインについて考究し、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
4. 岩本 弘光:建築設計・建築理論分野を中心にした、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
5. 福濱 嘉宏:建築計画(建築工法)、近代住宅史をテーマに取り上げ、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
6. 村木 克爾:プロダクトデザインの製品化に関する手法について、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
7. 益岡 了:様々なユーザインタフェース上のデザインを中核とした情報デザインを取り上げ、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
8. 津田 勢太:構造デザインに関するテーマを取り上げ、特別研究課題に関する実践・指導を行う。
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
評価基準は、担当者それぞれに問い合わせられたい。
教科書
[Textbook]
教科書:指導教員において別途指示、配布、貸与する。
参考書:指導教員において別途指示する。
開講年度
[Year of the course]
27
備考 担当教員は,平成27年度の異動により変更となる場合がある。