授業科目名(和文)
[Course]
デザイン工学特別演習
授業科目名(英文)
[Course]
Special Exercise on Design for Technology
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学研究科
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
小野 英志  自室番号(3411)、電子メール(ono**dgn.oka-pu.ac.jp)
森下 眞行  自室番号(3301)、電子メール(morisita**dgn.oka-pu.ac.jp)
金丸 敏彦  自室番号(3205)、電子メール(kana**dgn.oka-pu.ac.jp)
村木 克爾  自室番号(3303)、電子メール(mlucky**dgn.oka-pu.ac.jp)
岩本 弘光  自室番号(3403)、電子メール(iwamoto**dgn.oka-pu.ac.jp)
福濱 嘉宏  自室番号(3402)、電子メール(hukuhama**dgn.oka-pu.ac.jp)
ブルネリ アンソニー  自室番号(3601)、電子メール(brunelli**dgn.oka-pu.ac.jp)
益岡 了  自室番号(3410)、電子メール(mas**dgn.oka-pu.ac.jp)
兒玉 由美子  自室番号(3407)、電子メール(kodama**dgn.oka-pu.ac.jp)
瀧本 雅志  自室番号(3408)、電子メール(takimoto**dgn.oka-pu.ac.jp)
津田 勢太  自室番号(5121)、電子メール(tsuda**dgn.oka-pu.ac.jp)
西川 博美  自室番号(3505)、電子メール(nishikawa**dgn.oka-pu.ac.jp)
三原 鉄平  自室番号(3302)、電子メール(tetsu**dgn.oka-pu.ac.jp)
尾崎 洋  自室番号(3406)、電子メール(ozk**dgn.oka-pu.ac.jp)
朴 貞淑  自室番号(3401)、電子メール(park**dgn.oka-pu.ac.jp)
上田 篤嗣  自室番号(3618)、電子メール(ueda**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
特別研究の指導教員の助言のもとに、特別研究のテーマに関する担当教員を定め、担当教員の研究室において行われる研究に参加して、文献講読、調査、討論を行う。また、必要に応じて、研究テーマに関して、輪講、演習、実習を行う。研究指導は、専攻に所属する指導教員と副指導教員が行うが、テーマによっては他分野の専任教員が協力する場合もある。
到達目標
[Learning Goal]
1. 研究テーマに関する、文献や既往研究等の利用法の習得。
2. 演習等を通じての、実践的・具体的な研究遂行能力の涵養。
3. 研究成果の、学会等における適正なプレゼンテーション技能の獲得。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
テーマに対応したスケジュールを指導教員と相談して、決定する。
1. 森下 眞行:ユニバーサルデザイン、エコロジーデザインなど社会領域分野のデザインをテーマに、具体的な事例開発を通じて、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
2. 金丸 敏彦:暮らしのヒト・モノ・コトを取り上げ、環境に配慮した素材や循環を考えたこれからの生活デザインの在方について、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
3. 小野 英志:エディトリアルデザインに関するテーマを取り上げ、書籍・雑誌・新聞等における具体例を元に、実際的な演習課題に取り組み、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
4. 岩本 弘光:架構デザインによる建築空間の設計手法や空間構成をテーマに取り上げ、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
5. 福濱 嘉宏:建築計画(建築工法)、近代住宅史をテーマに取り上げ、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
6. 村木 克爾:プロダクトデザインの製品化に関するテーマを取り上げ、企画から設計・製造までの一連の流れを学びながら、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
7. 益岡 了:ユーザインタフェースデザインに関するテーマを取り上げ、技術的・感性工学的な解説のみならず、その総合的なデザイン開発と社会的な関係の学習を通じて、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
8. 津田 勢太:構造デザインに関するテーマを取り上げ、特別研究に向けた課題の抽出と分析に関する研究指導を行う。
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
評価基準は、担当者それぞれに問い合わせられたい。
教科書
[Textbook]
教科書:指導教員において別途指示、配布、貸与する。
参考書:指導教員において別途指示する。
開講年度
[Year of the course]
27
備考 (授業補助)中原 嘉之