授業科目名(和文)
[Course]
建築・都市デザイン学ゼミナール
授業科目名(英文)
[Course]
Seminar in Architecture and Urban Design
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学研究科
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
岩本 弘光  自室番号(3403)、電子メール(iwamoto**dgn.oka-pu.ac.jp)
福濱 嘉宏  自室番号(3402)、電子メール(hukuhama**dgn.oka-pu.ac.jp)
兒玉 由美子  自室番号(3407)、電子メール(kodama**dgn.oka-pu.ac.jp)
瀧本 雅志  自室番号(3408)、電子メール(takimoto**dgn.oka-pu.ac.jp)
津田 勢太  自室番号(5121)、電子メール(tsuda**dgn.oka-pu.ac.jp)
西川 博美  自室番号(3505)、電子メール(nishikawa**dgn.oka-pu.ac.jp)
朴 貞淑  自室番号(3401)、電子メール(park**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
1年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
建築デザイン学領域の各専任教員が専門とする分野において、空間に関する今日的問題を取り上げ、文献輪読、調査、見学、討論を通して考察・分析を行い、建築デザインとしての解決策を考究する。
到達目標
[Learning Goal]
1)スペースデザインの研究手法を習得する
2)各専門分野における文献調査の手法を習得する
3)各専門分野におけるアンケートなど実地調査、見学などの手法を習得する
履修上の注意
[Notes]
スケジュールの細目は、授業はじめに提示するので、各教員にコンタクトをとること
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
岩本弘光:特定の建築家を選び、その作品と言説の関係を分析し、空間設計の手法について調査・研究を進める。
福濱嘉宏:民俗建築について文献と実際の建築にもとづき調査・研究をおこなう。
津田勢太:建築と構造デザインに関するテーマについて、文献等で調査・研究を進める。
西川博美:都市環境デザインに関する課題の研究指導を行う。

岩本弘光: 
1:特定の建築家選定とテーマ設定
2:テーマの絞込みと調査方法検証
3:設計手法の調査1
4:設計手法の調査2
5:調査結果の分析1
6:調査結果の分析2
7:建築言語と統辞手法の抽出
8:調査の総括

福濱嘉宏:
9:民俗建築でのテーマ策定
10:文献輪読1
11:文献輪読2
12:文献輪読3
13:現地調査の検討
14:現地調査1
15:現地調査2
16:調査の総括

津田勢太:
17:構造デザイン分野でのテーマ設定
18:文献輪読1
19:文献輪読2
20:文献輪読3
21:シミュレーション解析による検討1
22:シミュレーション解析による検討2
23:分析結果の発表と討論

西川博美:
24:都市デザイン分野でのテーマ設定
25:文献調査1
26:文献調査2
27:文献調査3
28:分析と検討1
29:分析と検討2
30:分析結果の発表と討論
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
出席、学習態度および提出物を総合的に評価する。
教科書
[Textbook]
教科書:無し
参考書:適宜指示する。
開講年度
[Year of the course]
27