授業科目名(和文)
[Course]
機械材料学特論
授業科目名(英文)
[Course]
Advanced Engineering Materials
学部(研究科)
[Faculty]
情報系工学研究科
学科(専攻)
[Department]
システム工学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
福田 忠生  自室番号(2105)、電子メール(fukuta**cse.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
1・2・3年次
授業概略と目標
[Course description and Objects]
機械の設計・製作に際して、その性能や機能が十分に発揮させるための材料選択が必要である。本講義では、材料強度学・破壊力学の観点から機械材料の特性に関する基礎知識について講述し、最新の研究成果や実用的な知識についても解説する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 材料強度学の観点から機械材料の特性を理解
2. 破壊力学の観点から構造物の破壊を理解
3. 構造物の強度評価技術の習得
履修上の注意
[Notes]
学部教育・大学院博士前期課程において「材料力学」「工業材料」に類似した講義を履修していることを前提とする。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
 1. 機械材料の性質と機能(1)
 2. 機械材料の性質と機能(2)
 3. 材料力学特論(1)
 4. 材料力学特論(2)
 5. 材料強度学特論(1)
 6. 材料強度学特論(2)
 7. 材料強度学特論(3)
 8. 破壊力学概論(1)
 9. 破壊力学概論(2)
10. 破壊力学概論(3)
11. 強度評価に関する調査発表(1)
12. 強度評価に関する調査発表(2)
13. 強度評価に関する調査発表(3)
14. 強度評価に関する調査発表(4)
15. 総括
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
授業での到達目標が達成されているかを演習課題とレポートの結果に基づき評価する。評点の配分は,課題・レポート80 %,学習態度20 %とする。
教科書
[Textbook]
教科書: 必要に応じてプリントを配布する。
参考書: 「機械の材料学入門」(吉岡正人他著,コロナ社),「機械材料工学」(野口徹他著,工学図書)など多数。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
材料力学、機械材料学および材料強度学に関する知識を深めておくこと。
開講年度
[Year of the course]
27
備考 特になし。
資格等に関する事項 特になし。