授業科目名(和文)
[Course]
神経システム学
授業科目名(英文)
[Course]
Human nervous system
学部(研究科)
[Faculty]
情報系工学研究科
学科(専攻)
[Department]
システム工学専攻前期
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
柳原 衞  自室番号(5220)、電子メール(yanagi**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
1・2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
生体は、外界からの情報を受容し、処理した後、効果器へ出力し、外部環境へ適応するとともに、他方で、生体の内部環境を監視し、その変化に適切に対応することにより、恒常性の維持を行っている。このような情報処理機能にはたらいているもののひとつに神経系があり、その基盤となるものは神経細胞であり、またそれらが相互に連絡しあう神経のネットワークシステムである。本講義では、脳機能発現の構造的基盤の理解をめざして、神経系の基本的構造およびその構成要素、さらには種々の情報を伝える神経路について説明するとともに、これらを探求するのに必要な形態学的解析技法についても説明する。
到達目標
[Learning Goal]
脳機能発現の基盤となる脳構造が説明できる
神経性調節の機構を脳構造から理解する
形態学的解析技法を理解する
履修上の注意
[Notes]
特になし
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 神経系の構成
2. 神経系の発生と形態形成
3. 神経組織の構造と機能
4.〜8. 中枢神経系の細胞構築と神経路
9.〜11. 神経機構各論(運動系、自律系、行動系)
12.〜14.脳の形態学的解析技法
15. 総括
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
出席およびレポート(日本語または英語による)提出による評価
教科書
[Textbook]
教科書: プリントを配布する
参考書:授業時に随時紹介する
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
配布されたプリント(英文)の指示された部位は、あらかじめ読んでおくこと。
開講年度
[Year of the course]
27