授業科目名(和文)
[Course]
計算電磁気学
授業科目名(英文)
[Course]
Computational Electromagnetics
学部(研究科)
[Faculty]
情報系工学研究科
学科(専攻)
[Department]
システム工学専攻前期
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
岸原 充佳  自室番号(2409)、電子メール(kisihara**c.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
1・2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
電磁波回路の諸問題を解決する方法として、Maxwellの方程式に基づく様々な数値アルゴリズムを取り上げて解説する。また、簡易な計算機シミュレーションを通して、電磁波の伝搬特性、電磁波回路の周波数特性などの評価例を紹介する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 電磁波回路の役割を理解する。
2. FDTD法によるMaxwell方程式の解法を理解する。
3. 電磁波の伝搬特性,解析方法を学ぶ。
4. 様々な電磁波回路の周波数特性を学ぶ。
履修上の注意
[Notes]
履修の要件:C言語を習得していることが望ましい。
その他  :
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 概要
2. 無線通信における電磁波回路の役割
3. 主な数値解析アルゴリズム
4. FDTD法の基本概念
5. Maxwell方程式の離散化
6. 空間と時間のステップ
7. 境界条件1
8. 境界条件2
9. 波源
10. 電磁界分布と周波数特性
11. シミュレーション課題の説明
12. 応用(1) :障害物による電磁波の散乱
13. 応用(2) :アンテナの放射特性
14. 応用(3) :受動回路素子
15. 総括
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
出席状況,レポート等で総合的に判断する。
教科書
[Textbook]
教科書 : プリントを配布する。
参考書 : K.S. Kunz, R.J. Luebbers, The Finite Difference Time Domain Method for Electromagnetics, CRC Press
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
予め次回の授業箇所を指示するので、テキスト(プリント)の該当箇所を熟読して授業に臨むこと。また、テキストにある「PROBLEM SET」を解いてみること。
開講年度
[Year of the course]
27