授業科目名(和文)
[Course]
ITコンテンツデザイン総合演習
授業科目名(英文)
[Course]
IT Contents Design Project
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
嘉数 彰彦  自室番号(3607)、電子メール(kasw**dgn.oka-pu.ac.jp)
助川 たかね  自室番号(3202)、電子メール(takanes**dgn.oka-pu.ac.jp)
北山 由紀雄  自室番号(3506)、電子メール(ktym**dgn.oka-pu.ac.jp)
齋藤 美絵子  自室番号(3609)、電子メール(cytoo**dgn.oka-pu.ac.jp)
山下 万吉  自室番号(3608)、電子メール(mankichi**dgn.oka-pu.ac.jp)
石 王美  自室番号(3504)、電子メール(seok**dgn.oka-pu.ac.jp)
柴田 奈美  自室番号(5124)、電子メール(shibata**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
1単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学科ITコンテンツデザインコース4年次生(平成25年度以前入学生)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
各学生が卒業研究のテーマに関わる作品、作家研究を行うことで、見解を深めると共に研究ノートの執筆を指導する。また、企業研究を通じてキャリア意識の向上と、起業意欲の高揚を図る。
到達目標
[Learning Goal]
1.研究ノート(論文)への取組を進める。
2.作品・作家研究を行うことで、自らの卒業制作に対する取組を促進する。
3.キャリア意欲の向上を図る。
履修上の注意
[Notes]
・特になし
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.オリエンテーション・先行研究・作品の調査研究方法(1)基礎‥‥助川
2.先行研究・作品の調査研究方法(2)応用‥‥助川
3.HTML5をもちいたポートフォリオの作成方法(1)基礎....石
4.HTML5をもちいたポートフォリオの作成方法(2)応用....石
5.企業研究(1)基礎‥‥嘉数
6.企業研究(2)応用‥‥嘉数
7.デジタルコンテンツ作品の展示方法‥‥齋藤・山下
8.デジタルコンテンツ作品展示案作成‥‥齋藤・山下
9.デジタルコンテンツ作品展示案合評‥‥齋藤・山下
10.卒業研究中間発表に向けて(1)解説と学生作品合評‥‥北山
11.卒業研究中間発表に向けて(2)学生作品合評‥‥北山
12.発表準備‥‥コース教員全員  
13.発表‥‥コース教員全員     学生の発表と教員による指導
14.発表‥‥コース教員全員     学生の発表と教員による指導
15.まとめと研究ノート目次完成‥‥柴田
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
発表の評価 15%
提出物の評価 55%
学習態度 30%
なお、出席率が2/3以上をもって単位取得資格とする。
教科書
[Textbook]
教科書:使用しない
参考書:授業中に指示する
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
卒業研究の方向性について十分に検討しておくこと。
開講年度
[Year of the course]
27