授業科目名(和文)
[Course]
グラフィックデザイン総合演習
授業科目名(英文)
[Course]
Integrated Practice of Graphic Design
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
関﨑 哲  自室番号(5223)、電子メール(sekizaki**dgn.oka-pu.ac.jp)
中西 俊介  自室番号(3602)、電子メール(s-nakanishi**dgn.oka-pu.ac.jp)
西田 麻希子  自室番号(3604)、電子メール(macky**dgn.oka-pu.ac.jp)
野宮 謙吾  自室番号(3603)、電子メール(nomi**dgn.oka-pu.ac.jp)
山下 明美  自室番号(3610)、電子メール(yamashita**dgn.oka-pu.ac.jp)
吉原 直彦  自室番号(3606)、電子メール(yossie**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
1単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学科グラフィックデザインコース4年次生(平成24年度入学生)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
グラフィックデザイン演習(3年次)における萌芽的研究(自主研究)のプロセスで得られた課題開発力・調査研究力・計画実行力を高めるため,あらたなグラフィックコミュニケーションについての実験的取組を行う。内容としては,学外におけるデザインリソースから発想された取組を念頭におく。
到達目標
[Learning Goal]
1. グラフィックデザインで取り組むことのできる学外リソースを選択し、自ら課題開発する能力を涵養する。
2. 課題に潜む諸問題について多視点的に調査研究し,これを総合する能力を涵養する。
3. 解決策としての取組課題制作及びその提案を通じて,総合的なコミュニケーション力を涵養する。
履修上の注意
[Notes]
・各ゼミ教員の指導に基づき,積極的に各段階で発案,計画.実行ができるようにすること。
・各ゼミ教員において定めた,レポート及び口頭発表等のスケジュールはこれを遵守すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. オリエンテーション;グラフィックコミュニケーション課題メニュー説明(コース教員全員)
2. 各ゼミでの課題選択及び開発作業
3. グラフィックコミュニケーションの観点からの検討
4. 各ゼミでの調査・実験活動
5. 各ゼミでの研究活動
6. 各ゼミでの調査・実験研究レポート
7. 研究成果を踏まえた制作(資料収集)
8. 研究成果を踏まえた制作(資料分析)
9. 研究成果を踏まえた制作(手法と素材の検討)
10. 研究成果を踏まえた制作(制作シュミレーション)
11. 研究成果を踏まえた制作(制作)
12. 研究成果を踏まえた制作(制作物の検討)
13. 研究成果を踏まえた制作(完成に向けて)
14. 各ゼミでの研究制作活動まとめ
15. コース発表及び授業のまとめ
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
・調査,実験研究成果物(レポート、作品等) 80%
・学習態度 20%
以上を総合評価する。なお,出席率が2/3以上を調査,研究成果物評価の条件とする。
教科書
[Textbook]
教科書:各ゼミの定めるところとする。
参考書:各ゼミの定めるところとする。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
・日頃より,グラフィックコミュニケーションデザインのリソースについて,資料収集に取り組むこと。
・各ゼミにて指示のある文献調査や学外調査等の他,自主的に幅広く関連文献及び資料調査にあたること。
開講年度
[Year of the course]
27
備考 ・授業期間中、学外フィールドワークを実施する予定であるため、日程等に注意すること。