授業科目名(和文)
[Course]
造形デザイン論Ⅰ
授業科目名(英文)
[Course]
Aesthetic Design Ⅰ
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
吉原 直彦  自室番号(3606)、電子メール(yossie**dgn.oka-pu.ac.jp)
南川 茂樹  自室番号(3304)、電子メール(m3304**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学科2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
 造形デザインを語るとき、どうしても表層からうかがえる素材を中心に考えがちである。しかし本論では、「素材はテーマではない」を意識づけるため、造形デザインのモノの背後にあるテーマや伝統性、地域性などについて1コマ1題形式で幅広く学ぶことにより、自身のデザインテーマ探しにあたって必要な知識の理解を深めるとともに、心構えを形成する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 素材からの発想ではなく、必要や機能からモノの特性を理解するとともに、新たな発想の可能性を展望できる。
2. 伝統や地域性を理解することによって、新たな価値観を創造できるようになる。
3. 本講義で得られた知識をもとに、新しいデザインテーマを開拓できるようになる
履修上の注意
[Notes]
・それぞれのテーマについて関連のある文献や資料を自ら調べ、理解を深めること。
・テーマについてより理解や習熟度を増すために、実技を授業内容に含むことがある。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. オリエンテーション:本講義の概要説明
2. 道具の話
3. 民芸の話
4. 工芸の話
5. クラフトの話
6. 現代製品に根付く伝統の話(サスティナブルデザインの話)
7. アートにひそむテーマの話
8. 学外見学
9. リ・デザインの話
10.デザインプロジェクトの話
11.デザイナーの話(その職能と現代的課題の話)
12.現代生活の話(ライフスタイルの創造の話)
13.デザインと環境の話
14.ユーザビリティ/フレキシビリティの話
15.議論:これからの展望
16.まとめ
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
レポート:80%、出席状況及び授業態度等:20%
教科書
[Textbook]
教科書:特に使用しない。
参考書:適宜、案内する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
・ 造形デザインスキルは日常の観察と記録(インプット)、実験・研究的精神に基づく制作(アウトプット)及び他者評価の引き込みの循環なしには向上しない。そのための活動を日頃から行うこと。
開講年度
[Year of the course]
27
備考 ・ レポートは複数回求める。またレポート内容には調査・実験課題が含まれる。さらに毎回交替制によりレポートのプレゼンテーションを求めるので注意のこと。