授業科目名(和文)
[Course]
ビジュアルデザイン基礎ゼミナール
授業科目名(英文)
[Course]
Visual Design Seminar
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
関﨑 哲  自室番号(5223)、電子メール(sekizaki**dgn.oka-pu.ac.jp)
嘉数 彰彦  自室番号(3607)、電子メール(kasw**dgn.oka-pu.ac.jp)
北山 由紀雄  自室番号(3506)、電子メール(ktym**dgn.oka-pu.ac.jp)
齋藤 美絵子  自室番号(3609)、電子メール(cytoo**dgn.oka-pu.ac.jp)
柴田 奈美  自室番号(5124)、電子メール(shibata**dgn.oka-pu.ac.jp)
石 王美  自室番号(3504)、電子メール(seok**dgn.oka-pu.ac.jp)
西田 麻希子  自室番号(3604)、電子メール(macky**dgn.oka-pu.ac.jp)
野宮 謙吾  自室番号(3603)、電子メール(nomi**dgn.oka-pu.ac.jp)
山下 明美  自室番号(3610)、電子メール(yamashita**dgn.oka-pu.ac.jp)
山下 万吉  自室番号(3608)、電子メール(mankichi**dgn.oka-pu.ac.jp)
助川 たかね  自室番号(3202)、電子メール(takanes**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
1単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学科3年次生(平成25年度以降入学生)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
各ゼミ教員対応のグループに分かれ,課題発見及び調査・実験研究を通した課題解決への道筋と自身のビジュアルデザインを通じた志を確認し,キャリアデザインと将来の卒業研究テーマに至る萌芽的研究に関する演習を行う。
到達目標
[Learning Goal]
1. ビジュアルデザインの現状を学び、あるべき姿について考察できる力を涵養する。
2. ビジュアルデザインの課題に潜む諸問題について,多視点的な調査研究力と課題開発力を涵養する。
3. ビジュアルデザインならではの課題解決にむけた各種実験制作の計画実行力を涵養する。
履修上の注意
[Notes]
・各ゼミ教員の指導に基づき,積極的に各段階で発案ができるようにすること。
・各ゼミ教員において定めた,レポート及び口頭発表等のスケジュールはこれを遵守すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. オリエンテーション
2. 各ゼミでの課題設定
3. 各ゼミでの課題設定
4. 各ゼミでの調査・実験研究活動
5. 各ゼミでの調査・実験研究活動
6. 各ゼミでの調査・実験研究活動
7. 各ゼミでの調査・実験研究中間レポート
8. 各ゼミでの調査・実験研究活動
9. 各ゼミでの調査・実験研究活動
10. 各ゼミでの調査・実験研究活動
11.各ゼミでの調査・実験研究活動
12. 各ゼミでの調査・実験研究活動
13.各ゼミでの調査・実験研究活動
14. 実験研究最終発表及びレポート
15. まとめ 卒業研究テーマ設定にむけて
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
・調査,実験研究成果物(レポート、実験作品等) 80%
・学習態度 20%
以上を総合評価する。なお,出席率が2/3以上を調査・実験研究成果物評価の条件とする。
教科書
[Textbook]
各ゼミの定めるところとする。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
・日頃より,ビジュアルデザインの視点により取り組むべき問題について,資料収集に取り組むこと。
・各領域ゼミにて指示のある文献調査や学外調査等の他,自主的に幅広く関連文献及び資料調査にあたること。
開講年度
[Year of the course]
27