授業科目名(和文)
[Course]
動画撮影・編集基礎
授業科目名(英文)
[Course]
Introduction to Motion Picture Production
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
山下 万吉  自室番号(3608)、電子メール(mankichi**dgn.oka-pu.ac.jp)
石 王美  自室番号(3504)、電子メール(seok**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
1
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学科2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
カメラワーク構図などの〝撮影〟に関する知識は、すべての動画制作の基本である。また、〝編集〟は映像作品のスタイルやクオリティーを左右する重要な作業である。
この授業では、映像作品の基礎となる動画の撮影技術やカメラの操作方法、編集作業に関するプロセスと技術を修得し、自身の映像表現に活かしていく方法を学ぶことを目的とする。
到達目標
[Learning Goal]
1. 映像制作に必要な基礎的な撮影技法の修得。
2. 映像表現の基礎となる編集技法の修得。
3. 基礎的な撮影・編集技法を用いた動画の制作。
履修上の注意
[Notes]
・第1回のオリエンテーションで授業の概要を説明する。受講する者は出席すること。
・教科書を購入し、通読したうえで受講すること。
・グループによる共同作業や課題を課す予定。
・授業の進行、履修状況に合わせ、授業中または授業時間外のレポートを課す場合がある。
・授業の内容については、履修状況および学生の学修状況に応じて変更する場合がある。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
01. オリエンテーション
02. 撮影から編集までの流れ
03. ビデオカメラの操作
04. カメラポジション・カメラアングル・カメラワーク・イマジナリーライン
05. 編集とは何か
06. 動画編集ソフトの操作
07. 様々な映像表現1.–日本と韓国にCMにみる演出の違い-
08. 編集技法1.-カットの連続性・モンタージュの種類・マッチカットとカットアウェイ-
09. 編集技法2.-アクションつなぎ・撮影時の録音と音によるカッティング-
10. 様々な映像表現2.–日本と韓国のショートムービーにみる表現技法-
11. 課題制作1.-サンプル動画の視聴・絵コンテ制作-
12. 課題制作2.-撮影-
13. 課題制作3.-編集-
14. 課題制作4.-映像の書き出し-
15. 課題のプレゼンテーション・講評
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
成績は「課題(60%)」「授業態度(40%)※出欠状況を含む」で評価する。
なお、出席率が2/3以上であることを評価の条件とする。
教科書
[Textbook]
教科書:講義において別途指示する。また、必要に応じてプリントの配布および映像資料等の提示を行う。
参考書:「映像制作ハンドブック」玄光社,2009.
    「ビデオ[撮影][編集]ノート」ユーリード出版,2004.
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
教科書だけでなく、上記の参考書を購入し、通読する。
開講年度
[Year of the course]
27
備考 CG演習室と撮影機材の使用について、利用規程および教員の指示を遵守すること(課題制作時等のビデオカメラの使用については、担当教員への事前の申し出が必要である)。