授業科目名(和文)
[Course]
情報デザイン学外実習
授業科目名(英文)
[Course]
Information Design Off-Campus Practice
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
小野 英志  自室番号(3411)、電子メール(ono**dgn.oka-pu.ac.jp)
益岡 了  自室番号(3410)、電子メール(mas**dgn.oka-pu.ac.jp)
尾崎 洋  自室番号(3406)、電子メール(ozk**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
1単位
対象学生
[Eligible students]
デザイン工学科情報デザインコース3年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
様々なデザインの実際を、博物館や美術館、文化施設、あるいは企業の情報デザイン開発現場に訪ね、それらの展示環境や文化的な受容のあり方、その現状と将来について、デザインに対する背景や姿勢や考え方を体得する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 様々なデザインのあり方についての調査・観察
2. デザイン実務の背景の理解
3. デザイン思考の体験と学習
履修上の注意
[Notes]
実施時期が流動的のため、スケジュール管理などに留意すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 文化施設や企業との交渉により、集中講義で実施する。
2. 学習内容について、事前調査を行い、資料などを作成する。
3. 様々なデザインのあり方について観察する。
4. デザインの社会的・文化的な背景について考察する。
5. 実施内容について、報告書などを作成する。
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
出席状況、資料作成、学習態度・意欲、学習の達成度、報告書などを総合的に評価する。
教科書
[Textbook]
教科書:使用しない。
参考書:適時紹介する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
見学施設についてはあらかじめ公表するので事前に、それらの情報を収集・整理し、より見学体験が充実するように留意すること。デザイン業務の現場・技術だけでなく、デザインに対する姿勢や考え方、計画やプロセスについて観察・分析を行い、自らのデザイン技術の向上を図ること。
開講年度
[Year of the course]
24
備考 他のコースと実施時期が大きく異なる場合もあるので、掲示や連絡などの指示に注意すること。
(授業補助)上田 篤嗣 自室番号:3618,電子メール:ueda**dgn.oka-pu.ac.jp