授業科目名(和文)
[Course]
モデリング演習Ⅰ
授業科目名(英文)
[Course]
Modeling Ⅰ
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
金丸 敏彦  自室番号(3205)、電子メール(kana**dgn.oka-pu.ac.jp)
西川 博美  自室番号(3505)、電子メール(nishikawa**dgn.oka-pu.ac.jp)
尾崎 洋  自室番号(3406)、電子メール(ozk**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2
対象学生
[Eligible students]
デザイン工学科1年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
立体物や空間をデザインするための基礎的な技能の習得を目指し、スチレンボードとスタイロフォームなどの基本的な材料を活用した立体物や空間のモデリング技術、立体物や空間のモデリングの理解およびそれらのスケール感覚を習得すること。
到達目標
[Learning Goal]
1. スチレンボードとスタイロフォームなどの基本的な模型材料を活用した立体表現技術の習得。
2. 立体物に対するスケール感覚の習得。
3. 立体物や空間のモデリング。

履修上の注意
[Notes]
1. 制作マナー:こまめに清掃、整理整頓し、作業環境の維持に努めること。
2. 学習マナー:制作はガイドラインに従い、自分のみで判断せず相談すること。
3. 道具マナー:貸与品は使用後必ず返却すること。

授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. オリエンテーション
2. スチレンボードの加工と組立:
3. スタイロフォームの加工と組立
4.立体物のモデリング(1)
5. 立体物のモデリング(2)
6. 立体物のモデリング(3)
7. 立体物のモデリング(4)
8. スケールを意識したモデリング(1)
9. スケールを意識したモデリング(2)
10.スケールを意識したモデリング(3)
11.スケールを意識したモデリング(4)
12.空間のモデリング(1)
13.空間のモデリング(2)
14.空間のモデリング(3)
15.空間のモデリング(4)

成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
個々の成果物の達成度70%、出席状況及び受講態度30%。
教科書
[Textbook]
教科書:特になし。プリントを適時配布する。
参考書:モデリングテクニック(清水吉治他著・グラフィック社1991)。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
時間内に課題が完了しない場合や、求められる精度に達しない場合は、自主的に制作を行う。
開講年度
[Year of the course]
27
備考 一部の道具や材料が必要である。
道具を使用する際などにケガをしないように留意すること。
各課題において講評を行う場合がある。