授業科目名(和文)
[Course]
情報デザインゼミナール
授業科目名(英文)
[Course]
Information Design Seminar
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
小野 英志  自室番号(3411)、電子メール(ono**dgn.oka-pu.ac.jp)
益岡 了  自室番号(3410)、電子メール(mas**dgn.oka-pu.ac.jp)
尾崎 洋  自室番号(3406)、電子メール(ozk**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
デザイン工学科情報デザインコース3年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
事例紹介・研究を通じて自己設定したテーマを中心に、グループデザインプランニングや調査、プレゼンテーションを通じて、ユーザーやデザイナーの視点及び社会とデザインの関係についての考察をゼミナール形式で実施し、卒業制作や社会活動のための自己基盤を確立する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 自らが取り組むべきデザイン分野の策定
2. 情報デザインの社会的な課題の理解
3. 総合的なデザイン能力の深化
履修上の注意
[Notes]
(授業方法)各指導教員によるゼミナール形式で行う。
(その他) 関連モデル制作における工房内機械の使用は、作品図面の担当教員への提出が無ければ、これを認めない。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. オリエンテーション(全体のガイダンス)
2. 情報デザインの事例研究 その1(小野)
3. 情報デザインの事例研究 その2(益岡)
4. 情報デザインの事例研究 その3(尾崎)
5. 課題発見(事例研究から)
6. 課題からデザインプランニング
7. プレゼンテーションとグループ協議
8. デザインプランの策定
9. 企画書の制作
10. 企画書のグループ検討
11. 事例周辺領域の調査
12. レポート作成
13. プレゼンテーションのデザイン
14. 最終プレゼンテーション
15. 卒業制作・制作展の準備
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
出席状況を含む授業への参加意欲・態度、目標設定とその達成の適切さを総合的に評価する。
教科書
[Textbook]
教科書:使用しない。
参考書:適宜紹介する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
デザインを感覚的に捉えるのではなく、常に分析的な目で観察する。
開講年度
[Year of the course]
24
備考 デザイナーが取り組むべき社会的な課題について、普段から積極的に関わる姿勢を重視する。
(授業補助)上田 篤嗣 自室番号:3618,電子メール:ueda**dgn.oka-pu.ac.jp