授業科目名(和文)
[Course]
人体の構造と機能Ⅰ <解剖学>
授業科目名(英文)
[Course]
Human Anatomy and Physiology I <Anatomy>
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
人間情報工学科/スポーツシステム工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
柳原 衞  自室番号(5220)、電子メール(yanagi**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2
対象学生
[Eligible students]
1年次生(平成25年度以降入学生) <解剖学>は平成24年度以前入学生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
ヒトのからだの形態と構造について、系統的に関連づけながら学習し、からだを動かすしくみとはたらきを理解する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 人体の構成について理解する。
2. 正常な体の構造と形態を理解する。
3. 生体の構造と機能との関係について理解する。
履修上の注意
[Notes]
特になし
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 人体に関する基本的な用語の説明
2. 人体構成の概略:器官と系
3. 細胞の構造と機能
4. 遺伝とゲノム
5. 組織の種類と構成
6. 骨の構造と生理
7. 骨格系
8. 筋系
9. 筋の生理
10. ニューロンのはたらき
11. 神経系(脊髄、脊髄神経、脳幹)
12. 神経系(小脳、終脳)
13. 神経系(脳神経、自律神経)
14. 感覚(視覚)
15. 感覚(聴覚、平衡覚、体性感覚)
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
期末試験、小テスト(含むレポート)、学習態度により総合的に評価する。小テストは随時行う、また期末試験は16回目に行う。評点の配分は期末試験50%、小テストおよび学習態度50%である。
教科書
[Textbook]
教科書:「シンプル解剖生理学」河田光博、樋口 隆、南江堂
参考書:講義のなかで、紹介する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
図書館で、「解剖学アトラス」等の本を参照し、実際の人体の構造を、写真を通してではあるが目にしてみることを勧める。
開講年度
[Year of the course]
27