授業科目名(和文)
[Course]
機械製作学
授業科目名(英文)
[Course]
Manufacturing Technology
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
情報システム工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
福田 忠生  自室番号(2105)、電子メール(fukuta**cse.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
1年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
種々の現象を利用・解析して機械装置は開発・設計されている.本講義では,これを製作する際に必要な生産加工に関する基礎知識を中心に,伝統的な個々の加工法,加工機械,精度とその測定方法を講述する.さらに,工学系において重要な情報伝達手段となる図面の読み書き能力についても講述する.
到達目標
[Learning Goal]
1. 機械工作・生産工学の基礎知識や主要専門用語の修得
2. 各種加工法の理解
3. 設計製図に対する基礎知識の習得
履修上の注意
[Notes]
特になし
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. ものづくりと生産工学 (1)
2. ものづくりと生産工学 (2)
3. 各種測定法と寸法公差 (1)
4. 各種測定法と寸法公差 (2)
5. 金属材料およびその他工業材料の加工特性
6. 加工に関する力学の基礎
7. 各種加工法の概要 (1) - 鋳造
8. 各種加工法の概要 (2) - 鍛造
9. 各種加工法の概要 (3) - 溶接など
10. 各種加工法の概要 (4) - 切削加工など
11. 工学における図形情報処理の基本
12. 機械製図法の基礎 (1)
13. 機械製図法の基礎 (2)
14. 機械製図法の基礎 (3)
15. 各種工作機械・はめあい
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
授業での到達目標が達成されたか否かをレポート,小テスト(随時実施)および第16回目に実施する期末試験の成績によって評価する.評点の配分は,レポート・小テスト10%,期末試験80%,学習態度10%である.なお,本学では,出席率が2/3以上を期末試験の受験資格と定めている.
教科書
[Textbook]
教科書:「最新機械製図」,林洋次 ほか11名 著,実教出版
参考書:適宜プリントを配布する
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
講義終了時に次回の内容を指示するので,教科書・配布プリントの該当箇所を熟読しておくこと.
教科書,ノート,講義内容を整理した配布プリントを併用した復習を行うことで,わからない箇所を次回の講義に持ち越さないようにすること.
開講年度
[Year of the course]
27
備考 この科目は「岡山県立大学 平成26-27年度 教育力向上支援事業 "ものづくり関連授業の総合的理解度の向上に向けた教育方法の検討"」の一部であり,1年次の「機械製作学」,2年次の「材料力学Ⅰ・Ⅱ」「機械物理学実験B(NC工作)」「CAD演習」および3年次の「機械デザイン演習」が連携しています.
資格等に関する事項 特になし