授業科目名(和文)
[Course]
集積回路
授業科目名(英文)
[Course]
Integrated Circuits
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
情報通信工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
伊藤 信之  自室番号(2407)、電子メール(nobby**c.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
3年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
今日,半導体集積回路は産業・民生のあらゆる機器に組み込まれ活躍している。特に,テレビ・ゲーム機・携帯電話・コンピュータなどの先端機器には,数百万個、数億個のトランジスタを擁する半導体集積回路が数多く使われており,それら機器の高速性・小型化・低消費電力化に寄与している.
本講義では,シリコン半導体集積回路に用いられる,ロジック回路・メモリ回路・アナログ回路の基礎として,トランジスタレベルの回路の理解を行うとともに,集積回路の製造技術,回路設計技術,レイアウト設計技術、実装技術等を理解回路設計技術の理解を行う.また,それらの回路の中核となるMOSFETの動作についても講義を行うが,あくまでも電子回路の視点で見たMOSFETの動作であり,物理的な視点で見たMOSFETの動作は,「半導体工学II」にて行う.
到達目標
[Learning Goal]
集積回路の製造技術,回路設計技術,レイアウト設計技術、実装技術等を理解するとともに、論理回路、メモリ回路、アナログ回路等について理解する。
1. 集積回路の製造技術、回路設計技術,レイアウト設計技術、実装技術を理解する.
2. MOSFETの動作を理解する.
3. 論理回路のトランジスタレベルの動作を理解する.
4. アナログ小信号等価回路を理解する.
5. メモリ回路を理解する.
履修上の注意
[Notes]
履修の要件:「電気回路I」,「電気回路II」,「電子回路」,「論理回路」,「半導体工学I」を受講していることが望ましいが必須ではない.
その他:   授業計画にあげた項目に従って講義を行う予定であるが,番号は必ずしも一回分の講義に対応しているわけではない.
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.集積回路の概要
2.集積回路の製造技術
3.MOSFETの動作(1)
4.MOSFETの動作(2)
5.CMOS基本論理回路
6.CMOS論理回路とスケーリング則
7.集積回路における配線
8.ここまでのまとめ
9.メモリ回路
10.MOSFETのアナログ動作(1)
11.MOSFETのアナログ動作(2)
12.集積回路の設計フロー
13.レイアウト設計
14.実装技術とテスト技術
15.まとめ
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
授業での到達目標が達成され,半導体集積回路に用いられる,ロジック回路・アナログ回路の基本的な知識があるかどうかを評価する.評点の配分は,中間・期末試験:67%,レポート・小テスト・出席状況・授業態度:33%である.但し,出席率2/3以上を評価の前提とする.
教科書
[Textbook]
教科書 なし.資料を配布します.
参考書 「LSI工学」 小谷教彦,西村正 共著,森北出版株式会社,ISBN978-4-627-77301-1
     「アナログCMOS集積回路の設計」 Behzad Razavi著 黒田忠広監訳,丸善株式会社,
ISBN4-621-07220-X
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
集積回路は非常に幅の広い分野であるため,授業前に該当範囲の内容を把握し,不明な点等を持って授業に出席されることを望みます.
開講年度
[Year of the course]
27