授業科目名(和文)
[Course]
生活維持・活性論
授業科目名(英文)
[Course]
Life Maintenance and Activity Care
学部(研究科)
[Faculty]
保健福祉学部
学科(専攻)
[Department]
保健福祉学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
犬飼 義秀  自室番号(5215)、電子メール(inukai**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
1単位
対象学生
[Eligible students]
保健福祉学科 3年次生 (介護福祉コース)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
各高齢者施設における高齢者の状態・障害に応じたアクティビティ・ケアの理論・計画の技術を学ぶ。
到達目標
[Learning Goal]
1.高齢者福祉施設におけるアクティビティ・ケアの意義・目的を理解する。
2.高齢者の特性・障害に対応したアクティビティ・ケアの知識・技術を習得する。
3.高齢者の環境に対応したアクティビティ・ケアの具体的技術を習得する。
履修上の注意
[Notes]
・選択科目であるが高齢者福祉施設において重要な役割をもち、高齢者の 生きがいや生活意欲に関連する科目である。
・介護福祉演習、レクリエーション援助法等の科目と関連づけて行うものである。事前に教科書・参考書および紹介図書は学習しておくこと。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.レクリエーションからアクティビティ・サービスへ(1)
2.レクリエーションからアクティビティ・サービスへ(2)
3.アクティビティ・サービスとは何か(1)
4.アクティビティ・サービスとは何か(2)
5.アクティビティ・サービスとは何か(3)
6.日常生活援助にはたすアクティビティ・サービスの効果 自立に向け た介護(1)
7.日常生活援助にはたすアクティビティ・サービスの効果 自立に向けた介護(2)
8.日常生活援助にはたすアクティビティ・サービスの効果 自立に向けた介護(3)
9.アクティビティワーカーの資質
10.日常生活援助の専門職(1)
11.日常生活援助の専門職(2)
12.日常生活援助の専門職(3)
13.日常生活援助の専門職(4)
14.日常生活援助の専門職(5)
15.総括
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
課題レポート(60%)、学習態度(40%)
教科書
[Textbook]
教科書:アクティビティ・サービス総論(中央法規)
参考書:適宜プリントを配布する
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
高齢者に関する事例に親しみ、アクティビティを高齢者介護福祉の視点から考えておくこと。
開講年度
[Year of the course]
27