授業科目名(和文)
[Course]
テキスタイルデザイン学ゼミナール
授業科目名(英文)
[Course]
Textile Design Seminar
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学研究科
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
難波 久美子  自室番号(3203)、電子メール(kumikon**dgn.oka-pu.ac.jp)
島田 清徳  自室番号(3201)、電子メール(textile**dgn.oka-pu.ac.jp)
樫尾 聡美  自室番号(7209)、電子メール(kashio**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学専攻1次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
各自の研究において設定したテーマに基づき、調査・討論・試作・制作を進め、その研究成果を学外研究発表会にて展示発表する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 調査・討論・試作・制作という一連の流れにより、研究の深化と広がりを図る。
2. テキスタイル素材や技法および展示方法等を模索し適切に選択する。
3. 新規性や魅力有る研究を、作品や研究成果を通して提案する。

授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.前期ガイダンス    (領域教員全員)
2.3.空間と展示 調査 1 (島田・樫尾)
4.コンセプト提案    (領域教員全員)
5.試作制作     (難波・樫尾)
6.試作チェック       (領域教員全員)
7〜10.制作      (難波・樫尾)
11.展示計画最終調整  (島田・樫尾)
12〜14.研究発表会実施  (領域教員全員)
15.前期まとめ  (領域教員全員)
16.後期ガイダンス  (領域教員全員) 
17〜21.空間と展示 調査 2(島田・樫尾)
22.23.コンセプト提案  (領域教員全員)
24.25.試作制作  (難波・樫尾)
26.試作チェック   (領域教員全員)  
27.試作制作   (難波・樫尾)
28.試作チェック  (領域教員全員)
29.プレゼンテーション  (領域教員全員)
30.総括  (領域教員全員)
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
作品およびプレゼンテーション(50%)と出席状況および研究態度(50%)により、担当教員全員で総合的に判断する。
作品およびプレゼンテーションは、独自性や新規性の高いテキスタイルの為の試みができているか、について評価する。
授業参加度は、研究への取り組みのさらなる深化のために主観と客観のバランスに基づく取り組みができているかについて、評価する。
教科書
[Textbook]
教科書:使用しない
参考書:使用しない
開講年度
[Year of the course]
26
備考 社会への研究発表であることを常に意識しながら自己の研究テーマとの繋がりを考慮し、独自性や新規性の高いテキスタイル作品の提案ができるようプロジェクトを進めてもらいたい。