授業科目名(和文)
[Course]
工作技能基礎演習
授業科目名(英文)
[Course]
Basic Modeling Skills
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学部
学科(専攻)
[Department]
デザイン工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
森下 眞行  自室番号(3301)、電子メール(morisita**dgn.oka-pu.ac.jp)
石田 周作  自室番号()
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
1単位
対象学生
[Eligible students]
デザイン工学科1年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
 「物」を作成する場合、その計画・構成・スタイリングなどを検討する為に「模型」は極めて重要な要素を占める。この授業では什器・家具・建築模型等製作などを通じて、モデリングの実際を知ることと、素材の性質・工具・測定機器等についても理解する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 各コースのデザイン実習などの課題制作に使用する模型の材料と工法についての理解をする。
  建築設計製図、構造実験など実習以外の建築科目にも対応する。
2.工具・測定具取り扱いを習熟する。
3.各記録方法を習得する。
履修上の注意
[Notes]
・作業に適した服装である事(サンダル・かかとの高い靴等は不可)。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.ガイダンス・安全な作業方法について
2.工具・測定機器の扱いについて       
3.木材・樹脂・紙等材料知識について         
4.木質材料の加工と模型の製作1 
5.木質材料の加工と模型の製作2
6.樹脂材料の加工と模型の製作1
7.樹脂材料の加工と模型の製作2
8.樹脂材料の加工と模型の製作3
9.樹脂材料の加工と模型の製作4
10.樹脂材料の加工と模型の製作5
11.紙材料の加工と模型の製作1
12.紙材料の加工と模型の製作2
13.紙材料の加工と模型の製作3
14.紙材料の加工と模型の製作4
15.レポート作成・提出
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
成果物の完成度・レポート・学習態度により総合的に判断する。評点の配分は、成果物の完成度70%、学習態度30%とする。
教科書
[Textbook]
・教科書:特になし(適宜プリント配布)
・参考書:特になし
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
実際に作られている作品にふれて、その素材や構成について観察してみる。
開講年度
[Year of the course]
26
備考 工作作業が中心になるので、日常の健康と安全に留意して進めること。
(授業補助)中原 嘉之