授業科目名(和文)
[Course]
材料力学Ⅱ
授業科目名(英文)
[Course]
Strength of Materials II
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
情報システム工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
尾崎 公一  自室番号(2106)、電子メール(ozaki**cse.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
部材に生じる応力とひずみを扱う材料力学は機械工学の重要な基礎の一つである。本講義の主な内容は、このうちひずみエネルギーを用いた応力解析法と、様々な荷重形態に対する材料の強さと使用応力に関連する部分である。この講義の目的は、応力の解析法と様々な破壊様式に対する材料の強さを理解し、機械の設計に必要な基礎能力を養成することである。講義では、常に実構造問題への応用力を身につけることを意識する。
到達目標
[Learning Goal]
1,ひずみエネルギーを用いた応力解析法の修得
2,材料の強さと使用応力の理解
3,座屈の基本的特性の理解
4,円筒、球および回転円板、回転円筒の応力解析法の修得
5,実構造問題への応用力の養成
履修上の注意
[Notes]
数学、物理の基礎と弾性変形の理解が必要になるので、「微分方程式」、「力学Ⅰ」、「材料力学Ⅰ」さらに「機械物理学実験」における関連テーマを、また、材料の構造と組織に関する科目である、「工業材料」を履修していることが望ましい。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1,序論
2,ひずみエネルギー(1),単軸応力によるひずみエネルギーと衝撃応力
3,ひずみエネルギー(2),マックスウェルの定理とその応用
4,ひずみエネルギー(3),カスティリアノの定理とその応用
5,ひずみエネルギーのまとめと演習
6,材料の強さと使用応力(1),降伏とひずみ硬化、残留応力、応力ひずみ図の理想化と弾塑性解析
7,材料の強さと使用応力(2),応力集中、疲労、クリープ
8,材料の強さと使用応力(3),破損と破壊に関する法則と使用応力
9,材料の強さと使用応力のまとめと演習
10,柱(1),偏心軸圧縮荷重を受ける短柱、核、偏心軸圧縮荷重を受ける長柱
11,柱(2),長柱の座屈(オイラー式)
12,円筒、球および回転円板、回転円筒(1),薄肉円筒および厚肉円筒
13,円筒、球および回転円板、回転円筒(2),焼ばめ、組合せ円筒、球
14,円筒、球および回転円板、回転円筒(3),回転円板、回転円筒
15,総括
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
授業での到達目標が達成され、応力ひずみ状態の理論的解析と安全性の評価を行うための基礎能力があるかどうかを評価する。評点の配分は、期末試験60%、演習・レポート20%、学習態度20%である。
教科書
[Textbook]
教科書:「材料の力学」(冨田・仲町・中井・上田,朝倉書店)
参考書:材料力学に関する入門書
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
教科書の演習問題や図書館に所蔵されている材料力学の演習書を利用し、実際に問題を解いてみること。材料力学Ⅰの内容にも十分に習熟しておくこと。
開講年度
[Year of the course]
26
備考 関数電卓を持参すること。