授業科目名(和文)
[Course]
造形デザイン学ゼミナール
授業科目名(英文)
[Course]
Aesthetic Design Seminar
学部(研究科)
[Faculty]
デザイン学研究科
学科(専攻)
[Department]
造形デザイン学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
吉原 直彦  自室番号(3606)、電子メール(yossie**dgn.oka-pu.ac.jp)
久保田 厚子  自室番号(3206)、電子メール(kubota**dgn.oka-pu.ac.jp)
難波 久美子  自室番号(3203)、電子メール(kumikon**dgn.oka-pu.ac.jp)
島田 清徳  自室番号(3201)、電子メール(textile**dgn.oka-pu.ac.jp)
中西 俊介  自室番号(3602)、電子メール(s-nakanishi**dgn.oka-pu.ac.jp)
南川 茂樹  自室番号(3304)、電子メール(m3304**dgn.oka-pu.ac.jp)
樫尾 聡美  自室番号(7209)、電子メール(kashio**dgn.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
造形デザイン学専攻1年次生(通年)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
本演習科目では、セラミックデザイン、テキスタイルデザイン、ならびに木工クラフトなど、クラフトデザインを基軸に、社会提案をふまえた発想から展開、および広報デザインについて総合的に学ぶ。そのために必要なデザイン分析(発想から着地まで)、制作手法の選択やスキルの深化、およびプレゼンテーションについて学ぶ。
到達目標
[Learning Goal]
1. 自身の研究計画を基軸にしたテーマ研究過程で、デザイン分析力、発想・展開力を高める方法を修得する。
2. プレゼンテーションスキルを身に付け、社会提案力を涵養する。
履修上の注意
[Notes]
・ 各自の研究計画に応じて、個人教員指導・グループ教員指導に分かれるので注意すること。
・ 指導形態によらず到達目標に向けた授業を展開するため、授業開講時の具体的指示に注意すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. オリエンテーション;デザイン分析から発想、展開および提案まで(指導形態別の計画詳細提示および選択)
2. 演習テーマからのプロセス構築準備作業(指導形態別ミーティング)
3.〜14. (個別)デザイン分析及びテーマ別研究 (グループ)デザイン分析及びテーマ別研究
※ 本スケジュール内で、デザイン分析、発想、企画展開のための、文献調査、デザイン事例研究、実験制作、企画内容の構築作業を一通り行い、中間発表会に備える。
15. テーマ研究中間発表会(前期終了時、合同)及び講評
16.〜26. (個別)企画制作 (グループ)企画制作
※ 本スケジュール内で、中間発表会等で得た評価と課題に基づいて、課題解決を念頭においた企画制作を実施する。
27〜28. プレゼンテーション準備
29. 企画制作物学内講評(合同)
30. まとめ
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
・課題プロセス提示物および最終成果物  80%
・授業態度等  20%
教科書
[Textbook]
・教科書:演習テーマごと指示する。   
・参考書:適宜、案内する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
・研究計画に関する文献収集、関連分野の事例収集に基づく分析的研究など、造形デザイン学領域において社会に向けた企画制作物の提案がどのように成果をあげ、かつ課題を有しているか、総合的に批評できるようにするための活動を行うこと。
開講年度
[Year of the course]
25
備考 ・企画制作物の社会的評価の場として、授業期間とは別に学外発表を行う場合があるので、日程に留意のこと。