授業科目名(和文)
[Course]
アナログ集積回路設計特論
授業科目名(英文)
[Course]
Advanced Analog Integrated Circuit Design
学部(研究科)
[Faculty]
情報系工学研究科
学科(専攻)
[Department]
システム工学専攻前期
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
伊藤 信之  自室番号(2407)、電子メール(nobby**c.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
1・2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
近年MOSFETはナノスケールまで微細化されCPU,メモリ等のディジタル集積回路が我々の身の回りに多く存在する.しかしながら,人間と機器とのインターフェースはアナログであり,アナログ回路は無くてはならないものである.本講義では,微細MOSFETの諸特性を学習するとともに,アナログCMOS回路を実現するための,要素回路について学習する.

到達目標
[Learning Goal]
1. 微細MOSFETの非理想動作を理解する.
2. 基本的なアナログ回路の動作を理解する.
履修上の注意
[Notes]
履修の要件:特になし
その他:   授業計画にあげた項目に従って授業を行う予定であるが,番号は必ずしも一回分の講義に対応しているわけではない.
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. MOSFETの動作1
2. MOSFETの動作2
3. MOSFETの小信号等価回路
4. ソース接地回路
5. バイアス回路
6. ソースディジェネレーション回路
7. ゲート接地回路・ドレイン接地回路
8. カスコード回路
9. 差動増幅回路
10.増幅回路の周波数特性
11.MOSFETの雑音
12.アナログ回路の雑音
13.帰還回路
14.オペアンプ
15.まとめ
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
授業科目の目標についての達成度を測るために,期末試験,レポート,小テスト,出席状況,授業態度により総合的に評価する.出席率2/3以上を評価の前提とする.
教科書
[Textbook]
教科書: 授業の資料は配付する
参考書: 「アナログCMOS集積回路の設計 基礎編・応用編」Behzad Razavi著,黒田忠広監訳,丸善株式会社
      「CMOSアナログ回路入門」 谷口研二著 CQ出版社 ISBN978-4-7898-3037-9
      「Fundamentals of Microelectronics」Behzad Razavi著,Wiley
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
授業前に当該項目の予習を行い,問題意識を持って授業に出席されることが望ましい.
開講年度
[Year of the course]
25