授業科目名(和文)
[Course]
モデリングとシミュレーション
授業科目名(英文)
[Course]
Modeling and Simulation
学部(研究科)
[Faculty]
情報工学部
学科(専攻)
[Department]
スポーツシステム工学科
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
大田 慎一郎  自室番号(2605)、電子メール(ota**ss.oka-pu.ac.jp)
西山 修二  自室番号(2306)、電子メール(nisiyama**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
2単位
対象学生
[Eligible students]
3年次生(平成23年度以降入学生)
授業概略と目標
[Course description and Objects]
工学の分野において問題解決法の一つであるシミュレーションとそのシミュレーションを行う上で必要となるモデリングについて講述する。特に、微分方程式で表現される物理モデルに関して着目し、シミュレーション方法の基礎を学習する。最終的に、人体の運動を含む物理現象のモデル化手法とシミュレーション方法の習得を目指す。
到達目標
[Learning Goal]
1.モデル化手法の理解
2.微分方程式の数値解法の理解
3.簡単な物理モデルを用いたシミュレーション方法の習得
履修上の注意
[Notes]
C言語の教科書もしくは文献等を持参すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.モデリングとシミュレーションとは
2.微分方程式の解法
3.偏微分方程式の解法
4.オイラー法を用いた数値解法
5.修正オイラー法を用いた数値解法
6.ルンゲクッタ法を用いた数値解法
7.1自由度の振動解析
8.2自由度の振動解析Ⅰ
9.2自由度の振動解析Ⅱ
10.2自由度の振動解析Ⅲ
11.1次元の熱伝導解析
12.2次元の熱伝導解析Ⅰ
13.2次元の熱伝導解析Ⅱ
14.2次元の熱伝導解析Ⅲ
15.まとめ
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
評点配分は,演習・レポート70%、出席・学習態度30%とする。
教科書
[Textbook]
教科書:特に指定なし。配布資料を用いる。
参考書:朝倉書店 「電気・電子工学テキストシリーズ4 シミュレーション工学」高橋勝彦他
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
C言語のプログラミングを行うので、基本的な知識について復習をしておくこと。微分方程式の解法に関して復習しておくことが望ましい。
開講年度
[Year of the course]
25
備考 特になし。
資格等に関する事項 特になし。