授業科目名(和文)
[Course]
人間情報システム応用論
授業科目名(英文)
[Course]
Applied Information Systems for Human Activity
学部(研究科)
[Faculty]
情報系工学研究科
学科(専攻)
[Department]
システム工学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
山内 仁  自室番号(2103)、電子メール(yamauchi**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
後期2単位
対象学生
[Eligible students]
システム工学専攻(博士後期課程)1,2,3年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
本講義では、社会生活に関わる情報システムを構築・運用する際に応用される各種の情報通信技術の効果や影響についての検討を行う。特に、各種センシング技術によって得られるデータはプライバシー保護の観点との整合性を考慮することが必要であり、このような情報システムの導入による社会的影響などを考慮したシステム構築について討議する。
到達目標
[Learning Goal]
1. 人間に関わる情報システムが取り扱うデータの性格を理解する
2. セキュリティやプライバシーの観点から各種情報を吟味する力を養成する
3. 情報システムと社会生活との関わりについて多面的な考察力を身につける
履修上の注意
[Notes]
特になし
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1. 人間に関わる情報システムが扱う情報
 家電製品の電源情報・制御情報・画像データなどの種類や性質について検討する
2. 各種センシングデータのセキュリティおよびプライバシー
 人感センサ・画像センサなどによって得られる情報について検討する
3. 蓄積データにおけるセキュリティおよびプライバシー
 時系列データで蓄積されることにより意味を持つプライバシー情報などについて検討する
4. 情報システムの信頼性・安全性
 情報システムの不具合発生時における人間生活への影響について検討する
5. 社会生活における情報システムの社会的効果および影響
 情報システムおよび扱う情報が社会的に与える効果や影響について検討する
6. 中間総括
 前半の内容について総括する
7. 人間に関わる情報システム構築についての討議(1)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
8. 人間に関わる情報システム構築についての討議(2)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
9. 人間に関わる情報システム構築についての討議(3)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
10. 人間に関わる情報システム構築についての討議(4)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
11. 人間に関わる情報システム構築についての討議(5)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
12. 人間に関わる情報システム構築についての討議(6)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
13. 人間に関わる情報システム構築についての討議(7)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
14. 人間に関わる情報システム構築についての討議(8)
 研究対象課題などについて人間との関わりの観点から討議する
15. 総括
 講義全体を総括する
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
レポート課題(80%)と受講態度(20%)により評価する。
教科書
[Textbook]
教科書: 必要に応じて資料を配布する。
参考書: 必要に応じて紹介する。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
人間に関わる分野において導入・運用される情報システムについて、セキュリティやプライバシーなどの観点を踏まえてその功罪について日頃から関心を持ち、情報システムに蓄積される情報の提供者および得られる情報の享受者など多面的な観点からものごとを考えること。
開講年度
[Year of the course]
28
備考 レポート等は日本語または英語によるものとする。