授業科目名(和文)
[Course]
数値材料プロセス工学
授業科目名(英文)
[Course]
Numerical Analysis of Materials Processing
学部(研究科)
[Faculty]
情報系工学研究科
学科(専攻)
[Department]
システム工学専攻
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
尾崎 公一  自室番号(2106)、電子メール(ozaki**cse.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 2単位
対象学生
[Eligible students]
1・2・3年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
材料の成形プロセスにおいては、高品質、高歩留まり、低コストが要求され、これらを達成するために数値シミュレーションの適用が進んでいる。この授業では、主として工業製品に多用される金属材料を取り上げ、その成形プロセスに関連する数値シミュレーション法についての理解を深める。
到達目標
[Learning Goal]
成形プロセスに関する数値シミュレーション法について理解すること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1 概論
2 金属材料の成形法(1)
  ・塑性加工について学ぶ.
3 金属材料の成形法(2)
  ・鋳造について学ぶ.
4 金属材料の成形法(2)
  ・粉体成形・粉末冶金について学ぶ.
5 塑性加工の数値シミュレーション(1)
  ・塑性力学の基礎について学ぶ.
6 塑性加工の数値シミュレーション(2)
  ・塑性加工の数値シミュレーションについて学ぶ.
7 鋳造の数値シミュレーション(1)
  ・流動解析の基礎式について学ぶ.
8 鋳造の数値シミュレーション(2)
  ・流動解析の数値シミュレーション法について学ぶ.
9 鋳造の数値シミュレーション(3)
  ・熱流動の数値シミュレーションについて学ぶ.
10 鋳造の数値シミュレーション(4)
  ・相変化を伴う問題の数値シミュレーションについて学ぶ.
11 鋳造の数値シミュレーション(5)
  ・気液二層流の数値シミュレーションについて学ぶ.
12 鋳造の数値シミュレーション(6)
  ・ダイカスト成形の数値シミュレーション例について学ぶ.
13 鋳造の数値シミュレーション(7)
  ・数値シミュレーションによる鋳造欠陥予測事例について学ぶ.
14 成形プロセスの数値解析事例に関する調査発表
  ・受講者自らが調査した成形プロセスの数値解析事例について発表する.
15 総括
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
レポート70%,学習態度30%の配点で総合的に評価する.
教科書
[Textbook]
使用しない
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
工学問題への数値解析の応用について日頃より関心を持つこと。
開講年度
[Year of the course]
28