授業科目名(和文)
[Course]
ユーザインタフェース
授業科目名(英文)
[Course]
User Interface
学部(研究科)
[Faculty]
情報系工学研究科
学科(専攻)
[Department]
システム工学専攻前期
担当教員(○:代表教員)
[Principle Instructor(○)
and Instructors]
迫 明仁  自室番号(2112)、電子メール(sako**ss.oka-pu.ac.jp)
※利用の際は,** を @に置き換えてください
単位数
[Point(Credit)]
前期 2単位
対象学生
[Eligible students]
前期 1・2年次生
授業概略と目標
[Course description and Objects]
情報や機械・器具,サービスシステム等の活用を円滑にし,人間の生活が快適かつ安全に営めるよう「使いやすさ/利用の質」を保証しようという考え方がユーザインタフェース/ユーザビリティである。それを実現するための手法が「ユーザ中心設計(UCD)」である。
国際規格,国内規格等も踏まえて,情報社会,ユニバーサル社会におけるユーザインタフェース/ユーザビリティの調査法や評価技法の基本と事例について考察し,併せて研究の動向について調査することを通じて,UCD研究の概要を理解することを課題目標とする。

到達目標
[Learning Goal]
1. ユーザ中心設計と規格について理解する。
2.ユーザビリティ評価に関する調査法・研究法を理解する。
3.ユーザテストの諸技法を理解するとともに事例等を考察する。
4.サービス・インタフェース・システムについて理解する。
履修上の注意
[Notes]
授業の進行に合わせて論文紹介と討議を逐次行うので,事前に文献検索等を行い,発表資料の準備をすること。
授業計画とスケジュール
[Course schedule]
1.ユーザインタフェース/ユーザビリティとは
    ユーザインタフェース/ユーザビリティの基本概念と展望を述べる
2.ユーザビリティ評価法1
    各種の評価技法の概要を紹介する
3.ユーザビリティ評価法1
    関連論文の紹介と討議(ワークショップ形式)を行う
4.ユーザビリティ評価法2
    インスペクションによる評価、その他を紹介する
5.ユーザビリティ評価法2
    関連論文の紹介と討議(ワークショップ形式)を行う
6.ユーザビリティ評価法3
    パフォーマンス評価、その他を紹介する
7.ユーザビリティ評価法3
    関連論文の紹介と討議(ワークショップ形式)を行う
8.ユーザテスト1
    ユーザテスト評価の概要を紹介する
9.ユーザテスト1
    関連論文の紹介と討議(ワークショップ形式)を行う
10.ユーザテスト2
    ユーザテストのプロジェクト,実査・分析について紹介する
11.ユーザテスト2
    関連論文の紹介と討議(ワークショップ形式)を行う
12.福祉機器・サービスの開発と評価
    福祉機器やICTを活用した福祉サービスの課題を述べる
13.福祉機器・サービスの開発と評価
    関連論文の紹介と討議(ワークショップ形式)を行う
14.感動製品・サービスの開発と評価
    感動を呼ぶ製品開発,サービス開発の課題を述べる
15.感動製品・サービスの開発と評価
    関連論文の紹介と討議(ワークショップ形式)を行う
成績評価方法と基準
[Grading policy (Evaluation)]
到達目標の達成度評価するために,学習態度20%,論文紹介60%,討論貢献度20%で総合的に評価する。
教科書
[Textbook]
教科書は使用しない。
関連文献等は適宜紹介するが,文献紹介は学術的・探求的な姿勢で真摯に行うこと。
自主学習ガイド及び
キーワード
[Self learning]
論文紹介については,明瞭に要約するほか,論評の視点も交えて報告すること。また,単一の論文だけではなく,関連研究にも目を向ける必要がある。
論文紹介と討議のためのプレゼンテーションもユーザビリティを考慮して行うことが求められる。
キーワード:
 ユーザ中心設計,ユーザインタフェース/ユーザビリティ,評価技法,サービス・インタフェース・システム
開講年度
[Year of the course]
28
備考 論文紹介は,日本語または英語によるものとする。